みね子がすずふり亭訪問 / ひよっこ 第36話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年5月13日(土)放送
第6週 第36話「」

『ひよっこ』第6週 第36話 あらすじと見どころ解説

arasuji

初任給をもらったみね子は、かつて実と美代子が世話になったという赤坂のすずふり亭の面々に感謝の言葉を伝えるために足を運びました。

みね子の状況を美代子の手紙で知らされていた鈴子と省吾は、みね子を歓迎します。

みね子がすずふり亭を訪ねたのにはもう一つの目的がありました。はじめて自分の力で稼いだお金で、すずふり亭の洋食を食べるつもりだったのです。

しかし、みね子が使えるお金ではコロッケ一つしか頼めません。

自分のお金で食事をしたいというみね子の気持ちを大事にしたいすずふり亭の面々は、コロッケ一つの注文をこころよく受けました。

そしてコロッケを美味しそうに頬張るみね子を、鈴子は心から励ますのでした。

midokoro
『あまちゃん』のヤング春子さんと夏ばっぱ。天野母娘の感動の再会です(笑)

ネタとして盛り上がりそうな今回はまた、ヒロインみね子ちゃんと『ひよっこ』でとても重要な役割を担う鈴子さんの記念すべき初顔合わせの日です。

実お父ちゃんの偶然の東京での出会いが、実お父ちゃんが知らないところでとても大切な出会いへと発展しました。

<<前回35話 | 次回37話>>

『ひよっこ』第6週 第36話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

かつて、これから奥茨城に帰る実お父ちゃんに、故郷で待つ家族のためにポークカツサンドを持たせてくれた鈴子さん。

失踪した夫の手がかりをつかみに美代子さんが上京した際にも、差し入れを持参し夜明けまで話し相手になってくれるなど、その心づかいが観る者の涙を誘った鈴子さん。

両親が世話になった鈴子さんに、ついにみね子ちゃんは会うことが出来ました。

ところで今回、みね子ちゃんはすずふり亭でコロッケを一つだけ注文します。と言うか、コロッケ一つを注文するのがやっとです。何しろお金がありませんから。

これまで実お父ちゃんに手土産を持たせ、美代子さんにも差し入れをご馳走した鈴子さんはどうしてみね子ちゃんに食事を振舞わないのか。

言うまでもなく鈴子さんは、みね子ちゃんの食事をご馳走しようとすすめます。でも、みね子ちゃんがそれを辞退します。

自分で稼いだお金で食事をすること。これから給料が良くなるに従い、もっといいものを注文できるようになること。

それはみね子ちゃんにとってのささやかな夢でした。女優になる夢を持って上京した時子ちゃんとは異なり、特段の夢がなかったみね子ちゃんの心の支えとなる夢でした。

そんなみね子ちゃんの気持ちを汲んで、鈴子さんもみね子ちゃんの望む通りにしたのです。

これから、みね子ちゃんの毎月末のすずふり亭通いのはじまりです。そしてみね子ちゃんはすずふり亭の面々から「月末コロッケ娘」という不名誉なニックネームをつけられることになるのです(笑)

『ひよっこ』第6週 第36話 観賞後の感想

kanso

<<前回35話 | 次回37話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ