奥茨城の三人の母親たち / ひよっこ 第42話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年5月20日(土)放送
第7週 第42話「椰子の実たちの夢」

『ひよっこ』第7週 第42話 あらすじと見どころ解説

arasuji

みね子、時子、三男の幼馴染みたち三人が久しぶりに再会していたのと同じ頃、三人の母親たちは谷田部家に集まっていました。

三人の母親たちは思い思いに自分の子供たちのことを話します。

時子が幼い頃にしたイタズラのこと。三男が東京の職場で苦労しているはずなのに、手紙にはそのことを一切書かずにいること。

そして、決してしっかり者ではなかったみね子が、今では谷田部家の大黒柱の代わりとなって働いていることを。

美代子、君子、そしてきよの三人は、それぞれの子供のことを思って涙を流すのでした。

midokoro
三男くんの男前ぶりが涙を誘ってくれましたが、今度はきよお母ちゃんを通じて三男くんの男前ぶりが描かれます。

奥茨城村の幼馴染みたちが東京のどこかで久しぶりに顔を合わせて楽しい時間を過ごしていたその頃、奥茨城村の楽しいお母ちゃんたちも谷田部家に集まっていました。

<<前回41話 | 次回43話>>

『ひよっこ』第7週 第42話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

深く落ち込む時子ちゃんを捨て身で叱咤激励する姿が涙腺を激しく攻撃してきた三男くんが今度はばあちゃんお母ちゃんに心配させない気遣いで涙腺を狙ってくるかもです。

三男くんの勤め先の米屋での彼の立場はかなりつらいはずです。仲が悪すぎる店主と無愛想でおっかない娘の間に立たされている上に、三男くんに求められているのは仕事ではなく父と娘の間の緩衝材の役割です。

ねじれにねじれた父娘関係の間に立たされただけでもつらいはずなのに、三男くんの米屋での存在意義は単なるクッション以上でも以下でもない。

この存在の耐えられない軽さがもしかすると一番こたえるかもしれません。

でも三男くんはそんなつらさをグッとこらえて、お父ちゃんとお母ちゃんを安心させるために手紙に嘘を書きました。米屋では重用され責任ある仕事を任されていること。そしてその仕事に心からやりがいを感じていること。

そして、そんな三男くんの嘘を見抜くお母ちゃんの息子への愛もまた涙腺を危険な状態におちいらせてくれそうです。

きよお母ちゃん、三男くんが家にいる間は息子に対して働けだのなんだのと小言ばかり言ってましたが、すっかり息子LOVEのお母ちゃんになりました。もちろん、三男くんが家にいる時から息子のことを心から大事に思っていたのでしょうが。

一方、時子ちゃんの手紙は笑いをとってくれるかもしれません。でも、その笑い観てのお楽しみにしておきます。

『ひよっこ』第7週 第42話 観賞後の感想

kanso

<<前回41話 | 次回43話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ