病院に担ぎ込まれる澄子 / ひよっこ 第38話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年5月16日(火)放送
第7週 第38話「椰子の実たちの夢」

『ひよっこ』第7週 第38話 あらすじと見どころ解説

arasuji

工場の仕事が終わってから澄子が姿を消してしまいました。

祖母に会いたがっていた澄子は故郷に帰ろうとしているに違いない。そう考えたみね子たちは上野駅まで澄子を探しに行くことにしました。

しかし澄子の姿は見つからず、その上、見ず知らずの男に声をかけられ怖い思いをしたみね子たちは乙女寮に戻ります。

寮に戻ったみね子たちは我が耳を疑いました。澄子が病院に担ぎ込まれたというのです。

みね子たちが血相を変えて向島中央病院に駆けつけると澄子はバナナを食べているとこでした。澄子は銭湯でのぼせただけだったのです。

この騒動を経て寮生たちの友情はますます深まるのでした。

midokoro なつかしい故郷のばあちゃんのことを思い出して涙を流していた澄子ちゃんが、仕事が終わった後に姿を消してしまいました。

その直前には元気がなく、仕事でミスを連発していた澄子ちゃんのことが心配です。

<<前回37話 | 次回39話>>

『ひよっこ』第7週 第38話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

澄子ちゃんのことが心配ではありますが、『ひよっこ』のお約束通り、澄子ちゃん行方不明騒動は行方をくらました理由ともども笑いとともに回収されます。ご安心ください。

澄子ちゃん行方不明騒動の最大の見どころは、澄子ちゃんがどこに消えてしまったのかと言う謎解きの楽しさもありますが、それよりも澄子ちゃんが姿を消した理由。澄子ちゃんが発見された状況。そしてその後の仲間たちとのやりとり。このあたりにあるかと思います。

乙女寮の仲間たちの間で勃発する小さなトラブルの数々。それが笑いと涙とともに実に手際よく回収され、その騒動を通して仲間たちの絆は日に日に確かなものとなってゆく。

みね子ちゃんはじめ乙女寮の女の子たちが、小さなトラブルと楽しい女子トークを積み重ねる中で、素敵な仲間たちに恵まれて良かった、この仲間たちといつまでも働いていたいと心から思う。

しかし・・・以下はネタバレが含まれます。

時子ちゃんは幼馴染みなので別格ですが、その他の女の子たちは近いうちにみね子ちゃんと別れを告げる日がやってきます。

この仲間たちといつまでも働いていたい。乙女寮の女の子たちが心からそう願った仲間たちは間も無くバラバラになってしまいます。

会者定離という言葉がありますが、出会いに別れはつきものです。出会いが素敵であるほど別れが悲しくなりますが、別れが悲しいからこそ出会いの価値もまた大きくなる。

そんな人生の真理を学べそうな『ひよっこ』第38回です。

『ひよっこ』第7週 第38話 観賞後の感想

kanso

<<前回37話 | 次回39話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ