工場でみね子がミス連発 / ひよっこ 第27話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年5月3日(水)放送
第5週 第27話「乙女たち、ご安全に!」

『ひよっこ』第5週 第27話 あらすじと見どころ解説

arasuji

みね子が東京で初めて迎えた朝。その日からみね子たち新人は向島電機のトランジスタラジオ工場で働き始めました。

主任の松下が朝礼を行い、乙女寮で同室の幸子と優子がみね子たちに作業を指導。

新人四人が見本品を使って作業をする姿を観察していた幸子は、それぞれの手際の良し悪しに応じて流れ作業の割り振りを決定。

みね子の評価は高くはありませんでした。

そして新人四人は流れ作業の中に組み込まれるものの、手先の不器用なみね子は立て続けにミスをし、その度にベルトコンベヤーを止めてしまうのでした。

midokoro
第2週で美代子さんが実お父ちゃんの行方を探しに東京に行った日の夜のこと。茂じいちゃんの縄編みの手伝いをみね子ちゃんがしました。

しかしみね子ちゃんは手先が不器用でなかなかうまく編むことが出来ない。

その残念な仕上がりには茂じいちゃんもあきれる。そんな場面がありましたが、その時に紹介されたみね子ちゃんの不器用ぶりが今回描かれるエピソードの中で回収されます。

<<前回26話 | 次回28話>>

『ひよっこ』第5週 第27話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

みね子ちゃんの社会人第一日目のはじまりです。

向島電機の同期入社はみね子ちゃん含め四人。みね子ちゃん、時子ちゃん。そして澄子ちゃんと豊子ちゃん。澄子ちゃんと豊子ちゃんは中学校を卒業したばかりです。

工場で初めての仕事は、サンプル品を用いて四人の新人工員さんたちの手先の器用さんのチェックです。

新人四人の仕事ぶりが評価される中、不器用なみね子ちゃんはからくも最下位だけは免れましたが評価は下から二番目。中学校を出たばかりの子にも負けました。

そして今回からしばらくの間、自分の手先の不器用さにみね子ちゃんは悩まされることになりそうです。

気の毒な姿が続きそうですが一つだけ救いが・・・

『とと姉ちゃん』のヒロイン・常子ちゃんは、女学校を卒業後すぐに入社した商社のタイプライター室で意地悪な先輩たちに随分いじめられました。

しかも、ただ一人心を許していた同期の女の子の裏切りにも遭う始末。

あの時は観ていてつらかった。常子ちゃんが痛々しかった。

でも、みね子ちゃんについてはそんな心配はしなくても大丈夫そうです。ちょっとばかり人間関係のトラブルも発生しますが、奥茨城の時と同様、感じの悪い人物にイライラさせられるようなエピソードは向島電機でもないみたいですよ。

『ひよっこ』第5週 第27話 観賞後の感想

kanso

<<前回26話 | 次回28話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ