新生活始める明美と栄輔 / べっぴんさん 第143話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2017年3月23日(木)放送
第25週 第143話「時の魔法」

『べっぴんさん』第25週 第143話 あらすじと見どころ解説

すみれ、明美、君枝、良子、そして紀夫がキアリスの経営から引退することを宣言。すみれや紀夫たちの引退とともに、紀夫の後を継ぐことになる次期社長の人事も発表されました。次期社長に指名されたのは武でした。

驚いた武は一度は断るものの、健太郎が育った時にバトンを渡してほしいと紀夫に説得され次期社長を引き受けることを決意。すみれと紀夫たちは早速、大急百貨店の大島と小山に自分たちの引退を告げるために足を運びます。

一方、潔は改めて栄輔をオライオンに誘うものの栄輔はその誘いを固辞しました。会社をつぶした責任を感じている栄輔は、一人で働く道を選んだのです。潔のすすめで、栄輔はファッション評論家を名乗って活動することが決まります。

そんな中、明美の引退を聞きつけた栄輔が一緒に暮らさないかと明美に声をかけました。これまで貯め続けてきたお金で家を建てるつもりでいた明美は、栄輔の申し出を受け入れ、新居で栄輔と余生を過ごすことに決めるのでした。

<<前回142話 | 次回144話>>

midokoro
今週に入ってから前回までは史実をモチーフにしたストーリーが展開されましたが、今回からは一転、完全なオリジナルストーリーです。

紀夫が引退し次期社長として指名されたのは健太郎ではなく武。一方で、距離を縮めつづけていた明美と栄輔が同居を開始。

まさかの展開の連発です。

『べっぴんさん』第25週 第143話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

キアリスの面々がレリビィではなくジャズ喫茶ヨーソローに入り浸っていた頃のこと。

栄輔は明美に対してじわりじわりと距離を縮めようとするものの、それを鋭く察したらしい明美が栄輔に対して先制パンチを食らわしました。

自分には結婚するつもりはない。独身をつらぬきとおすつもりだと。

自分の気持ちを伝える前に釘を刺されてしまった栄輔は、明美からの拒絶に素直に従いあきらめるそぶりを見せてはいました。

しかし、その後も栄輔は明美に対して熱い視線を注ぎ、栄輔が明美に対して関心を持ちつづけていることを巧みに暗示。

一方の明美もまた、栄輔に対して特別な感情を持っているらしいことをほのめかす場面が一つだけありました。

いつぞや、飛ぶ鳥を落とす勢いだった頃の栄輔がラジオ番組に出演したおりのこと。

栄輔が遠い世界の存在になってしまったと口にする良子に同意を求められても、その時の明美は良子に対して何も答えようとはしない。

それはまるで、栄輔が遠い存在になったことを認めたくないかのような無反応でした。

そんな思わせぶりな場面が続いた明美と栄輔の大人の恋の物語がようやく回収される運びとなりました。

一方、かつて明美に片思いをしていた武は結婚もし、キアリスの社長就任という花まで持たせられたことで、明美と栄輔の電撃同居のショックは回避できそうです。

でも、ちょっとは切ない感情が沸き起こるかもしれませんね。

『べっぴんさん』第25週 第143話 観賞後の感想

明美ちゃんがタケちゃんと結婚しなかったのは最良の選択

大事な人を失うことが怖いから家族はつくりたくない。

そのように考えて一生涯独身を貫き通すつもりでいた明美ちゃんの心の闇がどれほど深いものだったのか、今回初めて理解できたような気がします。

明美ちゃんのそんな気持ちが自分にはよくわかると言った栄輔くんの言葉が理解をうながしてくれました。

正直言うと、家族を失うのが怖いから結婚はしないと言う明美ちゃんの言葉は、タケちゃんからのプロポーズを断るための方便もあったのかなとすら僕は考えていました。

明美ちゃんがプロポーズを断ったのは、タケちゃんに興味がないとかタケちゃんが嫌いという理由でないことだけは確かです。

僕が考えていたのは、明美ちゃんはただ単に結婚そのものに関心がないだけ。

しかし、ただそれだけでは理由にならない。そんな理由でプロポーズを断ってはタケちゃんがあまりにも気の毒過ぎる。

だから、家族を失うのは怖いという気持ちも多少はあったけれど、むしろプロポーズを断る方便としてその理由をつかったのかなと。

一方で栄輔が今回のドラマの中で口にした、家族を失うことへの怖れは彼が語った言葉通りのものかと思います。

戦地から帰ってきたら、再会を楽しみにしていた両親と妹はもういない。思い出のつまった家と工場もすべてが失われている。家族とその思い出をすべてを瞬時に失うような経験をしたら、家族を失う恐怖にとりつかれない方が難しいくらいかと思います。

そんな栄輔くんが、明美ちゃんの気持ちがよくわかると言い切りました。

栄輔くんの心の闇、これはそうとう深いはず。

そんな栄輔くんが明美ちゃんの気持ちがよくわかると言い切る。栄輔くんがそこまで言うのだから、明美ちゃんの心の闇はかなり深いはずです。

明美ちゃんのような境遇の人は少なくありません。似たような境遇ながらも心の中に闇を抱えていない(ように見える)人もいます。

だから明美ちゃんの心の闇が想像しきれませんでした。

でも、同じうような境遇で育ってもその境遇の受け止め方は人それぞれ。僕にはそれが理解出来ずにいましたが、栄輔くんの言葉でようやく理解することが出来ました。

そして明美ちゃんの心の闇に対する理解が深まったことで、もう一つわかったことが一点。

明美ちゃんと幸福な家庭をつくることを望んでいたタケちゃんも家族との縁の薄い境遇にはあったものの、心の中の闇が感じられないキャラでした。

だから、もし仮にタケちゃんが明美ちゃんと結婚していたとしても、明美ちゃんの心の闇をタケちゃんはいつまでも理解することなく、明美ちゃんは孤独なまま。

明美ちゃんが孤独な理由がわからないタケちゃんもまた孤独なまま。不幸な結婚になっていたかも知れません。

タケちゃんが明美ちゃんと結婚出来なかったのは、二人にとって幸福な結果だった。結末近くになってようやく腑に落ちました。

そして、結婚しないことがお互いにとって最良の選択だと早くから見抜いていた明美ちゃん、さすがの洞察力です。

追記:かくして明美ちゃんと栄輔くんの新生活がスタート。レリビィでのその二人の空気を察し理由をつくって店を出て行く龍ちゃんが優しい。いつの間にか空気の読めるいい男になりました。

【朝ドラ関連ニュース】『ひよっこ』関連番組の情報

間もなくはじまる『ひよっこ』のPR番組の放送日をお知らせします。

▼もうすぐ!『ひよっこ』
3月25日(土)[BSプレミアム]午前11:00~11:30
4月2日(日)[総合]午前8:25~8:55

▼10分で『ひよっこ』
3月24日(金)[総合]午前2:25~2:35
3月30日(木)[総合]午後3:30~3:40

【朝ドラ関連ニュース】『べっぴんさん』の切手が発売されます

すみれちゃん、明美ちゃん、君枝ちゃん、良子ちゃん。『べっぴんさん』の四葉のクローバーをあしらったフレーム切手の発売が発表されました。

切手のデザインはこちらでご覧いただけます。

販売価格:1,500円(1シート52円切手10枚)
発売日:2017年3月23日(木)神戸市内の郵便局で先行販売(簡易郵便局は除く)
ネット通販:2017年3月25日(土)0時15分より郵便局のネットショップで販売開始

<<前回142話 | 次回144話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


40 Responses to “新生活始める明美と栄輔 / べっぴんさん 第143話”

  1. ひるたま より:

    NHK番組サイトによると、明美ちゃんのお引越しの手段は当初台本では「軽トラ」となっていたそうです。
    それが「リアカー」になるという噂が出た後、結局自転車に落ち着いたとの事。

    軽トラはともかく(セットの中を走るというのは無理がありそうですし)、リアカーでのお引越しシーンはちょっと見てみたかったような…?(^^)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > リアカー

      明美ちゃんと栄輔くんが並んでリアカーを引っ張る図。昭和テイストたっぷり!見てみたかったです。

  2. ひろちゃん より:

    >栄輔くんの心の闇
    さくらちゃんが小さい時に寝ぼけて栄輔くんに『お父さん』と言った時に栄輔くんが『家族っていいな』とつぶやいたことがありました。きっとあの時までは家族は作らないと思っていたと思います。
    明美ちゃんより少しだけ闇から抜け出せたからこそ明美ちゃんの気持ちがよくわかるんだろうなと思いました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 家族っていいな

      そんなセリフがありましたね。栄輔くんの心が癒され始めた瞬間だったのかも知れません。それだけにその直後の出来事の心の傷も一層深くなったのかも知れませんね。

  3. らく より:

    監督・助監督に送られたのは
    ベレー帽じゃなくてハンチング帽でしたね。
    失礼しました。念のため訂正しておきます。
    (http://www.nhk.or.jp/beppinsan/special/sumirebako.html 再チェックしてて気が付きました…)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > ハンチング帽

      映画監督が好むのはこっちでしたね。

  4. エイスケの後輩 より:

    栄輔君の今日の演技、とても自然で、本心から語っているんだなと思わせるものでした。
    エイス時代は肩ひじ張ってるしゃべり方をしていて、演技しすぎちゃうかと思うレベルでしたが、対比が素晴らしかったと思います(役者さんが西宮出身なので、余計に自然だったのかなと)

    朝蔵さんの、武ちゃんのプロポーズを断った理由とその結果の考察に納得です。

    明美ちゃん役の役者さんか、明美ちゃんは結婚しないのですかとプロデューサーに聞いていたらしく(結婚してもらいたかった様です)、彼女を結婚させるかは製作側としても悩んだそうです。
    もしかしたら、当初は最後までさせるつもりはなかったのかもしれませんね。
    ただ、未婚で終わるのは前作の主人公でやっているので、子を産めない年になってから晩婚する女性像の必要性が判断されたのかなとも思いました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 明美ちゃんは結婚しない

      明美ちゃんの結婚の背景にはそんなリアルのドラマが隠されていたんですか!想定外だっただけに感動も増幅されますね。

  5. ゆうのしん より:

    こんばんは 龍一君の 奥さんなんですが 女優さんはどなたかまだ分からないんでしょうか? ひそかにどんな方か楽しみです 

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 龍一君の奥さん

      調べてみたのですが特定できませんでした。
      お役に立てず申し訳ありません。

  6. 実穂 より:

    パソコンが壊れまして、
    スマホから投稿です。

    年度末でどたばたしていてまたまた数日ぶりの視聴でした。
    オライオン店頭にたつゆりちゃんのまばゆいことこの上なかったですね。とても輝いていました。
    (このゆりちゃんを見てもやはり潔くんは老け込みすぎかなと…苦笑)

    終盤の栄輔と明美のやりとりが初々しい感じでこの2人はこれからが青春だななんて思って見ていました。
    以前にも推測を述べましたが、
    やはり戦後に知り合った当初から、明美ちゃんは栄輔のことをなんとなく意識していたと思いますね。

    ただ、武ちゃんに断ったのは方便ではないと私は思います。
    武ちゃんの真剣な思いに、明美ちゃんもそのときの心境を真剣に伝えたと私は感じています。
    年月が流れて、仕事も勇退し、
    心境が変わってもそれはそれで良いなぁと思いますし、
    武ちゃんも今となっては祝福してくれると思いたいですね^ ^。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 心境を真剣

      明美ちゃんが家庭を持つのが怖いから結婚しないと言ったのは心からの言葉だったのかと今回ようやく納得しました。そして、その恐怖があったからこそ、最終的には明美ちゃんも、タケちゃんも、栄輔くんも、たみちゃんも幸福になれましたね。

    • ひろちゃん より:

      >明美ちゃんは戦後知り合った当初から意識していた。

      私もそう思います!
      明美ちゃんが栄輔くんにすみれちゃんをあきらめるように言ったことがありました。
      すみれちゃんを思って明美ちゃんが忠告してるように見えたのですが、実は栄輔くんがこれ以上傷つかないように言ったんだと思います。

      栄輔くんがすみれちゃんを想っていた頃、お互い天涯孤独の身の上と知って、少し距離が近くなったシーンがありました。
      栄輔くんも明美ちゃんに対して恋愛感情ではないけど(その時はすみれちゃんが好きだったから当然)、人としてわかりあえる人とだと感じていたと思います。
      関西では『同じ匂いがする』と表現することがありますが、たぶんそうだったと…
      明美ちゃんもきっと『同じ匂いがする』と思ったと思います。

      • 朝蔵(あさぞう) より:

        コメントありがとうございます。

        > 同じ匂いがする

        関西は人と人の距離も近いので、なおさらのこと同じ匂いを感じたのかも知れませんね。関東人の僕には想像を超えたちょっとうらやましさすら感じる世界です。

  7. らく より:

    こちらも横からすみません。
    たみちゃんに関しては自分的には映画撮影の時にベレー帽を渡されてみたいなエピソードがあったのでそれで十分かなと。それ以外にもちらっとエピソード(たけちゃんの会話のみ)ありましたよね。
    まぁ最初から最後まで○○を削って(特にさくらだけじゃなく次郎五月含めたヨーソローが自分的には蛇足だった)
    ○○をもっと詳しくやればいいのにみたいのは多かったですが、なんだかんだ言いつつもうすぐ最終回で楽しみです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > ベレー帽

      たみちゃんのそんな行動が間接的に描かれたことをすっかり忘れていました。すみれちゃんが紀夫くんに注いでいるのと同様の愛情を、タケちゃんはたみちゃんから注がれているんでしょうね。同じ帽子だったのは同じ「愛情」の象徴だと思います。

  8. ひるたま より:

    「兄貴のお蔭で今がある」
    …確か同じセリフが、11月放送分(栄輔くんが姿を消す直前)でありましたね。
    その時は「兄貴のお蔭で今がある、といえるようになりたい」という内容だったように記憶しているのですが…今日の放送分で同じセリフが栄輔くん自身から出ましたね。
    栄輔くん、そして「兄貴」=潔くんもこの上なく嬉しそうな表情…見ていたこちらも嬉しくなりました。


    「一緒になったらどやろ」
    「それやったら家建てるわ」「あの世には(お金を)持って行かれへんやろ」
    「ワクワクしてきた」「かいらしいな」「何言うてんのよ」「ホンマやで」
    栄輔くんと明美ちゃんの2人が結ばれる事はこちらで拝読して分かっていたけれど…人によっては涙腺が緩くなった方も複数もいらっしゃったのではないでしょうか?(^^)
    2人の「大人の選択」…本当に嬉しくなりました。
    最後の「あさや」さんからの引越しシーンで、荷物を積んだ自転車の後ろに‘空き缶’を付けてみたくなっちゃいました。
    (欧米の結婚式等で車の後ろに空き缶をつけてガラガラ引っ張らせる、あの光景ですね…彼の地では「ブライダルカー」と呼ばれているようですが(*^-^*)

    「縛られるんじゃなくて臨機応変に」というのも、明美ちゃんの事を理解出来る栄輔くんだからこそ出た言葉でしょう。
    (以前にも書き込んだのですが、少なくとも「家庭を築く」事が願望だった当時の武ちゃんでは…難しかったでしょう)
    この先で武ちゃんが2人を祝福する場面が描かれるか否かは???ですが、出来れば描かれて欲しいです。
    武ちゃんが「大人の男」に成長した姿としても映るように思われますし。

    そして偶然だったかもしれませんが…。
    「一緒になったらどやろ」もしくは「一緒に住まへんか」のどちらかのセリフの直後、明美ちゃんの背後に見えていたカウンター上の水飲み鳥がカクン!と動いた瞬間が印象的でした…まるで明美ちゃんの心の動きをそのまま表しているかのような鳥の動きが。

    • ひるたま より:

      続きです。
      今日映ったキアリス大急支店の販売員の中に、悦子様の姿が見当たりませんでした。すみれちゃん達と同級生の悦子様も、そろそろ「引退」してもおかしくない年齢という訳ですが…旦那様の小山さんはどのように思っているのでしょう?
      個人的には、悦子様がこのままいなくなってしまうのは寂しいです。

      • 朝蔵(あさぞう) より:

        コメントありがとうございます。

        > 悦子様

        人気キャラの悦子さま。彼女の人生の振り返りも見てみたいですね。現役の日々を華麗に締めくくってくれるのではないでしょうか。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      今回は、栄輔くんの人生にとって大きな節目となった回でしたね。潔くんとの「兄弟」の絆の完全な復活が確認できて、明美ちゃんと新しい人生を歩み出すことも出来て。エイスを失って以来、栄輔くんが痛々しくて直視できないレベルでしたがこれでようやく安心できました。

  9. ゆりりん より:

    たけちゃんと結婚しても幸せになれたと信じたいですが、
    大事な人を作る、家族を持つことが恐い明美ちゃんには、
    そもそも結婚という選択肢を選ぶことが出来なかったんですよね。

    結婚して家族になって幸せになりたいという
    たけちゃんとは描く未来が違っていたんだと思います。

    でも少しずつ、春に向かう雪解けのように、
    たんたんと生きてきた明美ちゃんにも、誰かと寄り添いたいと
    いう気持ちが出てきたのかなと見てました。

    誰かと生涯を共にしたい、結婚したいという気持ちが
    生まれる瞬間楽しみにしてます。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 雪解け

      コメント欄にちょうだいしたご意見なのですが、階下のレリビィで良子ちゃんと勝二さんが仲良くしている姿を度々目撃するうちに、心の雪解けが起こったのかもしれませんね。

  10. キヨコ より:

    栄輔が会社を潰して落ち込んでいる姿を見て ふと、感じた事ですが・・・

    玉井がカドショーに内通したのは、自分の保身ではなく、泥舟と共に沈まんとする栄輔を救いたかったからなのではないか。
    これ以上落ちる前に、自分が悪者になってでも、栄輔の目を覚ましてあげたかった・・・
    だから「どうぞこの事は内密に」と言ったのではないか。

    きっとどこかで、講演の様子や雑誌を手に、栄輔が這い上がって来るところを見守っているに違いないと思ってます。

    話変わって

    栄輔の告白のあとの明美さんのアップの後ろで
    ドリンキングバードが ヒョコッと起き上がったのは、偶然でしょうか?
    あまりにもタイミング良くて、思わずクスリ(^-^)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 栄輔の目を覚ましてあげたかった

      僕も栄輔くんの暴走を止めるには「内通」しかないと断腸の思いで行動したと信じたいです。正義の内部告発というやつでしょうか。


      > タイミング

      偶然とは思えない絶妙さでしたね。

  11. ひろちゃん より:

    龍ちゃん、ナイスです!
    ラストの明美ちゃんの笑顔が最高に良かったです!
    涙しちゃいました。
    栄輔くん、明美ちゃんをよろしくね!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 龍ちゃん、ナイス

      龍ちゃんは、旅に出る前は空気の読めない男の子でしたが、繊細な気遣いが出来る素敵な大人になりましたね。

  12. hiyoko より:

    ホントに良かった!

    色々深読みすると心情はどうだったのか、何通りもの見方が出来そうですね。
    私はもぉ純粋に単純に、明美さんと栄輔さんが結ばれる事を願っていたので、今日の放送は心から嬉しい展開でした。

    BGMも、栄輔さんの告白辺りから優しく明るい曲に変わって、もードラマ全体が2人を祝福しているようで、良かったね~~と言う気持ちでいっぱい。

    過去のいきさつは色々ありましたが、
    人の心は変わっていくものだから、過ぎさった出来事よりも今現在の心のありようを大事にして幸せへと進んで欲しいですね~・*:.。☆..。.(´∀`人)

    • hiyoko より:

      【追記!】
      栄輔さんの一緒に住まないか、の告白をするシーンで、
      明美さんの後ろにあるハッピーバードがコトン、と動き出すのですが、細かい演出だなーと思わず笑顔w

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 心から嬉しい展開

      僕も明美ちゃんには是非幸せになってほしい。天国のお母ちゃんを安心させて欲しいと願ってましたので、今回の展開。そしてお母ちゃんの遺影に涙腺が決壊しました。

  13. まーちゃん より:

    明美さんは何気に新しくかっこいい生き方をしている女性ですよね。まず職業婦人であり自立していた。自分で働いて貯めたお金でマイホームを贖うことができた。そして結婚(入籍)という形を取らず好きな男と事実婚の形で暮らすことを選んだ。

    私は明美さんが「家を建てるわ」と言ったとき小坂明子さんの「あなた」が頭の中でリフレインしました。「もしも私が家を建てたなら~」すごく昭和テイストでベタな歌なんだけど当時女子高生だった小坂さんが「私が家を建てたなら~」と歌ったことに感動した事を思い出しましたよ^^

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 「あなた」

      1973年の歌なので時代もほぼドンピシャリですね。明美ちゃんも小さな家を建てるんでしょうか。

  14. ゆうのしん より:

    おはようございます 龍一君の ほうれん草買いに行くという 心ずかいが泣けました 栄輔君と 明美さんも おめでとう です 二人は晩婚?になるんでしょうか? まだ正式には結婚されてませんが 実年齢は 現在 50歳くらいなんですか?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 50歳くらいなんですか?

      50代前半から半ばくらいかと思います。この年齢だと今の時代でも十分すぎるほど晩婚。当時ではかなりレアなケースだったのではないでしょうか。

  15. よるは去った より:

    潔「ファッション評論家や。」 私だけでしょうか?その時、栄輔役の松下優也君ってお〇ぎさんや〇ーコさんに顔つきよく似てるなあと思ったのは。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > よく似てるな

      言われてはじめて気が付きました。懐かしい名前ですね(笑)

  16. jan より:

    >新生活始める明美と栄輔

    そこのところが、非常にもやもやが残ります。

    武ちゃんのことで、です。
    あれほど長いこと恋い焦がれていた明美さんに、武ちゃんはふられました。
    明美さんが武ちゃんを弟のように思っていた、
    それはわかります。
    武ちゃんはあきらめて、気持ちを切り替えてお見合いをすることを決心したんです。
    今はその人と結婚したのでしょうね。
    幸せなんですよね。

    でも、武ちゃんがあまりにも気の毒です。

    明美さんと栄輔がいい雰囲気で(それはそれでいいんです)、
    このまま終われなかったのでしょうか。
    作者(脚本)さんに、武ちゃんに対する配慮は
    なかったんでしょうか。

    それが私は残念で心残りです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 武ちゃんがあまりにも気の毒

      明美ちゃんと栄輔くんの出発を、タケちゃんが心から祝福する場面があって欲しいなと思います。それさえあればタケちゃんが過去を完全に克服したことがはっきりわかりますからね。

    • ひろちゃん より:

      横から入ってすみません。
      少し前に栄輔くんが着こなし講座の後にレリピィに明美ちゃんを訪ねた時に、たけちゃんが『映画でも観てるんとちゃいますか~』と言ってましたよね~
      その言い方がほんとに普通だったので、あ~たけちゃんは吹っ切れてるんだな~、今はたみこちゃんと幸せなんだなって私は思いました。
      たけちゃん夫婦の話をもう少しあったら良かったのにと思います。
      たみこちゃん、お見合いシーンで終わってしまうの?
      たけちゃん夫婦だけでなく、すみれちゃん家族以外の話をもう少し丁寧に描いてほしかったです。今さらですが…

      • 朝蔵(あさぞう) より:

        コメントありがとうございます。

        > たけちゃんは吹っ切れてる

        すでに吹っ切れて、今はたみちゃん一筋みたいな場面があれば安心して明美ちゃんの新出発も安心して見ていられたかもしれませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ