ひよっこ 第8週 クリームソーダと恋?

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年5月22日 〜 5月27日放送
第8週「クリームソーダと恋?」

『ひよっこ』第8週「クリームソーダと恋?」あらすじ

実の消息がまったくわからないまま迎えたお盆休みの季節。みね子と寮で同室の面々は実家に帰省しませんでした。みね子は仲間たちと海岸に行き、たった一日の夏休みを心から楽しみます。

月日は流れ秋。みね子たちが勤める向島電機の経営に陰りが見えはじめ、みね子たちがもらう給料の額が少しづつ減りはじめていました。しかし、実家に送る仕送りの額をみね子たちは減らそうとはしません。

一方、給料日の度に「すずふり亭」で食事することを楽しみにしていたみね子は、節約のために向島から赤坂まで2時間かけて歩き、注文する品も一番安い品でした。給料を減らされてしまいみね子を鈴子が励まします。

そんな中、綿引が実家の茨城に帰ることになりました。父親が怪我をしたため、東京で働き続けることが出来なくなってしまったのです。綿引が東京を去ることになり、みね子は初めて綿引への淡い恋心に気付くのでした。

<<前週 第7週 | 次週 第9週>>

『ひよっこ』第8週 各回あらすじとレビュー

第43話 5月22日(月) お盆休みは故郷に帰らず
第44話 5月23日(火) 落胆する奥茨城の母親達
第45話 5月24日(水) ウエストサイド物語鑑賞
第46話 5月25日(木) 三男が奥茨城に帰省する
第47話 5月26日(金) 綿引が警官を辞め故郷へ
第48話 5月27日(土) 綿引と通い続けた喫茶店

『ひよっこ』第8週 今週の時代背景解説と事前発表あらすじとレビュー

好青年のおまわりさん・綿引くんが退場

好青年のおまわりさん・綿引くんが一旦ドラマの中から退場します。一旦とは言いましたが再登場するかどうかはこの記事を投稿した時点では定かではありません。

しかし、ヒロインが恋心を感じるくらいの相手なので今後の展開の中での再登場はあるのだろうとは思います。

綿引くんが退場するのは彼の故郷・茨城に帰るためです。彼と同じく故郷でおまわりさんをされている彼のお父上が怪我をし動けなくなったことから長男である綿引くんは帰郷を余儀なくされるとのことです。

ところで朝ドラの定番の展開の一つが、故郷から都会に出たヒロインが再び故郷に戻るというUターンストーリー。

脚本家の岡田氏も、視聴者がそれで喜ぶなら朝ドラ定番の展開を使うと明言されているので故郷 → 都会 → 故郷。本作であれば奥茨城 → 東京 → 奥茨城というUターンの展開もあり得るかと思います。

もしこの展開になれば、みね子ちゃんが奥茨城に戻って綿引くんと再会。そして恋バナがスタート。そんな綿引くんの再登場のさせ方になるかも知れません。

オリンピックの反動不況

今週の物語の時代背景は昭和40年(1965年)夏から秋にかけて。ちょうどこの頃、オリンピックの反動不況で日本の景気が悪化。

ドラマの中で描かれるこの年の秋(11月)が景気の底となり、そこから回復をはじめた日本経済は昭和45年(1970年)7月まで続いた「いざなぎ景気」と呼ばれる高度経済成長時代に突入します。

向島電機の経営が悪化し、みね子ちゃんたちの給料が減らされたのはオリンピックの反動不況の底の頃のこと。

この後、景気は回復してゆきますが向島電機もその波に乗って回復することは出来るのでしょうか。そしてみね子ちゃんは「すずふり亭」まで電車で行き、もっと美味しいものを食べることは出来るのでしょうか。

『ひよっこ』第8週 一週間のエピソード観賞後の感想

kanso

<<前週 第7週 | 次週 第9週>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ