みね子の就職先見つかる / ひよっこ 第21話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年4月26日(水)放送
第4週 第21話「旅立ちのとき」

『ひよっこ』第4週 第21話 あらすじと見どころ解説

就職活動の季節が終わりすでに募集の枠がないことを知ったみね子は途方に暮れながらも、家に戻ってからは明るく振舞っていました。しかし、その不自然な明るさに美代子と茂はすぐに気がつきました。

その頃、みね子から就職の相談を受けた田神は教え子のためにと、夕方遅くまで手当たり次第電話をかけ働き口を探していました。そんな中、ある工場で欠員が出た知らせが田神のもとに入ります。田神はそのことを知らせに谷田部家に急行しました。

谷田部家にやって来た田神はみね子たちに知らせました。運よく欠員が出たので就職先が見つかったこと。そして、その就職先は時子の就職先と同じ会社であることを。田神からの知らせを聞かされたみね子はそのことを知らせに時子のもとに駆けつけます。

みね子は時子にすべてを告げ、二人はその偶然を涙ながらに喜び合いました。その様子を見ていた君子は、時子が東京に行くことを認めることにしました。そしてその翌朝、みね子、時子、三男の三人は一緒に東京に行けることになったと喜び合うのでした。

<<前回20話 | 次回22話>>

midokoro

奇跡的に決まったみね子ちゃんの就職先は、時子ちゃんの就職先と同じ工場でした。

それがわかった瞬間の二人の喜ぶ姿は思いっきり涙をしぼりとられそうですが、そこは見てのお楽しみ。詳しくは省きます。

『ひよっこ』第4週 第21話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

みね子ちゃんは、将来に就きたい職業やなりたい人物像などの「夢」を追いかけるタイプの女の子では決してありません。

夢追い人とは正反対のタイプですが、愛する生まれ故郷でお父ちゃんとお母ちゃんが築いたような幸せな家庭を築きたい。そんな漠然とした願いは持っていたはずです。

ところがそんな夢とも呼べないようなささやかな願いすら叶うことはありませんでした。現代人を描くドラマなら、自分の人生に絶望し破れかぶれになりかねない状況です。

にもかかわらず、余儀なくされた東京での就職の道の中に幸せなところを見出して泣いて喜ぶそのつつましさがたまりません。

世の中が豊かになればなるほど、もっと欲しいという気持ちが肥大して無い物ねだりをしがちですが、目の前にあるささやかな幸せに感謝する気持ちを忘れないみね子ちゃんの姿に、ブログ主は大いに学ばせてもらおうと思います。

追伸:将来へのはっきりとした夢がなかったからこそ想定外の人生の方向転換に柔軟に対応できたという考え方もできるかも知れません。

確かに対応はできるかも知れませんが、方向転換した先にささやかな幸福を見出しそれに喜び感謝することは、おいそれと出来るものではない。そういった点でみね子ちゃんは偉人タイプの朝ドラヒロインとは異なる「心の偉人」ですね。

『ひよっこ』第4週 第21話 観賞後の感想

みね子ちゃん、時子ちゃん、三男くんが三人とも揃って明るい表情でバスに乗る姿は第1週以来のことかもしれません。そしてきっとこれが最後になるのかな?

「一人で東京行くの怖かったから」

レビュー冒頭からネタバレですが、次回はみね子ちゃんたちの卒業式の場面が描かれるはずです。ということは今回のバスの場面はいつもどおりの通学の最後の場面です。

そしてそれはまたいつもどおりの高校生活の最後の場面でもあります。

その高校生活最後の場面の前の晩の牛小屋で、就職先が一緒になったことを喜び合うみね子ちゃんと時子ちゃんの姿には泣かされました。

そして二人の姿はまた高校卒業後の二人を暗示しているようでもありました。

これまでどちらかといえば時子ちゃんはいつも堂々としていてしっかりしている。特にお父ちゃんがいなくなってから不安定気味だったみね子ちゃんをいつも心配していました。

一方で、もしお父ちゃんがいなくなるような事態にならなかったとしても、みね子ちゃんは時子ちゃんと比べてどこかあぶなげ。

身長の差も影響するのでしょうが、時子ちゃんが姉でみね子ちゃんが妹。そう見えないこともありませんでした。美代子さんと君子さんの母親二人が対等の関係に親友なのと比べて、娘二人の方はずいぶんと差があったかと思います。

ところがその差が逆転しました。

みね子ちゃんから就職先が決まったことを真っ先に知らされた時子ちゃんが号泣。号泣した時子ちゃんの涙はみね子ちゃんの就職を喜ぶ涙ではなくて、自分の安心感の涙でした。

「いがった、嬉しいよ。本当は怖かったから。ずっと怖かったから。一人で東京行くの怖かったから。嬉しいよ」

東京に旅立つ日が刻一刻と近づいて来て時子ちゃんは不安を募らせていたんでしょう。その張り詰めた糸が切れたかのような号泣ぶり。これまでついぞ見せたことのなかった、強がりのその奥にある弱さ。みね子ちゃんを祝福する心の余裕すら失っていました。

時子ちゃん、見た目によらずかなり弱い子のようです。

一方でみね子ちゃんは時子ちゃんに比べて背は小さいけれど器は大きいのかも知れません。時子ちゃんの涙が時子ちゃん自身のための涙だと気付いても動じず、その涙をありのまま受け入れる。

本来であれば自分が祝福されるはずなのに、何故か安心している時子ちゃんを慰めるポジションに立っている。

高校を卒後するまでは、時子ちゃんにせよみね子ちゃんにせよ、親に頼っていられる立場です。だから安心して強がっていられました、時子ちゃんは。

でも、もうすぐ親に頼ってばかりもいられなくなる。その時の時子ちゃんがちょっと心配。一方でみね子ちゃんはたいがいの困難な状況は乗り越えて行けそうですね。

みね子ちゃんの将来に安心感を持てたその一方で、時子ちゃんが夢を追う中で挫折した時のことがちょっとばかり怖くなって来ました。時子ちゃんの「夢の翼が折れないことを祈るばかりです」

追記:助川家の牛小屋での感涙の場面。

君子さんがもらい泣きするのは想定内。でも時子ちゃんのお兄ちゃんの豊作くんまでもが目に涙を浮かべるとは!豊作くんは想定外だったので、彼が涙目になって立ち尽くす姿が君子さん以上にグッときました。

口は悪いしドケチだけどやっぱり妹のことを可愛がってたんだね、豊作くん。

愛子さんがまさかの天然キャラ披露

和久井映見さん演じる愛子さんの本格登場は次週以降のはず。だから今週の登場、特に今回の愛子さんのキャラがよ〜くわかるまさかの登場場面に感激です。

自分から田神先生に電話をかけておきながら、お茶をひっくり返したあの瞬間にそのことが完全に意識から飛んだんでしょう。でなければ電話の相手に悪くてあんな悲鳴は出せない。

しかも意識から飛んだだけでなく記憶からも飛ぶとは。

受話器から漏れ聞こえてくる電話の向こうの田神先生の「もしもし!もしもし!」の声に対して「何の音?」って・・・(笑)

自分から電話をかけていたことをずいぶんと長い間忘れていた様子ですが、愛子さん次週以降ずっとこんな調子なんでしょうか。

追伸:ちょっとだけネタバレ。愛子さんは大のプロレス好きなのだとか。愛子さんの燃える闘魂場面を僕は心待ちにしています。

<<前回20話 | 次回22話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. えびすこ より:

    幸運にも決まった就職先が時子と同じで良かったですね。
    2人は東京でもしばらく一緒に過ごすことになりそうです。

    ところでみね子は10月以降は学校に行く時ももんぺがジャージのズボン(あるいは制服の一部か)をはくことが多いですね。女子中高生で寒い日に校内でスカートの下にジャージのズボンをはく人がいますが、登下校時に上がセーラー服で下がジャージと言うのは珍しいですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      ジャージ・・・あのモンペみたいなものでしょうか。当時を知る人によると寒い季節にはかなり一般的だったみたいです。

  2. バース より:

    牛小屋のシーンで、みね子ちゃんが被っていたニット帽・・・・

    あれはこの時代にはまだないもので、おそらくツモリチサトブランドの高級品です。うーん、細かいところまで気を付けた演出にしてほしい・・・。

    感動的でしたが、唯一引っ掛かりました・・・。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      ツモリチサトというブランドは初めて知りました。僕は『あまちゃん』のアキちゃんが一時期似たような格好してたなと思いながら観てました。

  3. よるは去った より:

    愛子「きゃあ!大変!・・・・・。」田神の電話の声「もしもし!もしもし!」愛子「何の音?」 予告で見てもキリキリッとした現代で言うキャリアウーマン、ハンサムウーマンと思いきや、ひるたまさんが記された通り「ちりとてちん」のあのお母ちゃんと五十歩百歩のキャラでんな。ネタバレによるとプロレス好き?あのキャラで?ゾオーッ(寒気)?何をやらかすか何となく想像が・・・・・。テレビでプロレス観戦に夢中になり過ぎている彼女の「空手チョップ」の犠牲(?)になっている人もいるかも・・・・・・。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      本日、東京編の新キャストが発表されましたが、愛子さんがかすみかねない個性派揃いですね。ますます楽しみになってきました。

  4. ひるたま より:

    「キャーーーッ!!」
    …お茶をこぼし、受話器をそのままにしてひたすら慌てる愛子さん…早くも天然キャラ発揮ですね!(^0^)
    『ちりとてちん』の糸子お母ちゃんそのまま…(^^;)
    (その間、電話を切らずにひたすら「もしもし!もしもし!」と呼びかけつつ待ち続けた田神先生も…ですが(^m^;)

    ところで。
    昨日の放送分を見て感じたのですが…宗男叔父ちゃんの奥さん=滋子おばちゃん(静ちゃん)と叔父ちゃんが未だ同一フレームで登場していませんね。
    2ショットが見られる日は来るのでしょうか??(^^;)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      愛子さん、登場2回目から飛ばしてくれますね〜。おそらく今週の土曜日にも再び登場してまた何かやらかしてくれそうな気がします。うれしすぎます。

      宗男おじさん夫妻。そうなんです。何故か二人で揃って出ない。宗男さんはいつも一人。何かを狙ってるんでしょうか。

  5. 安ママ より:

    今日も泣かされましたー。
    ホントに田神先生みたいな先生ばかりなら、世の中きっともっといい方向に向いてたと思います。
    田神先生の指に結婚指輪。きっといい旦那さんなんだろうな。
    牛小屋で時子ちゃんと話してる時、みね子が「もう~」って言った時、牛さんも「モー」
    これは偶然?狙ってました?(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      「モー」明らかに狙ってたような気がします。わざわざ牛の顔のカットを入れたして。そもそもこれを狙うために、抱擁場面を牛小屋に設定したのでしょうか?(笑)