ひよっこ 第10週 谷田部みね子ワン、入ります

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年6月5日 〜 6月10日放送
第10週「谷田部みね子ワン、入ります」

『ひよっこ』第10週「谷田部みね子ワン、入ります」あらすじ

世の中が正月の準備であわただしくなった頃、みね子に衝撃が走りました。みね子の再就職先として決まっていた工場が業績不振におちいり、みね子を雇い入れることが出来なくなってしまったのです。

落ち込むみね子でしたが、すぐに救いの手が差し伸べられました。洋食屋「すずふり亭」の店主・鈴子でした。接客係を雇うつもりでいた鈴子に誘われ、年明けからみね子は「すずふり亭」で働くことが決まります。

その年の暮れ、みね子は家族に心配をかけまいと向島電機の倒産は内緒にし、実家にも帰省しないつもりでいました。乙女寮で愛子と二人きりで迎えた元旦。愛子のはからいで、みね子は家族の待つ奥茨城に帰ることが出来ました。

みね子は向島電機が倒産したこと。しかし鈴子に誘われ「すずふり亭」で雇ってもらうことになったこと。これまであったことすべてをみね子は家族に報告すると、新しい生活が待っている東京に戻って行くのでした。

<<前週 第9週 | 次週 第11週>>

『ひよっこ』第10週 各回あらすじとレビュー

第55話 6月5日(月)
第56話 6月6日(火)
第57話 6月7日(水)
第58話 6月8日(木)
第59話 6月9日(金)
第60話 6月10日(土)

『ひよっこ』第10週 今週の時代背景解説と事前発表あらすじとレビュー

『ひよっこ』の制作発表時に公開されたストーリーと今週までの比較

『ひよっこ』の制作が発表された2016年6月29日。その時にリリースされた資料では、今週か次週あたりまでのストーリーが発表されています。

その時に発表されたストーリーの大雑把にまとめると以下の通りです。

1:行方不明となった父親を探すためヒロインが上京して就職する
2:仕事が慣れてきた頃に勤め先の会社が倒産
3:路頭に迷うヒロインを救ったのは父との縁も深い洋食屋
4:その洋食屋は人使いは荒いが情に厚い人ばかり
5:恋、そして出会いと別れ

上にまとめたうち、3が今週に該当します。4は恐らく次週・第9週に描かれるものと思われます。ところで3から4は『とと姉ちゃん』に通じるものがありますね。

5はすでにそれらしきエピソードが描かれていますが、これからもたくさんの出会いと別れが描かれることでしょう。

また制作発表時には紹介されながら、今のところ「行方不明」のキャラが一人います。

それは「みね子ちゃんの兄」。

みね子ちゃんの兄は村一番の秀才で、村の中で初めて大学に進学した青年。その兄の学費を稼ぐためお父ちゃんが出稼ぎに出るという設定のはずでした。

しかし、実際のドラマの中ではお父ちゃんが出稼ぎに出るのは米の不作の時にできてしまった多額の借金の返済のためです。兄のアの字も出てきません。

設定が変更がされたのでしょうか。

愛子さんはどこに行く?

ブログ主が気になってならないのが向島電機倒産後の愛子さんのその後の人生。

愛子さんがたまらなく好きです。『ちりとてちん』の最笑お母ちゃんに勝るとも劣らない和久井映見さんの名演に支えられた天然キャラ。

願わくば最後の最後まで登場し続けてもらいたい。またどこかで復活して欲しい。このままお別れになるのはあまりにも悲し過ぎます。

『ひよっこ』第10週 一週間のエピソード観賞後の感想

kanso

<<前週 第9週 | 次週 第11週>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ