ひよっこ 第11週 あかね荘にようこそ!

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年6月12日 〜 6月17日放送
第11週「あかね荘にようこそ!」

『ひよっこ』第11週「あかね荘にようこそ!」あらすじ

東京に戻ったみね子は、年明けから暮らすあかね荘の管理人・立花富を訪ねました。富を筆頭に、理詰めで正論しか言わない慶応大生・島谷純一郎、売れない漫画家・新田啓輔、そして見合いに失敗し続けている久坂早苗と、あかね荘の住人は変わり者ばかりです。

正月が終わり、すずふり亭での仕事がはじまります。みね子はここでも新しい仕事にすぐに慣れることができませんでした。ホールを担当する先輩・高子の指示は耳に入らず、客の注文にも追いつくことが出来ません。

しかし鈴子たちはそんなみね子を時に厳しく時に優しく応援しました。休憩時間に鈴子たちに連れられあんみつを食べに行ったり、仕事をすべて終えた後に鈴子たちと銭湯に通う中でみね子はすずふり亭の面々と心を通わせはじめます。

一方、鈴子の息子・省吾にはケンカ別れした一人娘がいることをみね子は聞かされます。省吾はまた、亡き父のような笑顔を絶やさぬ男を目指すもののそれが出来ない自分にもどかしさを感じていました。そんな省吾にみね子は優しさを見出すのでした。

<<前週 第10週 | 次週 第12週>>

『ひよっこ』第11週 各回あらすじとレビュー

第61話 6月12日(月)
第62話 6月13日(火)
第63話 6月14日(水)
第64話 6月15日(木)
第65話 6月16日(金)
第66話 6月17日(土)

『ひよっこ』第11週 今週の時代背景解説と事前発表あらすじとレビュー

あかね荘の面々が楽しすぎる(怪しすぎる)

今週から東京編の第二幕のスタートと言ったところでしょうか。向島電機が倒産し乙女寮に住み続けることが出来なくなったみね子ちゃんの新しい勤め先が洋食屋のすずふり亭。そして新しい住まいが今週のサブタイトルにもなっている「あかね荘」です。

詳しくは見てのお楽しみですが、このあかね荘の住人たちが個性豊かであやしさも満載でとにかく面白い!

今週はこれら愉快な住人たちの紹介がお話の半分くらいを占めることになりそうです。以下に今週から登場するあかね荘の面々の簡単なプロフィールをまとめておきます。

▼久坂早苗(あかね荘住人)
事務員(自称オフィスレディー)としてどこぞの会社に勤務している。言いたいことをズケズケと言うので恐れられている。そんな性格が災いしお見合いは40連敗。

『まれ』で男運に恵まれず、男をあきらめカリスマパティシエとなった陶子さん。彼女をもっと怖くした感じのキャラクターです。

▼新田啓輔(あかね荘住人)
藤子不二雄を目指すまったく売れない残念な漫画家。『ごちそうさん』の室井さんの東京時代に通じるものがあるような気がします。

▼島谷純一郎(あかね荘住人)
とても気になるキャラクターの登場です。もしかすると東京編・第二幕で彼は注目のキャラクターになるかも知れません。

何故なら彼は慶應大学の秀才。いいところの御曹司ながら下積みを経験するため安いアパート暮らし。そんなプロフィールに加えて『梅ちゃん先生』の松岡くんや『ごちそうさん』の悠太郎にそっくりな性格を持ち合わせているのです。

赤坂警察のおまわりさんに次ぐ、みね子ちゃんの恋バナの候補になりそうです。

▼立花富(あかね荘の管理人)
あかね荘の住人たちが誰にも語ったことのないはずのそれぞれの秘密を何故かすべて知り抜いていると言う、怪しさの頂点に立つ最強キャラ。

人の心をすべて見通しているかのような老獪さは、『まれ』で田中裕子さんが演じた文さんを思い出さずには入られません。

昭和41年(1966年)1月の出来事

ドラマの中では前週の終わり頃に年が明け昭和41年(1966年)となりました。日本経済もこの頃には東京オリンピック後の反動不況を乗り越えいざなぎ景気に突入。

そんな時代を背景にした今週ですが、正月明けのわずか数日間の極めて短い日々のエピソードがドラマの中で進行します。

そんなお正月の数日間の昭和41年1月2日。みね子ちゃんが茨城から東京に戻ったちょうどその頃、その後の日本のテレビ史にその名を残す名作が誕生。放送が開始されました。

その名作は『ウルトラQ』

その後のウルトラマンシリーズの原点となる名作です。

ウルトラ兄弟がまだ登場していないことから、その知名度は『ウルトラマン』や『ウルトラセブン』にやや劣るものの、『ウルトラQ』がなければ今に至るまで続くウルトラマンシリーズは誕生していなかったはずです。

『ひよっこ』第11週 一週間のエピソード観賞後の感想

kanso

<<前週 第10週 | 次週 第12週>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


6 Responses to “ひよっこ 第11週 あかね荘にようこそ!”

  1. ひるたま より:

    既知の通り昨日、東京編の追加キャストが発表されました。
    一癖以上あるキャラクターのオンパレードだな~!というのが、サイト等を見て率直に感じた印象です。
    最初の就職先(向島電機)は学生時代の延長的な雰囲気もありそうですが、就職先の倒産によってみね子ちゃんが出くわす先には正に一癖以上ある&怪しげな登場人物が多数…!(@_@;)

    ドラマの「お約束」ですが、みね子ちゃんにもしっかりと「試練」が用意されている展開でしょうね…きっと。
    渡る世間に「鬼はない」のか、「鬼ばかり」なのか…???(;^_^A

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      奥茨城村の登場人物たちとテイストがまるっきり異なるキャラクター揃いですね。やっぱり東京は怖いところです(笑)

  2. ひるたま より:

    すずふり亭の‘綿々’ならぬ‘面々’でしょうか。(失礼致します)

    「省吾のケンカ別れした一人娘」
    この先、物語に登場するのか否か…ちょっと気になりますね。(^^;)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      誤変換のご指摘ありがとうございます。全く気が付きませんでした。

      すずふり亭のご令嬢。父娘が確執を乗り越え和解する場面を期待しています。

  3. なり より:

    はじめまして。ごちそうさんの頃からいつもこちらのサイトを拝見しています。
    みね子がお世話になるあかね荘の住人たちのプロフィールを読み、「ちゅらさん」の一風館の人々を思い出しました。
    ※同じ脚本家ですしね♪
    みね子と住人たちの面白い生活になるだろうな、と今から楽しみです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      はじめまして。『ごちそうさん』からですか!ありがとうございます。

      一風館、通じるものがありますね。過去作で視聴者に好評だった要素は取り入れてゆくということなので、テイストを似せてくるかも知れません。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ