東京のみね子からの手紙 / ひよっこ 第32話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年5月9日(火)放送
第6週 第32話「」

『ひよっこ』第6週 第32話 あらすじと見どころ解説

arasuji

みね子が東京に旅立って一週間が経った頃、奥茨城の谷田部家にみね子からの手紙が届きました。

みね子が元気にしていることを知った美代子は涙を流し、はじめて手紙を受け取る経験をした進は姉からの手紙に心から感激します。

同じころ、角谷家にも三男からの手紙が届いていました。

三男は、仲の悪い米屋の店主とその娘の間に立たされ困り果てていたものの、そのことは胸に秘め、元気にやっていることだけを手紙で知らせていました。

一方、時子が家族に送った手紙のあまりの素っ気なさに、君子はあぜんとするのでした。

midokoro
物語の舞台が奥茨城から東京に移ったことで、奥茨城の愛すべき人々と会えなくなってしまうのかと寂しく思っていましたが、奥茨城の村の様子も忘れずに見せてくれるみたいです。

奥茨城の楽しすぎる三人のお母ちゃんたち、美代子さん、君子さん、きよさんにそれぞれの子供から手紙が届き、今回は久しぶりに奥茨城回となりそうです。

<<前回31話 | 次回33話>>

『ひよっこ』第6週 第32話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

今はメールやらLINEやらを使えば、たとえ海外にいてもインターネットにさえつながればいとも簡単に遠く離れた家族に連絡をとることが可能です。

だから家族からの連絡の価値はすっかり低いものになってしまいましたが、20年ほど前まではほとんどの人の連絡手段は電話か手紙でした。しかもあの頃、長距離電話は高かった!

そんな、家族からの連絡が涙を流すほどに嬉しいものだった時代を背景にした、家族からの連絡に実際に涙を流すお母ちゃんたちの姿が、朝から涙腺を狙ってきそうです。

みね子ちゃんからの手紙に美代子さんが涙し、涙を流す美代子さんの姿が視聴者の涙を誘うのは想定内。きっとそんな場面が今回あたりに描かれるはずです。

想定外なのは三男くんのお母ちゃん、きよさんです。

三男くんがまだ奥茨城の家にいるときは、あれほど悪態をつきまくっていたお母ちゃんが息子が親に心配かけまいとする気づかいを手紙の文面から察し涙する。

きよさんの見た目からはちょっと想像つきかねる繊細さ。その意外性が観る者の心を激しく揺さぶって来そうです。

ところで、ほぼほぼ毎回と言っても差し支えないレベルで、涙と笑いの両方をドラマの中にしっかりと仕込んでくれる本作『ひよっこ』。

美代子さんときよさんの二人のお母ちゃんで涙は確定です。

では笑いは?

時子ちゃんの手紙とその手紙に対する天然のお母ちゃん・君子さんの反応が、涙と抱き合わせの笑いを担ってくれる見通しです。

『ひよっこ』第6週 第32話 観賞後の感想

kanso

<<前回31話 | 次回33話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ