お盆休みは故郷に帰らず / ひよっこ 第43話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年5月22日(月)放送
第8週 第43話「夏の思い出はメロン色」

『ひよっこ』第8週 第43話 あらすじと見どころ解説

昭和40年(1965年)7月。行方不明になったままのみね子の父・実が生きていました。しかし、白いジャケットで東京人らしく身だしなみを整え東京の街角を歩く実の様子は、以前の実とはどこか異なっていました。

その頃、乙女寮の新人たちは東京で初めての夏を迎えていました。その頃、時子は劇団に入って仕事の後に芝居の稽古。豊子は通信制高校でオールAの成績を取り、澄子だけはマイペースで誰よりも乙女寮での暮らしを楽しんでいました。

一方、みね子は実の目撃情報があったという東京の商店街に足を運び続けていました。東京に来て三ヶ月経ったとはいえ、まだ不慣れな東京の街角で父親探しをするみね子。しかし、実の姿を見つけることは出来ませんでした。

そんな中、お盆休みが近づいてきました。しかし、みね子や時子をはじめ乙女寮の仲間たちは交通費を節約するために故郷に帰省しないつもりでいました。そこでお盆休みは皆で海水浴に行くことになるのでした。

<<前回42話 | 次回44話>>

midokoro

今週のサブタイトルにはとても気になる言葉「恋」がついています。しかし、そのお題がドラマの中に出てくるのは今週の後半になる見通しです。

ただしサブタイトルの「恋」のすぐ後ろに「?」というオマケ付きなのが気になるところ。ちなみに「恋」のお相手はもちろん「クリームソーダ」の君です。

[2017/05/22 追記]サブタイトルが「クリームソーダと恋」から「夏の思い出はメロン色」に変更されました。

『ひよっこ』第8週 第43話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

季節は夏。みね子ちゃんたちが東京の向島電機に働きはじめてから四ヶ月ほどが経過した頃のことでしょうか。

そろそろお盆休み。故郷をあとにして都会に出てきている人は帰省シーズンですが、みね子ちゃんたちは故郷には帰りません。

給料の大部分を仕送りしていつもお財布が軽いみね子ちゃんたちにしてみれば、帰省でかかる往復の交通費も手痛い出費に違いありません。

だから懐かしい故郷に帰るのはお正月までの我慢。

現代のように遠く離れた家族とも手軽に連絡を取る手段が存在しないこの当時。故郷に帰りたくても帰れない、その気持ちを想像すると胸が痛みます。

そんなみね子ちゃんたちはみんなで海水浴に行って、夏休みを楽しむことに決定。でも、みね子ちゃんの心は晴れません。

そんなささやかな楽しみにもかかわらず、自分一人楽しんでいていいのかという故郷の家族に遠慮する気持ちが胸に引っかかり、夏休みを楽しみきれないのです。

このつつましさが泣けます。

最後にネタバレになりますが、乙女寮の寮生たち。そして愛子さんらの掛け値無しで楽しそうな笑顔を見ることが出来るのは今週が最後になるかも知れません。

「思い出の夏」となってしまいそうな今週の一回一回のお話を心に刻みつけながら大切に観て行こうと思います。

『ひよっこ』第8週 第43話 観賞後の感想

実さんとの再会は6月中旬?(予想)

先週の土曜日の放送回の最後にも実さんが登場しましたが、あれは現実なのか、それともみね子ちゃんの妄想なのか。判断がつきかねていました。

みね子ちゃんが妄想するお父ちゃんならもっと優しい表情を浮かべているはずだ。あんな顔のお父ちゃんを妄想するはずがない。

当ブログでそのようなコメントをいただき、やっぱりあの実さんは妄想なんかじゃない。現実だとは思ったものの、スッキリとしない週末となりました。

でも、あの映像は妄想でなく現実でしたね。

増田明美さんが「実さん、生きていたんですね」「どこか雰囲気が違う」とナレーションすることで、実さん映像は現実であることが確定です。

ところで僕は実さんの失踪理由は「記憶喪失」と予想しています。

記憶を失ったから実家に連絡もとれない。記憶がなくなったから建設会社の宿舎にも戻ることができない。

その予想が前回、そして今回の実さんの様子を見て限りなく確信に近くなりました。

どこか心あらずな表情を浮かべ、自分がどこを歩いているのかわかっているようなわかっていないような心ここにあらずの様子。

自分がどこを歩いているのかどころか自分が誰かもわかっていないように見えないこともない。

また、過去の自分を忘れたかのようにかつての実さんからは想像もつかない東京の都会の男のオーラを全開。実さんがすずふり亭に行った時や靴屋で子供たちの靴を買ったときなど、一目で東京の人じゃないってわかったものでした。

それにしてもまさかこのタイミングで実さんが再登場するとは思いもよりませんでした。しかも、前回と今回。まるで念を押すように。

これから実さんがちょくちょく出てくるような気がしてきました。そして、過去の実さんとはまったく異なる様子を見せつつ視聴者をあおってくるような気がしてなりません。

ところであらすじが本日の時点で判明している第11週まではみね子ちゃんと実さんとの再会はありません。

もしかすると、前回や今回みたいな登場のさせ方をするかも知れませんが、少なくとも再会の場面はまだありません。ないはずです。

気になるその場面、6月中旬の第12週あたりで再会があるような気がします。その頃にはみね子ちゃんも向島電機につぐ新生活に慣れてきた頃でもありますし。

でも、仮に再会を果たしたとしても実さんはみね子ちゃんを自分の娘だと認識することができないはずです。

第12週以降、仮に再会できたとしても再会とは言えない実さんとみね子ちゃんの、真の再会までの涙の物語になる。そんな気がしてきました。

澄子ちゃんと愛子さんの本日も笑い

そんな心がざわつくような映像からはじまった『ひよっこ』第43話は、澄子ちゃんと愛子さんがこれまでになく笑わせてくれました。

澄子ちゃん、いい味に磨きがかかってきました。

「ナポリタンB」「ナポリタンC」

いかにも澄子ちゃんが言いそう。間違えそう。しかも二重に間違える。いら立つ松下ライン長。そろそろ澄子ちゃんはこんなキャラであることを理解して、彼女が何を言い出しても動揺しないようにしましょう(笑)

ところで澄子ちゃん、東京に来て3キロも太ったとか。あれだけ食べて3キロで済んでいるなんて、さすが若い!

そして愛子さん。

愛子さんは、みんなと一緒に海水浴に行きたいというのは口先だけのことでなくかなり本気だったと僕は思います。

みね子ちゃんに「断ってみせるから誘って」と言ったとき。

愛子さんはとっさに「うん!」と言い、乙女たちの反応を見て冗談よと打ち消しましたが、「うん!」の後の乙女たちの反応次第では、どさくさにまぎれて海水浴に合流していたような気がします。

愛子さん、まさかあそこまできっぱりと拒絶されるとは夢にも思わなかったんでしょうね。残念でした、愛子さん。

<<前回42話 | 次回44話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひるたま より:

    「ナポリタン…B?C…D!?」
    TL検索していた時に、「NHKで商品の名前を言えない事を逆手にとったセリフではないか?」というツイートを目にしました。
    実は最初さっぱり???だったのですが…件のツイートを見て、そういう事だったのか!?と納得しました。脚本担当の岡田さん、良い意味で「遊んでいらっしゃる」ような気が…?(^^;)
    「オロナミンCは‘小さな巨人’です」というキャッチコピーもありましたね。
    トランジスタラジオは……ですけれど、「C」も「D」も共に今も健在ですね。

    愛子さんにすっかりロックオンされちゃっているみね子ちゃん。
    他の5人のメンバーも、「愛子さんの対応(あしらい?)担当はみね子」と見做しているのでしょう。
    みね子ちゃんは面倒臭いと思いつつ、満更でもないかな?(^m^;)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      ナポリタンは、いかにも澄子ちゃんが間違えそうであれは絶妙でした。とりわけ「D」を「ディー」でなく「でー」と発音させるところがまた澄子ちゃんらしいです。

  2. カッチ より:

    朝蔵さん、お久しぶりです。
    Facebookで、あるグループの管理人をすることになり忙しくご無沙汰していました。
    今回は最初から見ています。かすみちゃんかわいいですね。
    最近は澄子ちゃんが面白くて注目しています。
    先週末の実さんの表情からして僕もそう思ってました。
    僕はAKBファンなので元AKBの島崎遥香が出演するのを楽しみしています。
    もちろんFacebookのタイムラインでもPRしています。
    また、よろしくお願いします。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      カッチさん、お久しぶりです!
      本作は登場人物たちが実に生き生きしていて本当に楽しめますね。また一緒におつきあいいただければ幸いです。

  3. うるし より:

    実お父さんの服装が、みね子の知らない服装でしたので、妄想(又は夢)設定はありえないのだと思いました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      ですね!みね子ちゃんにはあんな姿のお父ちゃんは逆立ちしても想像できないですよね。

  4. ゆうのしん より:

    おはようございます。実さんがいつ見つかるのか?も気になりますが、これだけ打ち解けてる乙女寮の面々が 次の職場にちゃんと就けるのか?も気になります みね子は すずぶり亭として 倒産の際 最後に工場で抵抗する豊子や 澄子 幸子 又 幸子の婚約者の高島君も コーラスの指導に来れなくなる みんな うまく次のステップにいければいいんですが なんかひと波乱ありそう? ではまた!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      今回、松下ライン長が言った「巨人が勝つ限り我が社は絶好調」みたいな言葉。野球シーズンが終わった後のフラグのような気がしてなりません。

  5. よるは去った より:

    実父ちゃんはやはり記憶を失ったのか?あの服装はまさか・・・・・〇〇の帝王?もしくはその子分なんてことは?服装と言えば今週は「乙女寮」の面々の水着姿も・・・・・(喜)。

  6. くまさん より:

    そういえば今週のサブタイトル、『クリームソーダの恋?』みたいな感じだったような。