綿引が警官を辞め故郷へ / ひよっこ 第47話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年5月26日(金)放送
第8週 第47話「クリームソーダと恋?」

『ひよっこ』第8週 第47話 あらすじと見どころ解説

arasuji

給料が下がってしまったものの、みね子は今月も赤坂のすずふり亭に足を運びました。

つとめて明るく振る舞うみね子でしたが、会社が経営不振におちいり給料を減らされたことへの募る不安を鈴子に隠すことは出来ませんでした。

いつもより安いメニューしか注文できないみね子にお金は要らないと言う鈴子。

しかし、自分で稼いだお金で食事することに誇りを感じているみね子の気持ちを聞かされ、鈴子はみね子のその気持ちを受け止めます。

一方、綿引が警察官を辞め茨城県の実家に帰ることになりました。父親が大けがをし、長男の綿引が親の面倒を見ることになったのです。

midokoro
映画を観て、その後にみんなで海岸まで遊びに行った楽しかった夏の一日。あの日がついに「思い出の夏」になりはじめました。

夏が終わり秋の到来とともにみね子ちゃんたちに吹く風の風向きが変わり、思い出の夏を楽しく一緒に過ごした綿引くんも東京を去ることが決まります。

<<前回46話 | 次回48話>>

『ひよっこ』第8週 第47話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

すずふり亭が久しぶりに登場します。

ドラマの中で、みね子ちゃんがすずふり亭を訪ねるのはこれが何回目になるのかまだ定かではありません。

しかし物語設定上、みね子ちゃんは毎月、給料をもらった直後の休みの日には決まってすずふり亭で食事を続けてきたということになっています。

毎月、月末になるとすずふり亭にやって来てささやかな食事を楽しむみね子ちゃんを、赤坂の面々は皆「月末コロッケ娘」と命名。

毎月、みね子ちゃんがすずふり亭に通っていたという設定は、このニックネームで表現するみたいです。年頃の娘なのに、とんでもないニックネームをつけられたものです。

さて、そんな毎月のすずふり亭通いの中、今回のすずふり亭訪問は特別です。給料を減らされても仕送りの金額は減らさなかったみね子ちゃんは今まで以上にお金がない。

だから乙女寮のある向島からすずふり亭のある赤坂まで片道2時間もかけて徒歩で向かいました。

しかも、毎月少しづつ注文するメニューの金額をアップさせることを楽しみにしてきたみね子ちゃんでしたが、今回の注文は最初に注文したコロッケに逆戻り。

そんなみね子ちゃんの異変にすぐに気がつく鈴子さんの優しさが、きっと視聴者の涙腺を激しく攻撃してくるものと思われます。

涙腺決壊の準備が必要です。

『ひよっこ』第8週 第47話 観賞後の感想

kanso

<<前回46話 | 次回48話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ