時子を叱咤激励する三男 / ひよっこ 第41話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年5月19日(金)放送
第7週 第41話「椰子の実たちの夢」

『ひよっこ』第7週 第41話 あらすじと見どころ解説

arasuji

みね子のはからいで、みね子、時子、そして三男の幼馴染み三人は、日曜日に日比谷公園で再会することになりました。

みね子が時子を励まそうと三男を呼び出したことも、三男がやっとの思いで休みを取ったことも、みね子と三男は時子には黙っていました。

しかし時子は二人が自分を気づかってくれる優しい気持ちをすべて察していました。

時子は二人に心から感謝し、落ち込む時子を三男が叱咤激励します。

自分の恋心よりも時子の夢を応援しようとする三男の捨て身の姿勢に、みね子は心を打たれるのでした。

midokoro
奥茨城村の青年団の集まりで聖火リレー大会を提案すべく、ヤケドしそうなほどに熱い思いをプレゼンし、その男前ぶりが観る者の涙を誘った三男くん。

その情熱のプレゼン以来となる、三男くんの男前の姿が再び登場します。しかも男前の姿を披露する今度の相手は時子ちゃんです。

<<前回40話 | 次回42話>>

『ひよっこ』第7週 第41話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

本番で緊張のあまり持てる力を発揮できなかったことがオーディション不合格の理由なら、持てる力そのものが評価されたわけではない。

オーディションで失態を演じてしまい深く落ち込む時子ちゃんを愛子さんは、人生の辛酸をなめつくした人だけが口に出来る言葉で励ましました。

でも時子ちゃんは完全には立ち直ってはいませんでした。

時子ちゃんが立ち直りきれていないことを鋭く察したみね子ちゃんが、愛子さんに引き続いて時子ちゃんを励まします。みね子ちゃんが使った励ましツール、それは三男くんでした。

今回、三男くんがまたしても泣かせてくれそうです。深く落ち込む時子ちゃんを三男くんが半ば捨て身のやり方で励ますのです。

夢の翼が折れそうになっている時子ちゃんを三男くんが挑発します。時子ちゃんは女優になれっこない。夢などさっさと諦めて俺の嫁になれと。

三男くんは、自分がこれを言えば時子ちゃんが再び奮起することをよく知っていました。しかし、時子ちゃんが奮起すれば自分が時子ちゃんと結婚する道が絶たれかねないことも承知していました。

そんなリスクを承知の上で、自分の真剣な望みをダシにしてまで大好きな時子ちゃんの目を再び夢に向かせようとする三男くん、君はあまりにも男前です。

きっと号泣となりそうな予感がする三男くんの男前姿。その直前、三男くんがやっとの思いで米屋の休みをもらう場面は思いっきり笑わせてもらえそうです。

今回も涙と笑いの両方を楽しむことができそうです。

『ひよっこ』第7週 第41話 観賞後の感想

kanso

<<前回40話 | 次回42話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ