ウエストサイド物語鑑賞 / ひよっこ 第45話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年5月24日(水)放送
第8週 第45話「クリームソーダと恋?」

『ひよっこ』第8週 第45話 あらすじと見どころ解説

arasuji

みね子たちが楽しみにしていた海水浴当日。その日は朝から土砂降りの雨でした。

落胆する面々は海水浴の代わりに映画『ウエストサイド物語』を観て休みの日を過ごすことになりました。

映画を楽しんだみね子たちが映画館を出ると空は晴れはじめていました。

幸子が今から海に行こうと提案し、みね子は夏の一日を心から楽しみます。

同じ頃、三男は奥茨城に帰省する日を心待ちにしていました。

店主の善三と娘のさおりが三男の帰省に難色を示す中、三男はからくもお盆休みを取って奥茨城の実家へと向かうのでした。

midokoro
向島電機の金の卵たちが新生活を始めてからというもの、仲間の間での小さなトラブル、ホームシック、自身喪失。

様々な困難と、それらを乗り越えようと努力する新人たちの姿が描かれてきました。

そんな日々を積み重ねて迎えた今回は、海水浴当日がドシャ降りの雨だったことをのぞけば金の卵たちがすべての悩みから解放された、心の空に雲一つないような一日です。

しかし・・・

<<前回44話 | 次回46話>>

『ひよっこ』第8週 第45話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

人生は悪いことの後には良いことがあり、良いことの後には悪いことがある。これはドラマも一緒です。というかドラマが人生の定番パターンを再現しているだけですが。

『ひよっこ』というドラマの中でも、特にみね子ちゃんたちが向島電機で働きはじめ乙女寮で新生活をスタートしてからというものいろんなことがありました。

しかも、良いことよりも悪いこと、つらいこと悲しいことの方が多かったかも知れません。いつも誰かしらが大小問わずなんらかの悩みを抱えていました。

ところが今回は、一人残らずそれぞれが抱える小さな悩み大きな悩みをすっかり忘れて、心から楽しい時間を一番大事な仲間たちと共有することが出来ました。

いわば乙女寮の金の卵たちの幸福の絶頂期といっても差し支えない回かと思います。

でも、絶頂期とは言い換えれば頂上に着いたということ。頂上に着いたら、その次にくるのは下りの道です。

悪いことの後には良いことがあり、良いことの後には悪いことがある。下りの道とは良いことの後には悪いことがあるという後者のパターンです。

そろそろ胸が痛むような展開が始まってしまいます(涙)

みね子ちゃんたちにとって「思い出の夏」の一日。一視聴者としても心に刻みつけておきたいと思います。

『ひよっこ』第8週 第45話 観賞後の感想

kanso

<<前回44話 | 次回46話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ