ワンピースの少女・美幸 / べっぴんさん 第144話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2017年3月24日(金)放送
第25週 第144話「時の魔法」

『べっぴんさん』第25週 第144話 あらすじと見どころ解説

すみれたちがキアリスを引退してから一週間が経過しました。引退はしたものの時間を持て余したすみれは、同じく暇を持て余す君枝を誘ってレリビィに足を運びました。すみれたちが談笑していると、健太郎が見知らぬ女性を連れて来ました。

その女性は、終戦間もない頃にすみれたちの店のショーウィンドウに飾ってあったワンピースをプレゼントした美幸でした。美幸はすみれたちから贈られたワンピースを、一番大事な宝物として今日まで大切に保管していたのです。

美幸がキアリスを訪れたのは、そのワンピースを娘の小雪の小学校の入学式に着せるため、ワンピースの直しを頼みにやって来たのです。すみれたちは美幸の頼みをこころよく引き受け、四人は久しぶりにものづくりを楽しむ時間を共有しました。

一方、たった一枚のワンピースが人を幸せに出来ることを知ったさくらと健太郎は、自分の母親たちがこれまで積み重ねて来たことの価値を深く理解しました。数日後、小雪は母の美幸も着たワンピースを着て小学校の入学式に臨むのでした。

<<前回143話 | 次回145話>>

midokoro

前回に引き続き、今回もまた史実にモチーフを求めていないオリジナルストーリーです。

戦後間もなく、当時のベビーショップあさやのショーウィンドウに飾られたワンピースに憧れていた少女。

そのワンピースをすみれたちから贈られ、憧れのワンピースを着て小学校入学式に出ることが出来た、戦争で両親を失った少女・美幸が再登場します。

もちろん美幸はすでに大人です。一児の母となっての登場です。

『べっぴんさん』第25週 第144話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

すみれからワンピースを贈られた美幸は、両親を戦争で亡くし祖父に育てられていました。

小学校に入学する直前ごろより親の愛情を知らずに育った美幸ではありましたが、祖父の愛情とすみれたちからもらったワンピースに込められた愛情を心の支えにして育ちました。

その「愛情」のシンボルみたいなワンピースを、美幸は成長後もずっと大事にしまっていたようです。かけがえのない心の宝物として。

幼いながらも人から受けた恩を感謝し、その感謝の気持ちをずっと忘れずにいた美幸。祖父がよほどしっかりした育て方をしたのでしょうか。

自分の心をずっと支えつづけてくれた大切なワンピース。そこに込められた愛情を、今度は自分の娘にも伝えたい。

そう心から願った美幸は、自分の娘の小雪の小学校の入学式に着せるために、再びすみれたちのもとを訪れ「お直し」を依頼。

とっても泣かせる回収です。

ところで、少女時代の美幸の寂しい心はすみれたちの愛情によって救われましたが、実はすみれたちもまた美幸の感謝によって助けられたことを思い出します。

美幸が登場した頃、明美とトラブルを起こした良子は店を辞めると言い出し家の中に引きこもっていたはずです。

そんな良子の心をくつがえしたのが憧れのワンピースを着ることが出来た美幸の、すみれたちへの「感謝」の笑顔でした。

この笑顔に涙ながらに感激した良子はお店に復帰。もしあの時、良子がお店に戻っていなければ、キアリスは今よりも少しだけ別の道を歩んでいたかも知れません。

少なくとも良子の人生はずいぶん変わってしまっていたはずです。

すみれたちがいたから美幸は心豊かに成長することができ、すみれたちキアリスもまたあの時あの場所に美幸がいたから今のキアリスがある。

感謝の循環がとても心地よい『べっぴんさん』第144話です。

『べっぴんさん』第25週 第144話 観賞後の感想

今回を最終回に持って来て欲しかった!

過去と現在を交錯させ、どこまでが過去でどこまでが現在なのか。どこまでが回想場面でどこからがリアルタイム場面なのか。その境目を曖昧にした演出がとっても粋でした。

美幸ちゃんがやって来たことで、すみれちゃんたちの気持ちは数十年前の一番輝いていた頃に一瞬にして戻ったのでしょう。

そして気持ちが戻っただけでなく、その時のワクワクするような感覚までもが同時によみがえってきた、その高揚感が朝から心地がいい。

身も心もあの当時にタイムスリップしたような感覚に陥ったすみれちゃんたち四人は、いつの間にかあの頃いつも着ていた四色のセーター姿になり、美幸ちゃんもいつの間にか少女の姿に。

でも、ヤングすみれちゃんたちがいる店の壁にはレリビィのメニュー。

青春時代に輝きに満ちた頃に主人公たちを戻してあげることで、今日まで積み重ねて来た労をねぎらうかのような演出。

『あさが来た』の最終回の最後の場面でもこの演出手法を用いていましたが、『べっぴんさん』でもこの切り札を最後に出して欲しかった。

そう思わずにはいられないほど見事に決まっていました。

紀夫くんが今日も可愛い

話が前後しますが、紀夫くんは本当は社交ダンスをやりたかったんじゃないかな。でも気恥ずかしくて自分からはそのことを口に出して言えない。

だから社交ダンスを習ってみようとかと鎌をかけ、乗って来たすみれちゃんの言質を取ることで渋々社交ダンスに付き合うフリをする。そんな算段をしていたような気がします。

しかし紀夫くんのあては見事に外れました。

紀夫さんがやりたいなら自分もやっても構わないというつれない返事。紀夫くん、素直に社交ダンスやりたい。一緒に習おうよと言えばよかったね。

頭の中で思い描いていたシナリオに狂いが生じ、ちょっとばかりふてくされた表情を見せる紀夫くんが今日も可愛い。

僕の恋愛対象は異性です。『ごちそうさん』の竹元教授とは異なるのですが、それにしても紀夫くんはいちいち可愛い。

朝ドラヒロインの相手役の中で、僕が知る限りでは一番可愛いキャラです。

追伸:可愛いと言ったら、今回のタケちゃんも可愛い!健ちゃんの気配に気づかないほどに歌に夢中できるなんてすごい集中力。

ところでタケちゃんが歌っていた歌は、別れた女性への未練を歌う歌でした。

そんな未練の歌をあれだけ明るく楽しく歌える姿を通して、明美ちゃん問題の完全解決を表現したというのは考えすぎでしょうか。

【朝ドラ関連ニュース】バトンタッチセレモニーとプレゼント交換

昨日、『べっぴんさん』のすみれちゃんから『ひよっこ』みね子ちゃんに朝ドラヒロインを引き継ぐバトンタッチセレモニーが実施され、恒例のプレゼント交換も行われました。

今回のプレゼント交換を含め『あまちゃん』以降に交換された贈り物の品々、そして開催日をまとめて見ました。

▼『べっぴんさん』→『ひよっこ』
・開催日:2017年3月23日
・すみれちゃんから:神戸ビーフ
・みね子ちゃんから:茨城産の野菜と米

▼『とと姉ちゃん』→『べっぴんさん』
・開催日:2016年9月20日
・常子ちゃんから:万年筆
・すみれちゃんから:刺繡入りの台本カバー

▼『あさが来た』→『とと姉ちゃん』
・開催日:2016年3月15日
・あさちゃんから:加野屋の招き猫の小型版
・常子ちゃんから:浜松の法被とうな重

▼『まれ』→『あさが来た』
・開催日:2015年9月10日
・まれちゃんから:ケーキ
・あさちゃんから:パチパチはん(赤いそろばん)

▼『マッサン』→『まれ』
・開催日:2015年3月26日
・エリーちゃんから:バグパイプ柄のエプロンとマグカップ
・まれちゃんから:輪島塗のペアカップ

▼『花子とアン』→『マッサン』
・開催日:2014年9月19日
・花ちゃんから:和紙製の帽子
・エリーちゃんから:タータン柄のストール

▼『ごちそうさん』→『花子とアン』
・バトンタッチセレモニー開催日:2014年3月18日
・め以子から:イチゴ
・花ちゃんから:山梨の伝統織物によるブックカバー

▼『あまちゃん』→『ごちそうさん』
・開催日:2013年9月11日
・アキちゃんから:まめぶ汁
・め以子から:紅子(ぬか漬けのぬか壺)

<<前回143話 | 次回145話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひるたま より:

    朝ドラヒロインの「バトンタッチセレモニー」
    ドラマの舞台となる地域の特産物が贈られる事も結構多いので、今回は特に気になっていました。
    茨城県が主要舞台となる『ひよっこ』(有村架純さん)側から贈られたのは、茨城県産のお米・納豆含む複数種類の農産物との事。
    (一方の『べっぴんさん』(芳根京子さん)側からは神戸牛でしたね)

    農産物の売上高では北海道に次いで全国2位を誇る(?^^;)茨城県らしいといえばらしい「プレゼント」だったかもしれません。
    県産メロンも結構有名なのですが、同じ県内でも舞台となる地域とはやや離れた場所ですし、加えて時期的に早過ぎるので、結果として今回の複数種類を取りまとめて…という事に落ち着いたのかな?とも感じました。

    次回(『ひよっこ』→『わろてんか』)は何になるのでしょうね?(^m^)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 農産物

      冒頭の茨城編では農作業場面などがたくさん準備されているそうなので、その「予告」なのかも知れませんね。お笑いの世界の『わろてんか』では一体何が飛び出すのか。大阪人らしいヒネリの効いたアイテムを期待せずにはいられません。

  2. よるは去った より:

    星野真理ちゃんは現在BS で再放送している「ごちそうさん」にもゲスト出演し、ヒロイン(杏)の髪型を変える役でしたね。今回は自分の娘の髪をセットしてやる役で。制作側で何か狙ったかな?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 髪型を変える役

      見覚えがあるけど誰だろうとずっと考えていました。これでやっとスッキリしました。髪結い・・・狙ってますね。

  3. かふぇくま より:

    社交ダンスの話がでてびっくりしました(笑)
    やってほしいですねぇ~
    最後に二人でダンスを踊ってるシーンがあったら最高ですが、無理みたいですね><;
    小雪ちゃんと美幸さん、いきなり社長室はないですよね^^;
    でも、話としては、とてもよかったと思います。
    今作は、さくらの反乱に時間をかけすぎて、ほんとに描いてほしかったところが急ぎ足になってしまったのがとても残念でした。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 急ぎ足

      同感です。特に栄輔くんの転落と再生、そして玉井氏との関係は最低でも2週間くらいは割いて欲しかったと思います。

  4. まーちゃん より:

    今日の私のツボはラストシーンで美幸ちゃん母子を皆で見送るとき良子ちゃんのほっぺたのえくぼを勝二さんがつついたところでした。もしかして田中要次さんのアドリブかなと思いますが本当に思わずつついてみたくなる見事なえくぼですものね*^^*

    追伸:タケちゃんが歌っていたのは五木ひろしさんの「夜空」でしたね。私もあのワンフレーズで記憶をたどってやっと思い出しました^^;

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 今日の私のツボ

      アドリブだと思います。狙ってる姿が最高でした(笑)

  5. さくらももこた より:

    今日の話良かったですね。やはり物作りに基づくエピソードは心地良いです。1話丸々美幸の話でも良かったくらい。
    ストーリーは史実には基づいてませんが、親子世代で同じワンピースを着るのはファミリアの子ども服ではよくある話で、お直しもやってるので、ある意味史実ですね(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 今日の話良かった

      本当に素敵な回でした。すみれちゃんたちが夢中になってものづくりに励んでいた頃に戻れて朝から癒されました。

  6. つまぴょん より:

    最終回までのネタバレありがとうございます。
    待ってました。

    今週の見どころの2行目、
    ベビーショップもとやではなく「あさや」では?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      ご指摘ありがとうございます。
      リアルの店舗名になってしまいました。