朝ドラ『わろてんか』北村藤吉のモデル・吉本吉兵衛の生涯

NHK連続テレビ小説『わろてんか』のヒロインの夫・北村藤吉の実在モデル、吉本吉兵衛。本記事は吉本せいと二人三脚で吉本興業を創業したせいの夫についてまとめています。

吉本吉兵衛の略歴

明治19年(1886年):誕生
明治40年(1907年):林せいと結婚(入籍は三年後の明治43年)
明治44年(1911年):当主の「吉兵衛」を襲名するが家業の「箸吉」はすでに廃業
明治45年(1912年):第二文芸館を買収し寄席経営を開始
明治46年(1913年):吉本興行部(後の吉本興業)設立
大正13年(1924年):死去、享年37歳

吉本吉兵衛の誕生

NHK連続テレビ小説『わろてんか』のヒロインの夫・北村藤吉の実在モデル、吉本吉兵衛は明治19年(1886年)4月5日に大阪で生まれました。

吉兵衛の生家はおけ・ざる・ほうきなど現代で言う生活雑貨を卸す老舗の荒物問屋で屋号は「箸吉」。吉兵衛はその家の二男でした。

明治40年(1907年)12月。吉兵衛は『わろてんか』ヒロインの実在モデル・せいと結婚。せいとの結婚がその後の寄席経営に発展することになるとは、この時の吉兵衛には想像すら出来ませんでした。

なお明治44年(1911年)に「箸吉」の代々の当主に付けられる「吉兵衛」という当主名を襲名するまでの名は吉治郎。

ただし文献にによっては泰三という通称名で記されている場合もあります。

芸人遊び三昧の大店の若旦那

吉兵衛は根っからの芸人遊び好きでした。

当時、芸人遊びにうつつを抜かし、芸人に高価な贈り物をするなどして散財する大店の若旦那は少なくありませんでした。

ところが、吉兵衛はその度が過ぎていました。

好きが昂じて、吉兵衛は自分の芸を人に見せたさに地方巡業まで行うものの素人ゆえに興行を大失敗させ、家業の「箸吉」を差し押さえられたこともあります。

そのため、家業は吉兵衛とせいが結婚した頃には経営難に陥り、日露戦争後の不景気の逆風が重なったことで明治42年(1909年)についに廃業。

しかし家業の廃業後も吉兵衛の放蕩は止まず、ツケの取り立ての対応や一家を支えるための稼ぎまで、吉兵衛は妻のせいに任せっきりだったと言われています。

吉本興行部の発足

家業の「箸吉」廃業後、収入が途絶えてしまったにも関わらず一向に止む気配のない吉兵衛の芸人遊び三昧の日々。

しびれを切らした妻のせいは、ある日、吉兵衛に言いました。

芸人遊びがそれほど好きならば、いっそのことその道楽を家業にして商売を始めてしまったらどうかと。

せいのその言葉は本気だったのか、夫への精一杯の皮肉だったのかはわかりません。

しかし家業廃業から三年ほど経過した明治45年(1912年)4月。吉兵衛とせいは、つぶれかかっていた寄席「第二文藝館」を買収(経営権の買収)してしまうのでした。

そしてこの寄席買収が後の吉本興業グループの発祥となるのです。

法善寺裏の金沢席を買収し花月に改名

遊び半分の素人興行では大失敗した吉兵衛でしたが、妻・せいの資金繰りやこまやかな顧客対応、そして奇抜な発想による物販に支えられ寄席の客は順調に増えて行きました。

そして「第二文藝館」を買収した翌々年の大正3年(1914年)に福島にある「竜寅館」を手始めにいくつもの小規模な寄席を次々と買収し規模を拡大。

その頃「桂派」や「三友派」といった上方落語会の主流派が合従連衡を繰り返し徐々に衰退していったことも吉兵衛とせいには追い風となりました。

吉兵衛とせいによる寄席興行の草創期の中でも特筆すべきは大正7年(1918年)の法善寺の裏手にある金沢席の買収です。

吉兵衛とせいはいくつもの寄席を手中に収めたものの、それらは端席と呼ばれる格の低い小規模な寄席ばかりでした。

吉兵衛とせい一流どころの寄席を我が物にすることが切なる願いでした。「桂派」の拠点でもあった金沢席の買収は二人にとって、特に芸人遊びの世界を知り尽くしていた吉兵衛にとっての悲願だったのです。

吉兵衛の死

吉兵衛とせいは金沢席を買収するとただちにその寄席を「花月」と改名。そしてこれを機に他のすべての寄席も地名に「花月」を加えた名称に改名しました。

吉兵衛とせいの「花月」の破竹の勢いはその後も止まりませんでした。

その後も吉兵衛とせいは寄席の買収を続けたため、大阪の寄席の多くは「花月」の名が入った小屋となりました。

一方で衰退の一途をたどっていた上方落語の主流派を次々に併合。

ついには当時、稀代の天才落語家とうたわれた桂春團治を「花月」に引き入れることにも吉兵衛とせいは成功します。

「花月」が大阪の芸の世界のトップに君臨し、王者としての盤石なポジションを築き上げた大正13年(1924年)2月12日。

吉兵衛は脳溢血により死去しました。享年37歳。

「わろてんか」モデル一覧/主要登場人物と関連企業 >>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする