美代子手作りのブラウス / ひよっこ 第35話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年5月12日(金)放送
第6週 第35話「」

『ひよっこ』第6週 第35話 あらすじと見どころ解説

arasuji

みね子が初任給をもらう日がやって来ました。

みね子は早速、もらった給料の6,000円のうち5,000円を奥茨城の実家に仕送りします。

その数日後、みね子は気に入ったブラウスを見つけるものの手元に残ったわずかなお金ではそれを買うことが出来ません。

がっかりするみね子に実家から荷物が届きました。美代子が手作りのブラウスを送ってくれたのです。しかもそのブラウスはみね子が買えなかったものとそっくりでした。

そして迎えた日曜日。みね子は母が作ってくれたブラウスを着て赤坂のすずふり亭に足を運ぶのでした。

midokoro
みね子ちゃんの記念すべき初任給をもらう日を迎えました。

みね子ちゃんの初任給の手取りは6,000円です。そのうちの5,000円を奥茨城村の家族のために仕送りをして残る1,000円が自分のお金。

寮生活なので生活費がそれほどかからないとは言え、涙ぐましい仕送り額。仕送りの金額を聞かされただけでブログ主はもう泣きそうです。

<<前回34話 | 次回36話>>

『ひよっこ』第6週 第35話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

みね子ちゃんのもらった給与明細は次の通りです。

総支給額は12,000円。ここから色々なお金が天引きされます。

所得税、住民税、社会保険料。そして財形積立。さらに乙女寮で出される食費や寮費なども給料から天引きされるので、実際にみね子ちゃんがもらえる金額は6,000円となります。

この6,000円の大部分の5,000円を実家に仕送りするので残りは1,000円。他の寮生の女の子たちもみんなみね子ちゃんと同じように仕送りしています。

だからみんなお金がない。銭湯帰りに美味しそうなラムネが売っていても一人一本づつ飲むことは出来ず一本を分けあって飲み、コッペパンもみんなで割り勘です。

そんな中、可愛いブラウスを見つけたみね子ちゃん。この年頃の女の子なら欲しくて欲しくてたまらないはず。でもお金がないから買えない。

その憧れのブラウスを、お金に少しだけ余裕がある先輩工員は買うことが出来た。みね子ちゃん、これは切ない!

その切なさが喜びに反転する今回のエピソード。ブログ主はこう言う話が大好物です。涙腺決壊の準備を整えてこの回を観ようと思います。

『ひよっこ』第6週 第35話 観賞後の感想

kanso

<<前回34話 | 次回36話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ