故郷の祖母が恋しい澄子 / ひよっこ 第37話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年5月15日(月)放送
第7週 第37話「椰子の実たちの夢」

『ひよっこ』第7週 第37話 あらすじと見どころ解説

arasuji

みね子たち向島電機の新人たちが仕事や寮生活に慣れてきた頃、愛子には気がかりなことがひとつありました。

それは新人たちのホームシックです。

新しい生活に慣れ緊張感がなくなってくる時期になると必ずと言っていいほどホームシックに悩む新人が出てくるのです。

今年の新人も例外ではありませんでした。

故郷の祖母のことを恋しがりはじめた澄子は、仕事でミスを連発した挙句に仕事が終わった後にその姿が見えなくなってしまったのです。

midokoro
今週のサブタイトルの「椰子の実」とは、乙女寮の合唱隊が今週のドラマの中で歌う歌のタイトル。島崎藤村の詩に曲をつけてリリースされた戦前のヒット曲です。

遠く離れた故郷の岸から、見知らぬ国の岸辺に流れ着いた孤独な椰子の実に見立てられた乙女寮の新人たちのホームシック。見知らぬ国の岸辺で見る夢。

ちょっと切なくて、でも笑いもいっぱいある。今週はそんな一週になりそうです。

<<前回36話 | 次回38話>>

『ひよっこ』第7週 第37話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

仕事にもやっと慣れ、新しい生活環境にも馴染んで緊張感が少しだけゆるむ時期。そんな時期には決まってホームシックにかかる子が出ると愛子さんは案じていました。

その愛子さんの不安はみごとに的中しました。新人の一人、澄子ちゃんがホームシックにかかったのです。

彼女のプロフィールは第4週のドラマの中で説明されるとは思いますが、念のために本欄にもまとめておきます。

澄子ちゃんは福島県の中学校を卒業と同時に向島電機に集団就職。苦しい家計を助けるための就職でしたが、故郷の実家への思いは複雑でした。

澄子ちゃんは実母を亡くし、父親は再婚。そのため実家では半ば邪魔者扱いにされ肩身の狭い思いをしていたものの、自分を可愛がってくれたばあちゃんにだけは会いたい。

実家の中での切ないポジションが涙を誘います。

そして今回、澄子ちゃんがかかるホームシックは、故郷のばあちゃんのことを思い出したことがきっかけです。

この澄子ちゃんのばあちゃんの思い出話は、今回の笑いをとるネタとしてドラマの中で使われる見通しですが、どんなネタなのかは見てのお楽しみとします。

今週も、泣いたり笑ったり大忙しの毎日のはじまりです。

『ひよっこ』第7週 第37話 観賞後の感想

kanso

<<前回36話 | 次回38話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ