新企画を提案するさくら / べっぴんさん 第126話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2017年3月3日(金)放送
第22週 第126話「母の背中」

『べっぴんさん』第22週 第126話 あらすじと見どころ解説

社員たちが新製品の企画を提案する商品審議会に、さくらは再び挑むことになりました。前回の商品審議会では企画を完成させることすら出来ずに終わったさくらは、今度こそ企画をまとめ上げようと意気込むもののキアリスらしさとは何かが見えて来ません。

さくらは商品企画の着想を得るためにすみれが言う「ワクワクするもの」とは何かを考え続けました。そんな中、すみれとの会話の中でさくらはようやく自分が探しているもののヒントを見つけることができました。

そして迎えた商品審議会の当日。さくらはキアリスらしさを追い求めたワンピースのデザインを提案しました。子どもたちの想像力をかきたてることでワクワクする気持ちを持ってもらいたいというさくらの考えた企画に、すみれは喜びを隠しきれません。

その日の夕方。すみれと紀夫、君枝と昭一、そして良子たちは勝二の喫茶店に集まり食事を楽しんでいました。そこに、さくらを伴いやって来た健太郎の言葉が一同を驚かせました。健太郎はさくらと結婚したいと宣言したのです。

<<前回125話 | 次回127話>>

midokoro

はじめて挑んだ商品審議会では新製品のアイディアをまとめあげることすら出来ず、そのことをすみれに叱責され社会人の厳しさを学んださくらが再び商品審議会にチャレンジ。

一方、健太郎が何やら決意を固めるようです。

そして決意を固めた健太郎がさくらを連れて行ったのは勝二のもと。さくらと健太郎の秘密を一人だけ知っている勝二です。

一体、何をしに勝二の喫茶店に行くのでしょうか。

『べっぴんさん』第22週 第126話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

『べっぴんさん』劇中では栄輔が大阪万博のファッションショーの演出を請け負いますが、このエピソードは完全な創作です。

栄輔の実在モデル・石津謙介氏はこの当時何をしていたのでしょうか。

大阪万博が開催された昭和45年(1970年)前後数年間の、石津謙介氏がらみの出来事を年表形式で以下にまとめてみました。

昭和39年(1964年)【53歳】東海道新幹線乗務員ユニフォームをデザイン
昭和40年(1965年)【54歳】伝説の写真集「TAKE IVY」出版
昭和44年(1969年)【58歳】丸紅より初となる融資を受ける(数ヶ月後に完済)
昭和46年(1971年)【60歳】ジーンズブランド・ラングラージャパン設立
昭和50年(1975年)【64歳】丸紅をはじめとする商社各社がVANの経営に参画

この後、丸紅からの出向者がVANの社長に就任し経営を牛耳りはじめる頃より石津謙介氏は経営意欲を失いはじめ、昭和53年(1978年)約400億円の負債を抱えて会社更生法申請。

すべてを失った石津謙介氏は潔の実在モデル・尾上清氏に招かれ、レナウンのグループ会社であるダーバンの社長室付きに就任しました。

なお、石津謙介氏は大阪万博内で開催されたファッションショー等のイベント類には関わっていませんが、協会ホステス制服の選考委員、そして日本館の男性用制服のデザインを手がけています。

『べっぴんさん』第22週 第126話 観賞後の感想

今回は最後の一瞬を除いて物語の急激な展開があるわけではないのに、いつになく情報量が多い回でした。

お手玉のフラグ

さくらちゃんが幼い頃に遊んでいたお手玉は、戦後の食糧難の頃にゆりちゃんと栄輔くんがすみれちゃんの家に持参した小豆を食べるまでの間、お手玉にしたと記憶しています。

当時、食べるものに困っていたすみれちゃん一家を助けるための小豆はお手玉のままで、一家を助ける役目は果たせずに終わっていました。

しかし、物資が豊かになった時代に「ワクワクすること」のヒントをさくらちゃんに与え、人の胃袋ではなく心を満たすためにお手玉が再登場するなんて、とっても粋な小道具の使い方、フラグの回収の仕方だと思います。

物がなかった時代。さくらちゃんの心しか満たすことが出来なかったすみれちゃんの想いが、物が豊かになった時代にさくらちゃんの心を別の形で満たす。

そして、さくらちゃんがキアリスが大切にしていることをさとる瞬間が嬉しい。

ニヤニヤが止まらないすみれちゃんの天然な反応にも癒されました。

ゆりちゃんの職場復帰の暗示?

定年退職を迎えた坂東営業部の長谷川さんの一言が気になります。その一言とは、ゆりちゃんに坂東営業部への復帰をうながした一言です。

「もう一度オライオンに戻ったらどうですか?」

ちょっとだけネタバレになりますが、次週以降で大急百貨店の小山社長から販促企画のアイディアを求められた潔くんにゆりちゃんが協力する場面が準備されているようです。

ゆりちゃん、坂東営業部に復帰するかも知れません。

お手玉と結婚

さくらちゃんがついに「ワクワクすること」とはどんなことなのかを発見し、そのさくらちゃんの様子を観察していた健ちゃんが言った一言。

「二人のことを想像してワクワクした」

これがさくらちゃんの健ちゃんの【決起】につながったのでしょうか。

「ワクワク」がさくらちゃんと健ちゃんの背中を押したのなら、その「ワクワク」に導いてくれたのはお手玉です。

お手玉がさくらちゃんの結婚にまでつながっていようとは・・・

追記

ついに出ました。しかも龍ちゃんの口から。

「あるよ。」

【朝ドラ関連ニュース】新キャスト発表

『べっぴんさん』第6週 第35話に登場した美幸ちゃんという名の女の子を覚えておいででしょうか?ベビーショップあさや時代、ショーウィンドウに飾られていたワンピースをすみれちゃんたちから贈られた女の子です。

この頃、良子ちゃんが明美ちゃんとトラブルを起こし店をやめるだのやめないだのともめている中、この美幸ちゃんの笑顔を見て良子ちゃんがやる気を取り戻す。そんな展開だったかと思います。

この美幸ちゃんが再び登場します。

美幸ちゃんは小雪という名の幼稚園生の女の子を娘を持つ一児の母。子供の頃からの宝物として大切にしまってあるワンピースを、娘の小雪ちゃんの小学校の入学式に着せるためにサイズの直しでキアリスに来店。

そんな素敵な場面が用意されているそうです。

もう一人、龍ちゃんがアメリカ滞在時に知り合ったという友人・亀田というキャラも新登場します。大阪の映画製作会社勤務という龍ちゃんの友達として立派な肩書きです(笑)

さらに、さくらちゃんが長女・藍ちゃんを出産。その藍ちゃんの少女時代をリトルすみれちゃんを演じた渡邉このみちゃんが演じるのだそうです。

キャスティングは以下の通りです。

大人になった美幸ちゃん:星野真里さん
龍ちゃんの友人・亀田:上地雄輔さん
さくらちゃんの長女・藍ちゃん:渡邉このみちゃん

【朝ドラ関連ニュース】『べっぴんさん』スピンオフ

『べっぴんさん』スピンオフの概要と放送日が発表されました。ブログ主は、スピンオフには悦子さまと小山大社長の馴れ初めを期待していたのですがそれはかないませんでした。

発表されたスピンオフはオムニバス形式。ジャズ喫茶ヨーソローを舞台にした5つの物語で構成される短編集みたいなものでしょうか。(オムニバス形式のスピンオフは初の試み?)

5つの物語のタイトル(?)は次の通りです。

1:勝二と五月の怪しい関係?
2:節子が怪事件に挑む!
3:キアリスにライバル登場?!
4:栄輔と武ちゃんが対決!
5:天国のあの人が再び…

4番目、これはなかなか見ものですね。栄輔くんと武ちゃんが対決するのは当然、明美ちゃんをめぐってのことなのでしょう。

『べっぴんさん 特別編 忘れられない忘れ物~ヨーソローの1日~』
放送日時:5月6日(土)19:00 〜 19:59
放送:BSプレミアム

<<前回125話 | 次回127話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ニコレット より:

    まさかの、今日の結婚申し込み。。
    親の戸惑い、ビックリ。。
    明日が楽しみです。。

    スピンオフ期待してます。。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 親の戸惑い

      すみれちゃん・紀夫くん、君枝ちゃん・昭一さん。それぞれの反応の違いを観察するのがとっても楽しみです。

  2. メロディ より:

    わたしもラストシーンのことで…。
    わたしもびっくりしました!最初の朝蔵さんのコメントみてたので、てっきり勝二さんなりに相談して~とかワンクッション置くのかと思ってました。
    健ちゃん、かなり大胆になったな~。
    明日の紀夫さんの反応が怖いです。「何言うてるんや!!」か、言葉が咄嗟に出てこないときの「はあ~…いや~…」とかいうセリフが出てきそう。。。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 明日の紀夫さんの反応

      紀夫くん、ずいぶんと社長らしくなりましたが、娘のことになると一人の父親になってしまいますからね。一人息子を溺愛する君枝ちゃんの反応も楽しみです。

  3. 米粉 より:

    こんにちは。

    健太郎君の結婚のお願い。
    さくらちゃんとともに深々と頭を下げていた姿は、
    入社当初、悦子さまに厳しく指導を受けた賜物ですね。

    とはいえ。
    「まだ就職したばかりじゃないか」
    「名字はどうするんだ?」
    という親の戸惑い。
    明日から来週にかけて、そんな展開になるようですね。

    それに対して、説得できるのかな?
    二人一丸となって。

    そして。
    キアリスらしさに気付くことができたさくらちゃんと、
    古門氏に気に入られ、拡大路線に傾きそうな様子の健太郎君。
    晴れて夫婦となった後に、この価値観の違いに苦しむ場面があるのでしょうか。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 悦子さまに厳しく指導

      悦子さまの影響がこんなところにも!公私に渡って大きな影響を与えてくれた悦子さまに、健ちゃんは頭が上がりませんね。

      > 価値観の違い

      このギャップが出てくるかも知れません。ただし放送回数の残りが少ないので早い段階で解決するかもです。

  4. ひるたま より:

    今日のラストの健太郎くんのセリフ
    「さくらさんと結婚させて下さい」。

    いきなり来ましたね!健ちゃんいきなりダイレクトに爆弾投下したな!!というのが第一印象でした。(@_@)
    周囲への根回し等々一切無し…いかにも真っすぐな性格の健ちゃんらしいかもしれませんね。

    この先健ちゃんにはトラブルが待ち受ける展開が用意されているようですが、彼の真っすぐな性格も一因となるのかな?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 根回し等々一切無し

      真っ正面から勝負を挑んで来ました。今後、仕事の面でもこれを繰り返すみたいですね。

  5. よるは去った より:

    龍一「あるよ~。」 私はお父っつあんのドラマは見てなかったけど見ていた人は「ついに出た~。」とバカウケ?