綿引がみね子を訪問する / ひよっこ 第30話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年5月6日(土)放送
第5週 第30話「乙女たち、ご安全に!」

『ひよっこ』第5週 第30話 あらすじと見どころ解説

arasuji

時子と豊子がケンカした末に、女子工員たちの結束が強くなった夜のあくる日。

幸子たちの応援に支えられて、みね子はようやく一回もミスをせずに一日の作業を終えることができました。

そしてみね子たちがはじめて東京で迎える日曜日。

赤坂のすずふり亭を訪れる予定でいたみね子は、父が失踪したことやそのために上京して就職したことを仲間たちにはじめて打ち明けました。

そのとき、赤坂警察署の綿引を名乗る青年が乙女寮を訪問。綿引の来訪の目的はみね子に会うことでした。

midokoro
乙女寮の寮生たちの間で起こったケンカもあっという間に解決し、またそのケンカがあったおかげでお互いへの理解を深めることが出来ました。

向島電機の新人たち、そして先輩工員たちの人間関係が磐石になったところで、みね子ちゃんたち新人は東京でのはじめての日曜日を迎えます。

<<前回29話 | 次回31話>>

『ひよっこ』第5週 第30話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

お話の流れを出来るだけシンプルに伝えるために、上の欄のあらすじからは実は三男くんのことを省いています。

おそらく第5週の土曜日の回あたりで、三男くんの近況が報告されるものと思われます。

参考までに三男くんが就職したのは東京日本橋のお米屋さん。昔、日本中のどこの商店街にもあったような小さな家族経営のお米屋さんのようです。

そんな小さなお米屋さんがどうしてわざわざ「金の卵」を採用したのか。それには深いワケがありました。いかにも三男くんが巻き込まれそうなワケが・・・

安倍米店の店主は善三さん。娘のさおりちゃんと二人暮し。この父娘がとにかく仲が悪い。安倍家はいつも険悪な空気に包まれています。

善三さんは出来ることなら怖すぎる娘・さおりちゃんと二人きりになりたくない。さおりちゃんとの間に緩衝材のような存在が欲しい。

それが三男くんが採用された理由です。

ところで善三さんが恐れおののくさおりちゃんは三男くんをも震え上がらせます。そんなさおりちゃんですが、ある時期より三男くんをロックオン。

ところでいつも嫁が怖いと言ってボヤいていた宗男おじさんと三男くんの二人、妙に息が合い仲が良かったことを覚えておいででしょうか。

宗男おじさんと似たところのある三男くん、将来は怖い嫁をもらう運命にあるのかも知れませんね。もしそんな運命を歩んでしまったら、時子ちゃんのことはきっぱり諦めてしまうのでしょうか?

三男くんの将来が気になりはじめてきました。

『ひよっこ』第5週 第30話 観賞後の感想

kanso

<<前回29話 | 次回31話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ