オーディション挑む時子 / ひよっこ 第39話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年5月17日(水)放送
第7週 第39話「椰子の実たちの夢」

『ひよっこ』第7週 第39話 あらすじと見どころ解説

arasuji

時子がテレビドラマのオーディションを受けることになりました。

そのオーディションが近づいてきたある日、みね子たちは時子のために模擬オーディションを行いました。

模擬オーディションでは堂々と受け答えした時子でしたが、自分は本番には弱いからとみね子にオーディション会場への同行を求めます。

そして迎えたオーディション当日。

オーディション会場から出てきた時子の顔色がさえないのを見て、みね子はオーディションの結果を察します。

一方、乙女寮の寮生たちは時子とみね子の帰りを待ちわびているのでした。

midokoro
見知らぬ国の岸辺にたたずみながら遠く離れた故郷の岸辺を思い出す椰子の実・澄子ちゃんの一連の騒動が回収されました。

次の椰子の実は時子ちゃん。今週のサブタイトルにもなっている椰子の実の夢と、夢の小さな挫折の物語のはじまりです。

常に超然としている時子ちゃんが見せる意外にも弱い一面。時子ちゃんの夢の翼が折れないことを祈るばかりです。

<<前回38話 | 次回40話>>

『ひよっこ』第7週 第39話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

みね子ちゃんとは異なり時子ちゃんの東京での就職は自分で選んだ道でした。しかし、時子ちゃんはその道を歩んで行くことに少しだけ心にゆらぎが生じます。

みね子ちゃんたちが高校卒業を間近に控えた昭和40年1月。

就職するつもりなどなかったみね子ちゃんが、お父ちゃんを探すために上京することになり、就職先が時子ちゃんと同じ会社に決まった時、時子ちゃんは大泣きして喜びました。

実は時子ちゃんはたった一人で東京に行くことが不安でした。だから、みね子ちゃんの就職先が自分と同じ職場に決まったことがどれほど心強いかと時子ちゃんは涙ながらに喜んだのです。

あの時、時子ちゃんがはじめて見せた自分の弱いところが、今週、再び露わになります。

時子ちゃんは憧れの女優になるためのオーディションを受けるチャンスをつかみます。

時子ちゃんがチャンスを手にいれたことを喜ぶ乙女寮の仲間たちによる模擬オーディションでも堂々と受け答えが出来ました。

しかし、時子ちゃんは本番に弱い。そしてそのことを時子ちゃんは自分でもよくわかっている。だからたった一人でオーディション会場に行くのが怖い。たった一人では不安に押しつぶされかねない。そこでみね子ちゃんについてきてもらう。

さて、みね子ちゃんに頼って挑んだオーディションは、やっぱり本番に弱いという弱点のために結果は残念なことに。

ちょっとネタバレになりますが、近々、みね子ちゃんと時子ちゃんは離ればなれになってしまいます。その時、時子ちゃんはたった一人で自分の弱さを克服できるのでしょうか。

時子ちゃんの将来がちょっと心配になってきました。『ちりとてちん』のA子ちゃんや『あまちゃん』のユイちゃんのように挫折してブラック時子ちゃんになりませんように。

『ひよっこ』第7週 第39話 観賞後の感想

kanso

<<前回38話 | 次回40話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ