向島電機の乙女寮に到着 / ひよっこ 第25話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年5月1日(月)放送
第5週 第25話「乙女たち、ご安全に!」

『ひよっこ』第5週 第25話 あらすじと見どころ解説

arasuji

上野駅に到着したみね子と時子、そして二人の同期入社となる澄子と豊子は、愛子の引率により墨田区向島に向かいました。

みね子たちは向島の工場街の一角に立つ向島電機に到着。

愛子は皆の職場となる向島電機のトランジスタ工場、そして女子工員たちが暮らしている乙女寮にみね子たちを案内します。

寮の食堂では、乙女寮で暮らす先輩寮生たちにコーラスの歌声で迎えられ、みね子たち四人は思いがけない歓迎に感激します。

暖かい雰囲気の中で迎えられたみね子でしたが、茨城の実家の家族たちのことを思い出さずにはいられないのでした。

<<前回24話 | 次回26話>>

midokoro
今週から物語の舞台は奥茨城村から東京の向島へと移ります。奥茨城村の愉快な人々との別れで寂しくなりますが、東京の人々も奥茨城に負けず劣らず楽しい人ばかり。

前週の最後に初登場を果たした愛子さんが今回その「楽しさ」を炸裂させてくれます。

『ひよっこ』第5週 第25話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

ブログ主が一番心待ちにしていたサイドキャラは、みね子ちゃんたちが暮らす女子寮・乙女寮の舎監・愛子さん。和久井映見さんが演じます。

和久井映見さんと言えば忘れられないのが朝ドラ『ちりとてちん』で演じた、朝ドラ史上最笑のお母ちゃんとのほまれも高い糸子さんです。

「蟹もタテに歩かせたら目を回す」など数々の名言を残し、突き抜けた天然キャラの予測不能な行動の数々は何回繰り返しみても色あせることなく笑わずにはいられない。

そんな糸子さんと遜色ないような天然キャラとなって、和久井映見さんが朝ドラに戻ってきました。

前週の終わりに初の登場を果たした愛子さんでしたが、本格的な登場は今回から。そして、初の本格登場回からその天然ぶりで笑わせてくれそうです。

どこで笑えるのは詳しくは見てのお楽しみとしますが、今回に限らず愛子さんの天然な性格を炸裂させた活躍が楽しみでなりません。

その一方で、天然のその奥に見え隠れする優しい心が涙腺を攻撃してくる見通しです。

奥茨城の人々同様に笑いながら泣いたり、泣きながら笑ったりするキャラクターであることをブログ主は心から期待しています。

さて、毎回笑いと涙の両方がある本作『ひよっこ』。

愛子さんが早速、笑いをとってくれるその直後にはちょっぴりホームシックにかかるみね子 ちゃんに泣かされそうです。

『ひよっこ』第5週 第25話 観賞後の感想

kanso

<<前回24話 | 次回26話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ