心固めるさくらと健太郎 / べっぴんさん 第127話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2017年3月4日(土)放送
第22週 第127話「母の背中」

『べっぴんさん』第22週 第127話 あらすじと見どころ解説

さくらと健太郎は結婚を宣言したものの、親たちの反応は芳しくありませんでした。さくらは両親の反応に深く失望します。一方、冷静さを取り戻した親たちは、あくる日に四人で集まって話し合うことにしました。

そしてその翌日。すみれと紀夫、君枝と昭一が待ち合わせ場所の勝二の店にやって来ると、勝二と龍一が親子げんかをしているところでした。龍一は店の看板を勝手に書き換え、龍一と一緒に食堂を営むことを希望するものの、勝二がそれを拒んだのです。

しかし、龍一も本気でした。勝二と一緒に食堂をやりたいと必死の説得をこころみる龍一の熱意を良子が認め、すみれたちも龍一を応援しました。ついに勝二は折れ、龍一の願いを受け入れる決断を下します。

龍一がすっかり大人になった姿を目撃したすみれと紀夫、君枝と昭一も心が決まりました。さくらと健太郎の結婚を認めることにしたのです。親たち四人は、さくらと健太郎の前途を心から祝福するのでした。

<<前回126話 | 次回128話>>

midokoro

本記事投稿時点で詳細は明らかになってはいませんが、さくらと健太郎はあることをそれぞれの両親に告げ親たちが卒倒するほど驚かせるのだそうです。

親を驚かす直前に勝二のもとに足を運んでいることから二人が交際中であることを白状するのはほぼ確定かと。

交際中のその先、つまり結婚にまで二人は踏み込むのか。

二人の交際が一瞬だけ疑われた時に動揺を隠しきれなかった紀夫と君枝の、今回の反応が楽しみでなりません。

『べっぴんさん』第22週 第127話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

『べっぴんさん』劇中、栄輔は大阪万博のファッションショーの演出を手がけていますが、栄輔の実在モデル・石津謙介氏は大阪万博で行われたイベント類には関わっていません。

しかし、ファッションショーそのものは大阪万博で実際に行われています。

▶︎ピエール・カルダン・ファッションショー
▶︎グランド・ファッションショー
▶︎森英恵のコレクション60点によるファッションショー
▶︎トルコ・ファッションショー

なお、これらファッションショーの中で、最も注目を集めたのは当時大流行していたピエール・カルダンのファッションショー。

3月21日、22日の二日間にわたって行われたピエール・カルダンのファッションショーは、当時ピエール・カルダンとの間で専属契約を結んでいた高島屋が主催しています。

高島屋は「カルダンがEXPOにやってくる」と謳った独自の広告を新聞などで展開。水上ステージで行われたショーは人々の注目を集めました。

参考までに、大阪万博というイベントがどれほどの規模で行われたかを理解するために、大阪万博会場の敷地面積を東京ディズニーリゾート、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのそれと比較してみました。

東京ディズニーリゾート:51ha
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン:39ha
大阪万博:330ha

また、東京ディズニーリゾートとユニバーサル・スタジオ・ジャパン、それぞれの最多年間入場者数と、大阪万博の半年間の入場者数の比較は以下の通りです。

東京ディズニーリゾート:3,137万人(2014年)
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン:1,270万人(2014年)
大阪万博:6,421万人

『べっぴんさん』第22週 第127話 観賞後の感想

今回はさくらちゃんと健ちゃんが主役のはずなのに、龍ちゃんのインパクトが強すぎてすべて龍ちゃんに持って行かれた回であったと思います。

親たちの反応

さくらちゃんと健ちゃんの結婚宣言への親たちの反応。

君枝ちゃんの動揺ぶりは想像通りでしたが紀夫くんが意外にも冷静だったと思います。頭に血が上って逆上するような反応を予想、と言うか期待していました。実は。

でも、劇中では省略されていただけで画面には出ないところで紀夫くんは感情的な反応を示していたのかも知れないですね。

自宅に帰った時の紀夫くんとさくらちゃんの間にただよう気まずい空気が、その前に起こっていたらしい小バトルを想像させてくれました。

一方で君枝ちゃんの激しい動揺ぶりは予想通り。

ただでさえ息子が社内で孤立し心労が絶えなかったところに、再びまさかの衝撃が君枝ちゃんを襲う。

君枝ちゃん、今は健康になりましたが元々は身体が弱かっただけに心配です。

余談:話を坂東家に戻しますが、気まずい空気がただよう中であってもゆるい会話を交わすことを忘れないこの愉快な三人家族に癒されました。

さくらちゃん「お風呂、先入るわ」
紀夫くん「お風呂、お父さんが先やろ」
すみれちゃん「お風呂、入れるね〜」

このゆるさを見る限り、紀夫くんはそれほど激しい反応は示さなかったのかな?

龍ちゃんの本気

冒険旅行に出たい!そう宣言した時以来の龍ちゃんの男の本気を見ました。そして、龍ちゃんの本気を示す言葉の数々が胸に刺さりました。

「皿洗って下働きしてきた経験は、今にして思えば財産だ」
「無駄遣いは一銭もしとらん。そのことを一瞬も忘れていない」
「仲良うやろうや」

龍ちゃんが旅立った時、僕は心から期待していました。たくさんの貴重な経験を積んで、大物になって帰ってくるんじゃないかと。

しかし、美代ちゃんと一緒に戻って来た龍ちゃんは昔のまんま。

喫茶店で油を売り働く素ぶりすら見せない龍ちゃんを見ていて思ったものです。あの時の熱い本気はどこに行ったんだ?と。

しかし、龍ちゃんはやっぱりひとまわり大きい男になっていました。熱い本気も数年前のままでした。

仲良く食堂をやろうと必死に訴える龍ちゃんの前で、今回ばかりは勝二さんは完敗だったと思います。

【朝ドラ関連ニュース】『ひよっこ』の主題歌が桑田佳祐さんの新曲に決定

2017年4月3日スタートの新作朝ドラ『ひよっこ』の主題歌が桑田佳祐さんの新曲『若い広場』に決定しました。

ちなみに主題歌『若い広場』について、有村架純さんが「ゆったりとした曲調」「暖色系の明かりが自分を包み込んでくれているような感覚」と感想を述べています。

ブログ主は桑田佳祐さんの最近の曲はあまり聴いていませんが、サザン全盛時にはよく聴いていたので朝の楽しみが一つ増えました。

歌謡曲の全盛時代を背景にしたドラマを、その時代の真ん中を走り抜けた桑田佳祐さんが歌う主題歌が盛り上げる、昭和テイストがいっぱいの明るい作品となりますように。

▼関連記事
ひよっこ

<<前回126話 | 次回128話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. よるは去った より:

    さくらちゃん、健太郎くんおめでとう・・・・・と言いたいところですが予告編の紀夫「白紙や・・・・・。」がちょっと気になりますね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 白紙や

      紀夫くんが吐き捨てるような言い方してましたね。

  2. 実穂 より:

    すみれが娘が結婚話をする年齢になっても相変わらず可愛らしいところが和みますね。
    にこにこって笑うところが特に。創業者4人の中で一番、少女らしさを失わないキャラなんじゃないかと思いました。
    (君ちゃん良子ちゃんはおかあさん然としているし、明美ちゃんは若いころからだったけどさらに落ち着いた感じになっているし)
    そういえば両家の子供が一人だったと言うことに気づくのが後からになるのが、結婚話自体の衝撃が大きかったから、ということなのですかね。
    琴子おばあちゃんがひっそりお写真になっていたのがさびしかったです。ご健在だったら健ちゃんの結婚、もしかしたら今度は受験の時とは逆に、おばあちゃんは手放しで喜んでたかもしれないなぁって思いました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 両家の子供が一人だった

      君枝ちゃんと昭一くんは、さくらちゃんが村田家に嫁に来るものと思い込んでいるのかも知れませんね。紀夫くんは娘が結婚するという事実を受け入れるのにやっと。すみれちゃんは天然なので嬉しさで頭がいっぱい。そんな風にとらえていました。

      > おばあちゃん

      琴子さんは涙を流して喜んでいたでしょうね。そして、琴子さんもまたさくらちゃんが嫁に来ると信じて疑わなかったと思います(笑)

  3. きゅうぽん より:

    龍ちゃんが勝二さんに色々説得する姿、またまた泣けてきました!良子ちゃんがそれと繋いで丸く収める。あっぱれ!です。
    この中で一番ある意味人間臭い家族ではないでしょうか。
    そして龍ちゃん、めっちゃ生きる力ありますね!

    紀夫の動揺のシーン
    さくら「先にお風呂入るわ」
    紀夫「お父さんが先や」
    すみれ「今から沸かすわ」

    笑えました!最近やたらすみれが食べるシーンが多かったですが、こういうのは吉本調で面白いなと思います。

    健ちゃんとさくらのラブラブなところに勝二さん、中西くんが見てしまって、その場を取り繕うみたいなシーンを、こういうところでクスッと笑ってしまうのってやっぱり「関西」だけだと昔、巡回されている劇団の方が言っておられたのを思い出しました!
    お茶の間でもそうなのかな〜???なんて思ったりしました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 龍ちゃん

      若手世代では一番熱くて一番泣かせてくれるキャラですね。後半に出てきたキャラの中では僕は龍ちゃんが一番好きです。