実が暮らした宿舎を訪問 / ひよっこ 第31話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年5月8日(月)放送
第6週 第31話「」

『ひよっこ』第6週 第31話 あらすじと見どころ解説

arasuji

行方不明になった実を探しに美代子が上京した際に、美代子に捜索の協力を申し出た警察官・綿引が乙女寮のみね子のもとを訪ねてきました。

みね子に請われ、綿引がみね子を連れて行ったのは実が暮らしていた宿舎でした。その殺伐とした雰囲気がみね子を驚かせます。

みね子は宿舎の管理人に実のことを尋ねるものの、管理人は実のことをよく覚えておらず、実の行方の手がかりをつかむことが出来ません。

失意の中、みね子は乙女寮に帰って来ました。

落ち込むみね子を、愛子や仲間たちは暖かく迎えるのでした。

midokoro
前週はみね子ちゃんの生活環境が激変し、行方不明になった実お父ちゃん探しをする余裕などありませんでした。

しかし東京に来て一週間。仕事にも慣れ、仲間たちともお互いの理解が深まったところでみね子ちゃんが東京にやって来た目的の一つであるお父ちゃん探しが始まります。

<<前回30話 | 次回32話>>

『ひよっこ』第6週 第31話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

実お父ちゃんと連絡が取れなくなり、奥茨城から東京に手がかりを探しにやって来た美代子さんは捜索願を出しに赤坂警察署にも足を運びました。

出稼ぎ労働者の失踪が相次ぐ中、多忙を極める赤坂警察署の担当官からけんもほろろの対応された美代子さんに対して「いばらでなくいばらですから」と救いの手を差し伸べてくれた好青年おまわりさん・綿引くんが再び登場します。

綿引くんは前の週の終わり頃にも少しだけ登場する場面が準備されているようですが本格的な再登場は今回からです。

ところで今回、みね子ちゃんは挨拶にやって来た綿引くんに連れられて乙女寮の近所(?)の喫茶店へと足を運びます。みね子ちゃん、生まれてはじめての喫茶店体験です。

喫茶店のメニューを見せられても、何を注文したら良いのかさっぱりわからないみね子ちゃんに代わって綿引くんが注文してくれたのはクリームソーダ。

美味しくてしかも見た目もキレイなクリームソーダに感激するみね子ちゃんが今回あたりで描かれるものと思われます。

ところで翌々週の『ひよっこ』第8週のサブタイトルは「クリームソーダと恋?」。そろそろ恋バナのフラグが立つかも知れませんね。

注意深くみね子ちゃんと綿引くんの二人の様子を観察したいと思います。

『ひよっこ』第6週 第31話 観賞後の感想

kanso

<<前回30話 | 次回32話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ