工員だった愛子の昔の話 / ひよっこ 第28話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年5月4日(木)放送
第5週 第28話「乙女たち、ご安全に!」

『ひよっこ』第5週 第28話 あらすじと見どころ解説

arasuji

工場の流れ作業で、みね子はミスを繰り返しました。

時子たちがみね子をフォローするものの、その気づかいが目に見えない圧力となり、みね子のミスはますます増えるばかりです。

そんなみね子を愛子が励ますものの、その励ましの言葉を心のゆとりを失ったみね子は負担に感じていました。

ついに愛子に対して良くない印象を抱きはじめるみね子に、幸子は思いがけない話を聞かせます。

愛子もかつてミスを連発する不器用な工員でした。しかし、亡き両親に代わって弟と妹を食べさせるその懸命な働きぶりが認められ、舎監に抜擢されたのです。

その話を聞かされたみね子は、その晩、愛子に詫びるのでした。

midokoro
みね子ちゃんの叔父・宗男おじさんも見た目の「変なおじさん」からは想像もつかないような心優しき茨城の紳士でした。

同じように本作最強レベルの天然キャラ・愛子さんもまた、見た目の天然ぶりからは想像もつかないような人生を歩んできました。

愛子さん、そろそろ泣かせてくれるかな?

<<前回27話 | 次回29話>>

『ひよっこ』第5週 第28話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

昭和40年(1965年)の時点で年齢が40代ということは、愛子さんはもしかすると大正生まれでしょうか。

愛子さんが向島電機に入社したのは15歳の時。大正の終わり頃に生まれて15歳で入社したということは日米が開戦する数年前の頃のこと。

愛子さんは両親を早くに亡くしたのだそうです。そのため、弟と妹を食べさせつつ学校にまで通わせるために向島電機の工員になったという苦労人です。

しかも苦労はそれだけではありません。

みね子ちゃんと同じように手先が極めて不器用だったということです。現状の天然キャラぶりからも手先の不器用さは察しがつきます。

そんな不器用さを努力して克服してきた過去があるので、自分の不器用さに焦りまくるみね子ちゃんの気持ちがよくわかるのかも知れませんね。

そんな良き理解者に恵まれたみね子ちゃんは幸せ者です。

手先の不器用さで窮地に立つみね子ちゃん。そんなみね子ちゃんを暖かく見守りながらも、時おり天然キャラを発揮してくれそうな愛子さん。

涙と笑い、両方の誘う場面が毎回出てくるサービス精神はこの週でも健在のようです。

『ひよっこ』第5週 第28話 観賞後の感想

kanso

<<前回27話 | 次回29話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ