コーラスに加わるみね子 / ひよっこ 第33話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年5月10日(水)放送
第6週 第33話「」

『ひよっこ』第6週 第33話 あらすじと見どころ解説

arasuji

みね子たち新人が、幸子が率いる乙女寮のコーラスに加わることになりました。

そして迎えたコーラスの練習当日。

幸子の恋人でコーラスの指導をつとめる高島雄大が、レッスンのために乙女寮にやって来ました。

寮生たちの歌声は素人とはとても思えぬ美しさで、新人たちを感激させます。

コーラスの練習が終わり、食堂の料理人・和夫がつくった軽食を寮生たちが楽しんでいるその時、警察官の綿引が血相を変えて飛び込んでくるのでした。

midokoro
あらすじをシンプルにお伝えするために、幸子ちゃんの恋人の高島雄大くんの存在はあらすじ欄では省略していましたが、前週から彼の出番はちょくちょくあるはずです。

その雄大くんが今週あたりから本格的に出番が増えそうです。

<<前回32話 | 次回34話>>

『ひよっこ』第6週 第33話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

雄大くんを演じるのは井之脇海さん。『ごちそうさん』でヒロイン・め以子の実の弟で、ドラマの中では前編にだけ出演していた卯野照生を演じた彼です。

『ごちそうさん』では軽くちを叩いてお姉ちゃんを泣かせてしまっても平然としている図太さが、なかなかいい味を出しているキャラを好演していました。

『ひよっこ』の雄大くんは、恋人の幸子ちゃんと同様にどこぞの工場に勤務。稼ぎはあるものの、もらった給料の大部分は大好きな音楽に注ぎ込む。

だからいつもお金がない。

そこで、好青年おまわりさん・綿引くんをうまいこと口車に乗せて食事をせしめるなど、ひょうひょうとしているようで実は図太い、その絶妙なバランス感覚が楽しいキャラです。

ところで雄大くんは、いわゆる反体制の考え方の持ち主です。昭和40年当時には世間を騒がせていた若者の一人です。

同じ頃『べっぴんさん』の龍ちゃんもこの考え方に染まってましたね。ヘルメットには「反体性」と間違った漢字が書かれてましたが(笑)

さて、そんな考え方の持ち主である雄大くんの立場からすれば、綿引くんは体制側の人。ズバリ、敵です。にもかかわらずこの二人は妙にウマが合う。

そんな微妙な関係も含めて、井之脇海さんが雄大くんという難しそうなキャラをどう演じて見せてくれるのか。『ごちそうさん』以来、彼に注目しているブログ主はとても楽しみにしています。

『ひよっこ』第6週 第33話 観賞後の感想

kanso

<<前回32話 | 次回34話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ