時子と豊子がケンカする / ひよっこ 第29話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年5月5日(金)放送
第5週 第29話「乙女たち、ご安全に!」

『ひよっこ』第5週 第29話 あらすじと見どころ解説

arasuji

就寝時間となった乙女寮で、時子と豊子が言い争いをはじめました。

作業をミスを繰り返すみね子を時子がかばっていることを豊子が指摘し、それがケンカに発展してしまったのです。

幸子と優子が仲裁に入るものの、頭に血がのぼった時子と豊子は聞く耳を持ちません。

一方、ケンカの原因が自分にあると気づいたみね子は、眠ったフリをすることしか出来ませんでした。

ほどなくしてケンカは収まりました。

この夜の騒動を機にみね子ら女子工員たちはさらに絆を深めるのでした。

midokoro
不器用すぎるみね子ちゃんが繰り返す仕事のミスをめぐって、ついに同室の寮生たちの間で争いごとが勃発!

でも安心してください。よくありがちな陰険極まりない、トゲトゲしいケンカにまでは発展しません。

そして仲直りをする中で、また笑いと涙を提供してもらえますよ。

<<前回28話 | 次回30話>>

『ひよっこ』第5週 第29話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

乙女寮の寮生たちのケンカの、そもそもの原因と言えば手先が不器用すぎてミスを連発し流れ作業の支障をきたすみね子ちゃんの仕事ぶりです。

みね子ちゃんの仕事ぶりが火薬ならば、豊子ちゃんの口の利き方は引き金です。

向島電機の四人の新人の中で、一人だけ言葉にちょっとトゲがあって他の三人とはテイストが異なる豊子ちゃんは青森県出身。

中学校を卒業後、集団就職列車に乗って上京しました。(ちなみに上野駅に到着時、豊子ちゃんは愛子さんの天然キャラの被害を被ります)

中学時代は体育以外の成績はすべてが5という出身中学校ではトップの優等生。高校への進学を望んでいたものの、家が貧しく進学を断念したことが心に影を落としています。

奥茨城編、東京編含めて温厚な性格のキャラばかりの本作にあって言葉にトゲのある豊子ちゃんは異色の存在です。

しかし、そんな女の子がどうやって過去の悔しい思い出を克服してゆくのか。

豊子ちゃんの成長の物語は、乙女寮の寮生たちのエピソード中でも一番の見どころの一つになるかも知れませんね。

『ひよっこ』第5週 第29話 観賞後の感想

kanso

<<前回28話 | 次回30話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ