乙女寮での生活が始まる / ひよっこ 第26話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年5月2日(火)放送
第5週 第26話「乙女たち、ご安全に!」

『ひよっこ』第5週 第26話 あらすじと見どころ解説

arasuji

みね子、時子、澄子、豊子たち新人がともに暮らす乙女寮の一室では、優子、そして寮生たちの指導係をつとめる幸子が同室でした。

優子は身体が弱いながらも家族のために働き、幸子は働きながら通信制高校で勉強し仕事も勉強も誰よりも優秀だと舎監の愛子が紹介しました。

続けて愛子から寮生活での決まりごとを伝えられた新入りの四人は、それぞれが持参した荷を解きこれから始まる新生活に備えます。

新人たち四人の乙女寮でのはじめての夜、幸子と幸子が率いるコーラス部の先生が恋仲にあることを知り、面々は恋の話にもり上がるのでした。

midokoro
寮生たちの母親のようだけれど、この人について行っても大丈夫なんだろうかという一抹の不安がないこともない愛子さん。

そんな愛子さんとは正反対の安定キャラが幸子ちゃん。乙女寮の寮長として愛子さんよりも乙女寮のことを知り尽くしているのだそうです。

<<前回25話 | 次回27話>>

『ひよっこ』第5週 第26話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

朝ドラ『カーネーション』のヒロイン糸子さんの最晩年の頃だったでしょうか。

糸子さんの孫娘で、いつもジャージを着ているヤンキーが糸子さんの家に身を寄せていたことがありました。

はじめのうちこそ糸子さんに対して反抗的な態度を示していた孫娘・里香ちゃんでしたが、いつしか祖母に心を開き・・・

そんなちょっと屈折した少女を熱演した小島藤子さんが、寮長の幸子ちゃんを演じます。

幸子ちゃんの出身は山形県。中学校を卒業して向島電機に集団就職。誰よりも仕事がよく出来る上に、仕事の後には通信制高校で勉強を続けそこでの成績もトップクラス。

奥茨城編ではついぞ登場することがなかった優等生キャラの登場です。

ところで『ひよっこ』では、宗男さんみたいな変なおじさんですら、単なる変なおじさんでは済まない奥行きの深いキャラクター設定がされています。

寮長の幸子ちゃんも、型にはまった優等生とは一線を画す味わい深いキャラとして楽しませてくれることを期待しています。

話変わって、みね子ちゃんと時子ちゃんが暮らす乙女寮は六人部屋。みね子ちゃんと時子ちゃん以外、幸子ちゃんを含めて四人の女の子がともに生活を送ることになります。

これら四人の女の子たちの出身県は、山形県、福島県、青森県、秋田県。

東北限定ではありますが様々な県から集まってきた子たちとの共同生活は『あまちゃん』へのオマージュでしょうか。

『ひよっこ』第5週 第26話 観賞後の感想

kanso

<<前回25話 | 次回27話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ