赤坂警察署の警官・綿引 / ひよっこ 第11話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年4月14日(金)放送
第2週 第11話「泣くのはいやだ、笑っちゃおう」

『ひよっこ』第2週 第11話 あらすじと見どころ解説

東京までやって来た美代子は実が暮らしていた建設現場の宿舎に足を運ぶものの、管理人は実のことを覚えておらず手がかりは全くつかめませんでした。そして、宿舎に置き去りにされた実の荷物には家族からの手紙が入ったままでした。

一方、美代子が福島ではなく東京に行ったことを知ってしまったみね子は不安を募らせていました。不在の美代子に代わって家事をするみね子でしたが、時間が経つにつれて不安は大きくなるばかりです。

夕方、みね子はついに意を決して茂に尋ねました。何故、美代子は嘘をついているのかと。茂はみね子にこたえます。親が止むを得ず子供に嘘をつく時は子供のことを思って嘘をついているのだ。その親の気持ちを理解しろと。

同じ頃、実が暮らした宿舎で何も得られなかった美代子は赤坂警察署に出向きました。実の捜索願を出すためです。しかし、失踪した夫の捜索を涙ながらに願い出る美代子に対して、担当の警察官はけんもほろろな対応をとるのでした。

<<前回10話 | 次回12話>>

midokoro
今後の展開がとても気になるキャラクター、赤坂警察署の好青年おまわりさん・綿引くんが今回から登場です。

谷田部家の抱える問題に手を差し伸べてくるだけでなく、みね子ちゃんとの恋バナに発展する可能性すら暗示する場面がある綿引くん。

要注目キャラです。

『ひよっこ』第2週 第11話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

実お父ちゃんが出稼ぎに出たまま失踪。美代子さんが捜索願を出そうとしても警察官はまともに取り合ってはくれない。警察官がまともに取り合おうとはしないのは、当時、出稼ぎ先から失踪する「出稼ぎ蒸発」が多発し、決して珍しい現象ではなかったからです。

珍しい現象ではないことがまともに取り合わないでも良い理由にはなりませんが、「またですか?」という気持ちもあったのでしょう。

さて、今週の『ひよっこ』の時代背景となる昭和40年前後より、出稼ぎに出た先でそのまま姿をくらます労働者が多発していたことは社会問題化していました。

そして、出稼ぎに来た労働者の失踪は「出稼ぎ蒸発」と呼ばれていました。

ブログ主も当時は子供でしたが記憶にはっきりと残っています。当時の大人たちが「蒸発」という言葉をよく口にし、テレビ番組などでも度々「蒸発」という言葉が用いられていたことを。当時「蒸発」という言葉は流行語になっていました。

それほど多発していた「出稼ぎ蒸発」でしたが、当時の行政は現在よりもゆるい仕事をしていたためか記録もほとんど残されていないようです。出稼ぎ中の死者数、蒸発者数はもとよりそもそもの出稼ぎ者数すら満足に把握していない行政もあったとか。

そんな中、この数字がどこまで当てになるのか裏を取ることは出来ていませんが、今回の『ひよっこ』のエピソードの三年後に当たる昭和42年(1967年)。秋田県だけで500名もの「出稼ぎ蒸発」が出たとの記録があります。

たった一年、一県で500名ということは、全国で年間数千名レベルで出稼ぎ蒸発者が出ていたことになります。そして、その数千名の大部分が集中していたのが東京です。

美代子さんの対応をした赤坂警察署のおまわりさんがそっけない対応をとるその背景には、こんな問題が横たわっていたのです。

『ひよっこ』第2週 第11話 観賞後の感想

美代子さんが失踪した実お父ちゃんの手がかりをつかみに、東京の建設会社の宿舎に足を運んでみると話に聞いていた通り、実お父ちゃんの荷物は置き去りにされたまま。

しかもその荷物の中には家族からの手紙が整然と整理され、洋服もきちんと収納されていました。異変を示すような乱れた様子がまったく見当たりません。

奥茨城から東京に戻り行方が分からなくなるまでの時間はわずか三日間。それほど短い時間で大きな心変わりが生じるとも思えない。

実お父ちゃんが最後に画面に登場した場面では、見るからに怪しげなおじさんがスリに気をつけろと実お父ちゃんに警告を与えていましたが、たかだかスリにあったくらいで失踪するような実お父ちゃんとも思えません。

謎が深まるばかりの実お父ちゃんの失踪ですが、その謎を解明する鋭いコメントを当ブログに頂戴しました。以下、コメントの一部を引用させてもらいます。

「何らかの事故による記憶喪失」

この推測、かなり的を得たものかと思います。このするど過ぎる推測をもとに妄想を膨らませてみました。

以下、妄想です。ネタバレではありません。

【推理】実お父ちゃんの失踪の理由

9月17日。奥茨城から東京に戻った実お父ちゃんは、すずふり亭に挨拶に立ち寄った後、建設会社の宿舎に戻り、翌日からはそれまで通り建設現場での仕事を再開しました。

そして、建設現場に最後に姿を現した19日。実お父ちゃんはこの日もいつも通りに建設現場の仕事を終えます。

ところで今回、建設現場の親方(?)が美代子さんに見せた9月19日の日付入りの書類は支払い明細みたいなものだったので、この日に給料をもらったのでしょうか?(それとも日当かな?)

スリに注意しろと警告されていた実お父ちゃんでしたが、宿舎に戻る路上で見事にスリに遭遇。(スリに注意しろとの警告はこの時のフラグ)

スリを追う実お父ちゃんは、走行中の車にぶつかるかどこかにぶつかるかで転倒。大きな怪我はなかったものの、その衝撃によって記憶喪失に。

自分は何者なのか。自分はこれからどこに帰ったら良いのか。すずふり亭を除いては知人が一人もいない東京で、実お父ちゃんを助けてくれる人などいません。

だから当然、宿舎に戻ることが出来なければ連絡を取ることすら出来ません。記憶を喪失しているから自分の異変にも無自覚かと思います。

19日の朝、いつも通り現場に出たままその日の夕方に戻って来なかった理由が以上です。

さて、行くあてが分からなくなった実お父ちゃんですが、当時の東京では至るところにあったはずの建設現場の一つでとりあえずの職を得ることに。

その建設現場は人手不足に悩んでいたこともあり、真面目に働く実お父ちゃんを快く受け入れます。自分の本名を思い出せない実お父ちゃんも思いつきの名前を名乗ることに。

願わくばこの建設会社の人たちが良い人でありますように。

というわけで、実お父ちゃんは今のところ記憶を失ったまま東京のよその建設現場で働いているのかも知れません。

当時のこうした現場では働く人たちの身元確認など満足にしていなかったらしいので、真面目に働いてさえくれれば、文句なく雇い入れてもらえたかと思います。

さて、ここまでが現状の妄想。

もし実お父ちゃんの失踪の理由が記憶喪失であれば、この先々でどのような展開になってしまうのか。

2パターンを妄想してみました。

【妄想1:今後の展開】実お父ちゃんと再会しても家族を認識出来ず

物語がそろそろ中盤にさしかかる頃に、実お父ちゃんの姿を東京の街中で見かけたという目撃情報を、赤坂警察の今回チラリと登場したイケメンおまわりさんがつかみます。

実お父ちゃんと同じ現場で働いたことがある男性が、実お父ちゃんと似た人物を見かけたと知らせてくるのです。

ちなみにこの目撃情報は妄想でなくネタバレです。実際のエピソードです。

以下から妄想です。

実お父ちゃんの目撃情報を持ってきてくれた男性は再び実お父ちゃんと遭遇し、赤坂警察まで連れてきます。

実お父ちゃん発見の知らせはすぐに奥茨城に届き、美代子さんが確認のために再び上京。

美代子さん、そしてみね子ちゃんはようやく実お父ちゃんと再会を果たしたものの、実お父ちゃんは美代子さんとみね子ちゃんが誰かがわかりません。

そして実お父ちゃんの記憶がよみがえり、真の再会を果たすまでの物語がはじまる。

【妄想2:今後の展開】実お父ちゃんが結婚

記憶を失いながらも、真面目な性格だけは失われることがなかった実お父ちゃんは、厄介になった建設現場の親方に気に入られ、こんな男を独身のままにしておくのはもったいないと縁談を紹介されます。

実お父ちゃんはすすめられるままに相手の女性と結婚。

しかし、その頃より記憶がよみがえり・・・

昭和60年(1985年)に放送された朝ドラ『澪つくし』と似た展開ですが、願わくば妄想2の泥沼パターンにはなって欲しくないものです。

<<前回10話 | 次回12話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


24 Responses to “赤坂警察署の警官・綿引 / ひよっこ 第11話”

  1. ゆきんこ より:

    はじめまして、いつも楽しく拝見してます。

    実さんの失踪の背景、記憶喪失というのもドラマの王道なのであり得ると思います。

    それから、気になったのは、お父さんの私物ってあの鞄とリュックがあったと思いますが(最初にすずふり亭に行ったとき)、
    管理人の運んできたもののなかにリュックはありませんでした。

    そこが何かの関連性があるのでしょうか?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      はじめまして。初コメントありがとうございます。

      そう言えばでっかいリュックを背負ってましたね。現場に行くのにお弁当や水筒を入れて持って行ったのかも知れません。当時はコンビニなんてありませんからね。

  2. まーちゃん より:

    私の何気ないコメントを拾って膨らませて下さりありがとうございます。朝蔵様の渾身のプロットを読んだら何だか自分でも「正解!」のような気がしてきました。(クイズじゃないってば…)

    調子に乗ってもう一つ予想します。「記憶喪失」だとしたらその失った記憶がよみがえる鍵となるのが「奥茨城の田んぼの土」、キーパーソンとなるのが「宗男おじさん」これでどうでしょう。(だからクイズじゃないってば…)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      「奥茨城の田んぼの土」の匂いで記憶がよみがえる。いいですね、この展開。そしてよみがえりかけたその時、宗男おじさんのパンチが決まり記憶が完全回復。

  3. ゆうのしん より:

    お疲れ様です 脚本家の先生 その他 制作者の方々は 実さんを失踪させたのは ストーリーを面白くする為何でしょうか? 無理に失踪させる必要は無いような気もします 今後 ややこしい展開が待っているようですね ではまた!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      実お父ちゃんを失踪させた作劇上の理由。今、明らかなのはみね子ちゃんが上京するきっかけを作りたかったということかと思います。

  4. 国産レモン より:

    お父さんの失踪理由が気になって、仕事が手に付かず
    考えた末の予想は同じく「スリ」です。
    スリにあった人を助けるためか、自分がスリに遭ってしまい、やはりなんらかの事故で記憶喪失に!!

    その後は妄想1の展開になることを祈ります。

    ひよっこで始まる毎日がとても充実しています。
    大好きな桑田さんの歌声と丁寧に丁寧に描かれた15分。
    楽しみな朝ドラですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      スリが多発しているという上野駅。美代子さんが到着した時には乱闘騒ぎも起きてました。スリに狙われた上にあんな乱闘に巻き込まれたのかも知れませんね。

  5. まいまい より:

    「いばらぎじゃなくて、いばらき」

    このフレーズは、小さい頃、母親から
    何度か言われた記憶があります。

    でもって、今では私が、自分の子に
    おなじフレーズを言っています。

    いばらぎだと、大阪の茨木市だと誤解されるからね
    と言い添えて。

    今日の放送で、茨城県民関係者は、全国に周知されて喜んでいることでしょう。^^

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      美代子さんの今回の話題のフレーズを聞いて深く反省しました。ずっと「ぎ」だと思ってました。

      • ひるたま より:

        こんばんは。横入り失礼します

        朝蔵さん、ずーっと「いばら‘ぎ’」だと思っていらしたのですね…(^o^;)
        まいまいさんが仰る通り、「全国に周知されて喜んでいる」茨城県民&関係者も決して少なくないでしょうね…きっと。

        茨城県民は一生懸命「いばら‘き’」と発音しているんですよ。
        しかしながら、これまた茨城弁の特性で「いばら‘ぎ’」に聞こえてしまう事もまた事実なんです。
        「いばら‘き’」と発音するつもりなのに「いばら‘ぎ’」に聞こえてしまう…茨城県民以外の方がそのように発音出来たら、茨城弁に「感染」している事はほぼ間違いないでしょう。
        「伝染力」はともかく、茨城弁の「感染力」は非常に強いです。
        本作の出演者の方達も、標準語に「戻す」のに苦労なさるのではないでしょうか…??(^m^;)

        • 朝蔵(あさぞう) より:

          なるほど、僕は茨城弁に感染してたんですね!学生時代、茨城弁が決して抜けなかった友人がいたのですが、そこが感染源かと思います(笑)

          • 栃木だべ より:

            茨城も栃木もちょっとの地域差で言葉が全然違う。
            栃木弁はU字工事さんやガッツさんみたいなイメージがあるけど、あれは県北限定。
            県南はつぶやきシローさんが分かり易い例かな。
            茨城弁は早口&尻上がりで、そだっぺ(そうだよね)?なんてイメージがある。
            茨城は県南県北関係なしに地域で言葉が違う。
            それに、栃木の小山と茨城の筑西は殆ど隣なのに言葉が全然違う。

          • 朝蔵(あさぞう) より:

            県南出身者に知り合いがいますので、奥茨城村の人々との微妙な違いはわかるような気がします。

      • 栃木だべ より:

        「ちばらぎ」なんて言う人がいるからだと思いますよ。
        地元では「いばらぎ」にしか聞こえませんけど。

  6. Atsu より:

    お久しぶりです。「あさが来た」の際には、ほとんど毎日コメントさせていただいていたのですが、その後2作は気が乗らず、ご無沙汰してしまいました。『暮らしの手帖』は実家にはかなり揃っていて、子供の頃ファミリアの服を一張羅に買ってもらっていた記憶もあり、2作とも期待して見始めたのですが。逆に期待が大きすぎたのかもしれません。

    久々お邪魔したのは、「いばらぎじゃなくていばらき、です」のセリフ。茨城の書店の店頭にならぶロングセラーの本のタイトルが、『いばらぎじゃなくていばらき』。ユーモアと鋭さのある面白い本なのです。このドラマもかなり地味な感じで始まりましたが(ヒロインの両親や祖父が都会人すぎるキャストでびっくりしましたが)、

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      お久しぶりです!『ひよっこ』はかなりの人気作になるのではないか。そんな予感がしています。また一緒に楽しみましょう。

      追伸:『いばらぎじゃなくていばらき』の著者の『ごじゃっペディア』も気になります。

  7. まーちゃん より:

    実お父さんの失踪、謎は深まるばかりですね。女、金、色々予想してきましたが、もう1つある意味王道で何らかの事故による記憶喪失はどうでしょう?

    沢村一樹さんは来年度大河ドラマ「西郷どん」に地元枠?でご出演ですからあまり長期にわたる不在だと今度家族のもとに戻った時にはすっかり薩摩っぽになってしまって「お父さん、もう茨城の人でなくなったんだね(泣)」とか言われてしまいそうです(汗)

    ちよ子ちゃんがただの「ちゃっかりさん」でなくちゃんとお姉ちゃんを助けて家事のできる「しっかりさん」だったので安心しました^^

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      事故による記憶喪失、それはあるかも知れません。大事な家族からの手紙を置き去りにした謎の行動の理由もこれで解けます。もしそうだとすると、お父ちゃんに再会できても今度はお父ちゃんが自分の家族を認識できない。そんな悲劇の展開ですね(涙)

  8. ひるたま より:

    「いばらぎじゃなくて、『いばらき』です!」
    「私は一人の出稼ぎ労働者を探してくれと言っているのではありません。奥茨城村の谷田部実を探して下さいとお願いしているのです!」

    今日は、美代子お母さん=木村佳乃さんの見せ場だったように思います。
    「いばらぎじゃなくて…」のセリフ、アクセントが綺麗過ぎて茨城弁には聞こえませんでしたが…佳乃さんの演技はTV画面を超え、見ているこちら側にも、美代子さんの悲痛な気持ちとしてしっかりと伝わって来ました。

    警察署のシーンで、赤ちゃんをおぶって熊本弁を話していた女性の姿が印象に残りましたが…これは今日が熊本地震からちょうど1年という事に合わせて入れられた演出だったのでしょうか?
    綿引巡査のセリフは明日以降かな?

    ところで。
    奥茨城村で留守番中の谷田部家で作られていたカレーの中にはお肉でなく魚肉ソーセージが入っていましたね。とても懐かしく感じました。(実は私自身も子供の頃に親が作ってくれた魚肉ソーセージ入りカレーを食べた記憶があります。これはこれでなかなか美味しかった事を書き添えておきます)
    もし前作『べっぴんさん』の坂東家で同じカレーが作られていたならば、おそらく肉入りカレーだっただろうな…と思いながら見ていました。(^^)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      赤坂警察での熊本弁、僕も同じことを考えていました。今日を狙ったのかなと。日本国中から出稼ぎ労働者が集まっている感じを演出する狙いもあったのかもしれません。

      カレーといえば『ごちそうさん』に登場した戦前の西門家のカレーは、谷田部家のカレーよりもリッチでしたね。肉も入っているし。

  9. よるは去った より:

    芦屋雁之助さんの「インド人もびっくり。」のコピーのCM はあの時代だったわけですね。確かその六、七年後じゃないかな、現・笑福亭仁鶴師匠の「三分間待つのだぞ。」のコピーでレトルトカレーが普及し出したのは。それにしても、担当官「奥さん見つからないと思った方が良いよ。」警察もうんざりするほど多かったのですな、出稼ぎ労働者の失踪は。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      「インド人もびっくり」のエスビー特製ヱスビーカレーは昭和39年発売なんだそうです。このコマーシャルが一番人気を集めていた頃なのでしょうね。

      • 栃木だべ より:

        当時のレトルトカレーは高くて美味しくなかった。
        野菜も熱が通り過ぎてて柔らかすぎだったし、値段も今の相場だと\1000くらいしてそう。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ