奥茨城の幼馴染みが再会 / ひよっこ 第40話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年5月18日(木)放送
第7週 第40話「椰子の実たちの夢」

『ひよっこ』第7週 第40話 あらすじと見どころ解説

時子がオーディションを終えてみね子のところに戻ってきました。オーディションの結果について触れようとはせず、つとめて明るく振る舞う時子の姿を見て、みね子はオーディションの結果を察しました。

同じ頃、乙女寮の面々もオーディションの結果を気にしながら時子の帰りを待ちわびていました。そんな中、幸子は豊子と澄子に注意します。時子が帰ってきて早々、結果を聞かないようにと。不注意な質問で時子を傷つけてしまうことを幸子は案じていたのです。

夕方。時子とみね子が乙女寮に帰ってきました。時子がオーディションの結果を告げるタイミングを見出せず、乙女寮の仲間たちも結果を聞きたくても聞けません。そんな中愛子は、受かったのか落ちたのかと気づかう気配もなく時子に尋ねました。

結果は失格でした。緊張して失敗したのです。失意の時子を励ました愛子の言葉は意外なものでした。実力を出し切れずに落ちたのならまだ望みがあると愛子は言うのです。それでも落ち込む時子に元気を出させようと、みね子は三男と会うことにするのでした。

<<前回39話 | 次回41話>>

midokoro

失意の時子ちゃんの心を救うのは、苦労人ゆえに人の心の痛みとその痛みを和らげてくれるツボをよ〜く心得た愛子さんの励ましの言葉です。

天然キャラだけれど単なる天然では終わらない。愛子さんの、天然とはまた別の一面が今週の見どころのひとつです。

『ひよっこ』第7週 第40話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

ブログ主が考える『ひよっこ』の最大の魅力の一つ。それは一見すると変なキャラクターが実はとても深みを持った人物であるという意外な側面を持っているところです。

宗男おじさんが、まさにその代表格です。

朝ドラによく出る「変なおじさん」がブログ主は大好物です。宗男おじさんがド派手な格好で「変なおじさん」というナレーションとともに画面に初登場した時など、心からワクワクしたものです。久しぶりに「変な」のレベルが高いおじさんが登場したと。

そしてその期待は嬉しい形で裏切られました。実お父ちゃんが行方不明になった時、美代子さんの不安な気持ちを包み込むように暖めてくれるその優しさ。

聖火リレーの場面で、みね子ちゃんがゴール間際の階段を駆け上る時に、みね子ちゃんに対して「転ぶなよ!転ぶなよ!」と、ずっとみね子ちゃんの足元を心配してくれていた宗男おじさんのさりげない優しさもまぶしいほどでした。

その宗男おじさんと遜色ない「変な」レベルが高い愛子さんもまた、苦労人という知られざる一面を持っている上に、その苦労によって磨き抜かれた心の優しさに泣かされそうです。

本番に弱い時子ちゃんは、やっぱり本番で緊張するあまり持てる力を発揮しきれずオーディションを残念な結果に終わらせてしまいました。

でも、持てる力を発揮しきれずに不合格になったということは、本来持っているはずの実力が不合格になったわけではない。

そんな素敵な励ましの言葉がサラリと口から出てくる愛子さん。願わくば最後まで登場し続けて欲しいものです。

『ひよっこ』第7週 第40話 観賞後の感想

「無敵」にはじまり「無敵」に終わる愛子

「無敵」にはじまり「無敵」に終わる愛子さんが今日も最強です。

受かったか落ちたかいきなり聞かないこと。あの澄子ちゃんですら幸子ちゃんの忠告を理解して受け入れたというのに、そんな気づかいとは異次元の場所に愛子さんは住んでいるんでしょうか。

目先の気づかいのもっと先を見据えているのか?それともただの天然?(笑)

愛子さんは長い舎監生活の中で、時子ちゃんみたいに夢破れて失意の中に沈む子をこれまでに何人も見てきたと言うことも考えられます。

だからそんな子にとって一番の薬はその場限りの気遣いよりも、未来に目と気持ちを向けさせること。合格したのならそれで良し。でも不合格なら出来るだけ早く次の機会に目と気持ちを向かせる。それが立ち直る秘訣。

「時子さんは緊張して本来の自分を発揮できなかった。完璧に出来て落ちたならともかく、そうではない。次は実力出しなさい。次頑張ればいいのよ」

今回の失格にまったく問題がないことを理路整然と説明した上で、次は大丈夫だと未来を信じさせるこの説得力。

愛子さん、この点でも「無敵」です。

ところで、未来を信じようという考え方は前にも一度披露されました。

それはみね子ちゃんのお父ちゃんの目撃情報を綿引くんが知らせに来たときのことだったでしょうか。(記憶違いなら申し訳ないです)

お父ちゃんは元気にしていた。でも元気だというのに何故連絡してくれないのだろう。深く落ち込むみね子ちゃんに対して、この時も愛子さんは未来に対して目と気持ちを向けさせました。あのときの説得力も見事だった。

つらいことがあっても頑張っている人を神様は応援する。・・・ここまでの励ましの言葉ならたいがいの人が言えるレベルです。

僕でも言えます、それくらいのことなら。

ところが愛子さんは続けて言いました。自分もつらいことがいっぱいあった。でも頑張っているから、自分にはすごい未来しかない。

自分は頑張っている。だから自分の未来はバラ色。それ以外にない。しかもそれを自慢げに言い切ってしまうことでみね子ちゃんに安心感を与えるところがまた秀逸でした。

さて今回、そんな愛子さんを見てみね子ちゃんが言いました。

「愛子さんすごいなと思いました。相手を楽にしてあげる人になりたいなと思いました」

今回の愛子さんを見て僕もまったく同じ思いです。

・・・ここまで人を感心させた上で、みね子ちゃんがサインをもらい忘れてきたことに対して本気でふてくされる。

愛子さん、やっぱりあなたは「無敵」です。

時子ちゃんの秘めた才能のフラグ?

時子ちゃんがオーディションに失格した理由。それは時子ちゃん視点では緊張しすぎてなまってしまったことです。本来なら標準語を使えたはずなのに。

一方でNHKの採用担当者視点だと、時子ちゃんを失格にした理由は演技力の不足でなく言葉のなまりのその一点・・・のような気がします。

担当者のおじさんたち、言葉のなまりにしか反応していなかったので。

そう考えると時子ちゃんにはまだまだ望みが残ってますね。と言うか、あの場で見せられたセリフを一瞬にして自分の中に落とし込めたからこそ標準語のセリフを方言に「翻訳」して芝居を出来たとも考えられます。

冒頭の早口言葉「武具馬具 武具馬具 三武具馬具(ぶぐばぐ ぶぐばぐ みぶぐばぐ)」はともかく、三つめのセリフ「あなた」が「おめえ」に変換されていたところは素晴らしい。

ただ単に字面を読んでいるのでなく、そのセリフを語る人になりきっていたからこそ出来た芸当ではないかと。

今回のオーディション。ただの失格に見えますが実は時子ちゃんの内に秘められた才能を暗示する将来へのフラグなのかも・・・と考えるのはうがち過ぎと言うものでしょうか。

<<前回39話 | 次回41話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひるたま より:

    こんにちは。(横入り失礼します)
    本日(7/28)放送分で、時子ちゃんのTVドラマの出演決定報告場面がありました。
    まいまいさんがこちらで書き込んだ通りの設定「茨城弁が話せる子」の役でデビュー!
    今朝ふと、こちらの書き込みを思い出した次第です。

  2. ひるたま より:

    「どうだった?受かった?落ちた?」
    幸子さん達を始めとする部屋のメンバー達が、何か腫物に触るような感じで時子ちゃんに接していた所にいきなりストレートに切り込む愛子さん…!
    見ながら最初は「あちゃ~!(@_@;)」とハラハラしましたが、不思議な程綺麗に回収されていましたね。(^o^)
    (色紙に関しては…みね子ちゃんがすっかり失念してしまっていた事は無理もないでしょう^^;)

    今日は愛子さんそして時子ちゃんの回だったように感じます。
    時子ちゃんのオーディション受験場面…失敗するシーン故に一歩間違えると重苦しくなりかねない場面ですが、何故か見ながら笑ってしまいました。先述した愛子さんが励ます場面も然り。
    演出、そして何よりも脚本担当の岡田さんの力量故でしょうね。

    神奈川県出身の佐久間由衣さんにとっては、「訛ってはいけない所でつい方言(茨城弁)が出てしまって失敗する」場面を演じる事はかなりハードルが高かったのではないかと感じましたが…見事に演じ切りましたね!(^o^)
    実は恥ずかしながら、佐久間さんの事は今作で初めて知りました。「モデル」としての佐久間さんの顔と時子ちゃんとの間に、良い意味でのギャップを感じています。将来が楽しみな女優さんですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      佐久間由衣さん、華やかさもあるので近い将来、朝ドラのヒロインに抜擢されることもあるかもしれませんね。そんな気がしています。

  3. まいまい より:

    近い将来、NHKの番組かドラマ収録で
    キャストのドタキャンや急病が発生して
    「北茨城弁が話せる子」が必要となり
    時子ちゃんに白羽の矢が立ち、それがきっかけで
    女優デビューするシーンがあるといいな~

    と思いながら見させていただきました。

    オーディションのセリフ3には、爆笑でした。^^

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      >「北茨城弁が話せる子」が必要

      時子ちゃんの演技力については悪い評価を下されたわけではないので、それはありですね。

  4. まっくす より:

    それにしても、色紙を次回まで預けるとか^^
    重箱を預かるとか 
    この手の話がよく出てきますね^^

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      「預ける」・・・ここに気づきませんでした。重箱は間違いなく回収されると思いますが、色紙も回収されてほしいものです。

  5. よるは去った より:

    愛子「時子さんは緊張していたから本来の自分を発揮できなかった・・・・・・だったら、諦めること無いじゃない・・・・・。」このプラス思考が今迄彼女を支えてきたのかな?婚約者と悲しい別れをする憂き目を見ることになっても。それにしても、時子「(寝言)もう一回やらせて下さい。」の側で澄子「(寝言)おかわり・・・・・カレー大盛り・・・・・。」 澄子ちゃんは場の和ませ役なのかな?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      食べることは生きること。『ごちそうさん』のテーマですが、澄子ちゃんの寝言を聞いてこの子はきっと強く生きて行けるなと思いました(笑)