三男が奥茨城に帰省する / ひよっこ 第46話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年5月25日(木)放送
第8週 第46話「クリームソーダと恋?」

『ひよっこ』第8週 第46話 あらすじと見どころ解説

arasuji

やっとの思いでお盆休みを取ることができた三男は、奥茨城に帰ると早々に美代子にはみね子の、君子には時子の、それぞれの近況を報告しました。

みね子も時子も地道に元気で頑張っていることを聞かされ、美代子と君子は涙ながらに三男ときよに礼を述べます。

月日は流れ季節は秋となり、夜風が冷たい季節になりました。

そんなある日、みね子たちを動揺させる事態が発生します。向島電機が業績不振に陥りみね子たちの給料が下げられてしまったのです。

不安な気持ちを抱えながらも、この苦境を懸命に働いて乗り越えようとみね子たちは誓い合うのでした。

midokoro
前回の本欄で、人生とドラマは悪いことの後には良いことがあり、良いことの後には悪いことがあると述べましたが、それは経済も一緒のようです。

日本中が湧いた東京オリンピックが終わって一年。日本の経済に吹いていた追い風の風向きが変わりはじめます。

そして風向きの変化に、みね子ちゃんたちも無関係ではいられません。

<<前回45話 | 次回47話>>

『ひよっこ』第8週 第46話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

物語の今後の展開が切ない日々を迎えそうな予感でいっぱいの今週、三男くんのお盆休みの帰省のエピソードでの三男くんときよお母ちゃんの笑いが救いになるかも知れません。

みね子ちゃんも帰省しない。時子ちゃんも帰省しない。そんな中でたった一人三男くんだけが奥茨城に帰ってきました。

美代子さん、君子さん、そしてきよさんの仲良しお母ちゃん三人組の中で、自分の息子だけが帰ってきてしまい、きよさんは三人組の中でちょっと恥ずかしい。立場がない。

でもやっぱり息子が帰ってきたことが嬉しくて嬉しくて・・・そんな微妙なポジションを絶妙な笑いで見せてくれるかも知れませんね。

きよさん、期待してます。

そんな笑いがある一方で、みね子ちゃんたちは厳しい現実に直面します。

時子ちゃんをのぞけば、みんな家族を支えるために働いていたはずです。彼女たちの給料は大事な家族の貴重な収入源です。食い扶持です。

それが減らされてしまうことの不安はどれほどのものか。中学校や高校を出たばかりの子がその厳しい現実を受け止め切ることができるのか。

金の卵たちが心配でなりません。

『ひよっこ』第8週 第46話 観賞後の感想

kanso

<<前回45話 | 次回47話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ