落胆する奥茨城の母親達 / ひよっこ 第44話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年5月23日(火)放送
第8週 第44話「クリームソーダと恋?」

『ひよっこ』第8週 第44話 あらすじと見どころ解説

arasuji

みね子たちが海水浴で着る水着の話題で盛り上がっている頃、奥茨城村では美代子、君子が深いため息をついていました。

子供がお盆休みに帰省しないと手紙で知らせてきたからです。

同じ頃、綿引は休みの日を使って実の足取りを追い続けるものの、相変わらず手がかりは何もつかめないままでした。

一方、みね子は仲間たち海水浴に行くことに後ろめたさを感じていました。家族の中で自分だけが楽しんでいることが心苦しかったのです。

しかし、進から送られてきた手紙に励まされたみね子は海水浴を楽しもうとようやく心が決まるのでした。

midokoro
みね子ちゃんがまだ奥茨城にいた時のこと。一緒に下校する時子ちゃんにみね子ちゃんが言いました。

面白いテレビ番組を見て笑っても、東京で働いているお父ちゃんのことを思うと申し訳なくて笑えなくなると。

そんな家族に遠慮する気持ちをみね子ちゃんは今もなお持ち続けているようです。

<<前回43話 | 次回45話>>

『ひよっこ』第8週 第44話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

乙女寮の食堂で美味しいカレーライスを食べている時も、思い出すのは故郷のかわいい妹と弟。ちよ子ちゃんと進くんにこの美味しいカレーライスを食べさせてあげたい。

乙女寮の仲間たちと海水浴に行くことが決まっても、やっぱりみね子ちゃんはちよ子ちゃんと進くんのことを思い出さずにはいられない。

自分だけ遊んでいていいんだろうか。妹と弟も海に連れて行ってあげたい。

このつつましさ。この家族思い。

現代人からこのような気持ちが失われたなんて言うつもりはありません。きっとみね子ちゃんみたいな子はどこかにたくさんいるはずです。

でも、昨今の映画やドラマからはすっかり姿を消してしまいましたね。みね子ちゃんみたいな家族愛。兄弟愛は。

家族愛や兄弟愛を直球ストレートで描くことが作家の先生たちは照れ臭いんでしょうか。全然カッコ悪くないと思うんですが。

そんな直球ストレート、しかも豪速球のみね子ちゃんの家族愛、兄弟愛が干天の慈雨のごとく心に沁みます。

願わくばこんな作品がこれからもっと増えますように。

『ひよっこ』第8週 第44話 観賞後の感想

kanso

<<前回43話 | 次回45話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ