奥茨城の幼馴染みが再会 / ひよっこ 第40話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年5月18日(木)放送
第7週 第40話「椰子の実たちの夢」

『ひよっこ』第7週 第40話 あらすじと見どころ解説

arasuji

時子がオーディションに落ちてしまいました。

みね子たちの模擬オーディションではよどみなく受け答えしていた時子でしたが、いざ本番を迎えると緊張のあまり言葉がなまってしまったのです。

愛子に励まされたものの時子は落ち込む気持ちを隠しきれません。

そんな時子を元気づけようとみね子は一計を案じました。三男に手紙で時子が落ち込んでいることを知らせ、久しぶりに会うことにしたのです。

そして迎えた日曜日。

みね子、時子、そして三男の幼なじみたち三人は久しぶりに顔を揃えるのでした。

midokoro
失意の時子ちゃんの心を救うのは、苦労人ゆえに人の心の痛みとその痛みを和らげてくれるツボをよ〜く心得た愛子さんの励ましの言葉です。

天然キャラだけれど単なる天然では終わらない。愛子さんの、天然とはまた別の一面が今週の見どころのひとつです。

<<前回39話 | 次回41話>>

『ひよっこ』第7週 第40話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

ブログ主が考える『ひよっこ』の最大の魅力の一つ。それは一見すると変なキャラクターが実はとても深みを持った人物であるという意外な側面を持っているところです。

宗男おじさんが、まさにその代表格です。

朝ドラによく出る「変なおじさん」がブログ主は大好物です。宗男おじさんがド派手な格好で「変なおじさん」というナレーションとともに画面に初登場した時など、心からワクワクしたものです。久しぶりに「変な」のレベルが高いおじさんが登場したと。

そしてその期待は嬉しい形で裏切られました。実お父ちゃんが行方不明になった時、美代子さんの不安な気持ちを包み込むように暖めてくれるその優しさ。

聖火リレーの場面で、みね子ちゃんがゴール間際の階段を駆け上る時に、みね子ちゃんに対して「転ぶなよ!転ぶなよ!」と、ずっとみね子ちゃんの足元を心配してくれていた宗男おじさんのさりげない優しさもまぶしいほどでした。

その宗男おじさんと遜色ない「変な」レベルが高い愛子さんもまた、苦労人という知られざる一面を持っている上に、その苦労によって磨き抜かれた心の優しさに泣かされそうです。

本番に弱い時子ちゃんは、やっぱり本番で緊張するあまり持てる力を発揮しきれずオーディションを残念な結果に終わらせてしまいました。

でも、持てる力を発揮しきれずに不合格になったということは、本来持っているはずの実力が不合格になったわけではない。

そんな素敵な励ましの言葉がサラリと口から出てくる愛子さん。願わくば最後まで登場し続けて欲しいものです。

『ひよっこ』第7週 第40話 観賞後の感想

kanso

<<前回39話 | 次回41話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ