ひよっこ 第1週 お父ちゃんが帰ってくる!

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年4月3日 〜 4月8日放送
第1週「お父ちゃんが帰ってくる!」

『ひよっこ』第1週「お父ちゃんが帰ってくる!」あらすじ

昭和39年(1964年)初秋、東京オリンピック開会式を目前にひかえ国中が沸き立っていた頃。この物語の主人公・谷田部みね子は高校三年生。茨城県奥茨城村の農家で祖父の茂、母の美代子、そして妹と弟とともに暮らしていました。

高校生活最後の日々を過ごすみね子でしたが、幼馴染の三男と時子は翌年の高校卒業後は集団就職で東京に出ることが決まっていました。一方のみね子は実家の農業の手伝いをし、数年後には結婚するという将来を漠然と考えていました。

その頃、みね子たち谷田部家の面々が何よりも心待ちにしていたのは、みね子の父・実が稲刈りのために奥茨城村の家に帰って来ることでした。実は稲刈りの時期がやって来るまで東京に出稼ぎに出ていたのです。

そんな中、実が奥茨城に帰って来ました。東京・赤坂で出会った洋食屋「すずふり亭」の店主・鈴子に持たされた手土産を披露しながら実は家族と約束します。いつか必ず家族揃って「すずふり亭」に食事に行こうと。

<<『ひよっこ』トップページ | 次週 第2週>>

Sponsored Link

『ひよっこ』第1週 各回あらすじとレビュー

第1話 4月3日(月) みね子の家族と幼なじみ
第2話 4月4日(火) 幼なじみの卒業後の進路
第3話 4月5日(水) 東京が嫌いになるみね子
第4話 4月6日(木) すずふり亭の店主・鈴子
第5話 4月7日(金) 実が奥茨城に帰って来る
第6話 4月8日(土) 家族総出で稲刈りをする

『ひよっこ』第1週 今週の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

事前に様々な場面で告知されていた通り『ひよっこ』の第1週は東京オリンピックが開催された昭和39年(1964年)からスタートします。この時代、ヒロインのみね子はすでに高校三年生なので朝ドラ恒例の第1週のヒロイン幼少期の描写はありません。

ところで、本作『ひよっこ』が描かれる時代背景は前作『べっぴんさん』や前々作『とと姉ちゃん』のそれぞれの物語後半とかぶってきます。

そこで本欄では、『べっぴんさん』のヒロイン・すみれちゃんや『とと姉ちゃん』のヒロイン・常子ちゃんが、同じ頃に何をしていたのか。ドラマの中でどんな出来事があったのかを回想してみようと思います。

また、物語の舞台となる昭和39年から昭和40年代にかけての当時の出来事や流行などもお伝えすることで、『ひよっこ』をよりディープに楽しみたいと考えています。

ところで、おそらく物語の中盤以降はブログ主にもその頃の時代の流行や様子などをリアルにお伝え出来るかと思います。自分の目で見て肌で感じた時代ですから。

ブログ主と同世代の方は、世の中が明るかった昭和40年代に思いを馳せながら。その頃をご存知ない若い世代の方は、その頃の空気感をリアルに想像しながら。半年間、ブログ主の朝ドラ愛におつきあい頂ければ幸いです。

というわけで第1週の本欄は、ほとんど前置きが占めることになってしまいました。

さて、『ひよっこ』の物語の舞台はヒロイン・みね子ちゃんの生まれ故郷・茨城県奥茨城村(架空の村です)と、みね子ちゃんが集団就職するために上京する東京都港区赤坂(赤坂は実在する町名です)です。

この記事を投稿した3月24日の時点でわかっているのは、第4週までの物語の舞台は茨城県奥茨城村。舞台が東京に移るのは第4週の後半頃からのこと。しかし、第1週から東京編の主要キャラが登場、ロケットスタートです。

第1週で登場する東京編の主要キャラの一人は、みね子ちゃんと深い関わりを持つことになるらしい洋食屋「すずふり亭」の店主・鈴子さん。夏バッパ(宮本信子さん)が演じます。『あまちゃん』の昭和期の天野親子が第1週から揃っての登場です。

『ひよっこ』第1週 一週間のエピソード観賞後の感想

第1週をすべて見終えての感想。一言で言うとこのドラマが大好きです。第1週にして早くも大好きだと言い切ってしまうほどの、好きなポイントは次に述べる三つです。

1)登場人物たちの造形がしっかりと作り込まれている
映画監督の故・黒澤明氏は、映画の主要登場人物をつくる際に登場人物一人につきノート一冊分ほどの分量にもなるその人物の「履歴」を作ったのだとか。

映画の中にはまず出ないであろう過去までもしっかりと作り込むからこそ、映画の中に出てくる登場人物たちの言動や行動に矛盾が生じない。言動や行動が納得できるものになる。

そうやって登場人物たちのキャラクターに厚みを持たせていたそうです。

テレビドラマの脚本家でも倉本聰氏が同様の作り込みをすることは有名です。名作『北の国から』の主人公・五郎さんのドラマには一度も出なかった高校時代のエピソードなど、このブログでは書けないレベルです。

『ひよっこ』の登場人物たちもそこまで努力されていそうな厚みを感じます。

2)登場人物たちがみんな優しい
丁寧に作り込まれた登場人物たち一人一人が優しい人ばかりなのもこのドラマが好きなポイントの一つです。

僕が朝ドラ全般に魅力を感じている点の一つは、身近にいて欲しい!と思わずにはいられないほどの素敵なキャラクターが登場することです。

この作品でも早速登場しました。夏ばっぱ改め鈴子さんです。

また鈴子さんだけでなく、この人たちに囲まれて暮らしていたらどんなに生活が楽しくなるかと思わずにいられない人ばかり。

物語が終わってしまった後のロスが今から怖いほどです。

3)昭和テイスト
オープニングの映像。その映像を飾る主題歌。ドラマ本編の小道具。そしてドラマに出てくる登場人物一人ひとり。

隙間なく昭和テイストに埋め尽くされたこの作品の世界観が心地よすぎます。

前作も前々作も昭和が舞台でしたが、自分がよく知る昭和はやっぱり格別。単なるノスタルジーと言ってしまったらそれまでですが、ノスタルジーに浸るのもたまには悪くないものですね。(年中ノスタルジーに浸ってたら前に進めなくなるので要注意です)

<<『ひよっこ』トップページ | 次週 第2週>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする