ひよっこ 第9週 小さな星の、小さな光

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年5月29日 〜 6月3日放送
第9週「小さな星の、小さな光」

『ひよっこ』第9週「小さな星の、小さな光」あらすじ

冬が近づいてきたある日、向島電機の倒産がみね子たちに告げられました。工場はその年の暮れまでにすべての業務を終え、みね子たちは年明けには乙女寮から出て行かなければならなくなったのです。

突然、仕事を失うことになりみね子たちは激しく動揺します。しかし、向島電機の人事部員の奔走の甲斐あって、その年の暮れのうちにみね子たち工員たちの再就職先は一人また一人と決まってゆきました。

一方、三男は勤め先の安倍米店の娘・さおりに惚れられていました。さおりの父の善三にも三男を婿養子にとろうとする魂胆がその態度が見え隠れします。しかし、どこかの家に婿養子に入るような生き方を三男は拒んでいました。

年の瀬が近づくにしたがい、みね子と苦楽をともにした仲間たちが乙女寮から去って行きました。そして迎えた時子との別れの日。乙女寮での最後の日を迎えた時子は、みね子との再会を約束し涙ながらに思い出の詰まった乙女寮を出て行くのでした。

<<前週 第8週 | 次週 第10週>>

『ひよっこ』第9週 各回あらすじとレビュー

第49話 5月29日(月)
第50話 5月30日(火)
第51話 5月31日(水)
第52話 6月1日(木)
第53話 6月2日(金)
第54話 6月3日(土)

『ひよっこ』第9週 今週の時代背景解説と事前発表あらすじとレビュー

向島電機がまさかの倒産!

前週のいくつかのエピソードで嫌な予感はしていました。そしてその嫌な予感は当たってしまいました。向島電機の倒産です。

向島電機の受注量が激減しみね子ちゃんたちの給料を減らされるというのは、とてもわかりやすいフラグなのでこれについては嫌な予感はしませんでした。

嫌な予感がしたのは、給料が減らされ始める直前の夏の場面。

みね子ちゃんの記憶に強く刻み込まれる思い出の夏!みたいな描写が、その後に生じる嵐の前の静けさ。悲劇の直前に描かれる幸福の絶頂期みたいで怖いなと思っていました。

しかし残念ながら嫌な予感は的中し、あの夏の場面は名実ともに「思い出の夏」になってしまいそうです。

願わくば後々になって、しばらくは切ない思い出になりそうな夏の思い出が、幸福な夏の思い出となって回収されますように。

そんな展開でなければ切なすぎて耐えられないレベルです。

余談ですが本作の主題歌を歌う桑田佳祐さんが1990年に監督をつとめた映画『稲村ジェーン』の時代背景は昭和40年(1965年)の夏の終わりです。

みね子ちゃんたちの「思い出の夏」とほぼ同時期です。

あの映画に出てきた海岸は鎌倉の稲村ヶ崎でしたが、みね子ちゃんたちが行った海岸はどこになるのでしょうか。

向島電機、倒産の背景

ドラマの中で向島電機が倒産したのは昭和40年(1965年)の年の瀬が押し詰まった頃。当時の日本はオリンピックの反動不況に陥っていました。

以下に記す東京オリンピックの開催年をはさんだ前後三年の企業の倒産件数が、オリンピックの反動不況の衝撃の大きさを物語っています。

昭和38年(1963年):1,738件
昭和39年(1964年):4,212件
昭和40年(1965年):6,141件

みね子ちゃんたちが勤めていた向島電機が倒産した昭和40年は、東京オリンピックの開催年の前年に当たる昭和38年の3倍強もの数の企業が倒産。

それまで財政法という法律で禁じられていた赤字国債発行が戦後になって初めて閣議決定されたのがこの年の秋。昭和40年11月19日のことでした。

『ひよっこ』第9週 一週間のエピソード観賞後の感想

kanso

<<前週 第8週 | 次週 第10週>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ