綿引と通い続けた喫茶店 / ひよっこ 第48話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年5月27日(土)放送
第8週 第48話「クリームソーダと恋?」

『ひよっこ』第8週 第48話 あらすじと見どころ解説

arasuji

綿引が警察官を辞めて故郷の茨城に帰ることになったと、みね子は乙女寮の仲間たちに報告しました。

仲間たちから、綿引への恋心はなかったのかとからかわれるみね子でしたが、恋心とはどういうものなのかその時のみね子には理解が出来ません。

一方、綿引は故郷に戻ることを雄大に知らせ別れを告げました。

そして迎えた綿引が東京を発つ日。帰りの列車に乗る直前まで実の聞き込み調査を続けた綿引は、実を見つけることが出来なかった悔しさを胸に故郷へと旅立ちました。

その頃、みね子は綿引と一緒に何度も通った喫茶店にいました。

一人でクリームソーダを飲みながら、みね子は初めて綿引がいなくなってしまった寂しさに気がつくのでした。

midokoro
今週のサブタイトルとなっている「クリームソーダと恋?」のエピソードが一週間の最後の最後に描かれます。

綿引くんが東京を去ります。みね子ちゃんは綿引くんと一緒に通った喫茶店でいつも通りにクリームソーダを注文。その時はじめて気がつきます。綿引くんがいない寂しさを。

その寂しさは「恋?」なのでしょうか。

<<前回47話 | 第9週>> 次回49話>>

『ひよっこ』第8週 第48話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

甘酸っぱい恋の味というキャッチフレーズの清涼飲料水がその昔あったと記憶しています。最近でも某アイスクリーム屋さんが使ってますが・・・

みね子ちゃんが喫茶店でいつも注文していたクリームソーダ。綿引くんと一緒に飲んだクリームソーダはきっと美味しくてキレイな色をした飲み物に過ぎなかったかと思います。

しかし、綿引くんが故郷に帰ってしまい、たった一人で注文するクリームソーダの味は、もしかすると甘酸っぱい恋の味だったかも知れませんね。

一人で注文する思い出のつまったクリームソーダ。切ない喫茶店の場面となりそうです。

みね子ちゃんと綿引くんはこの先どこかで再会することが出来るのか。そもそも綿引くんが再登場を果たす出番があるのか。今のところすべて不明です。

しかし、みね子ちゃんがクリームソーダをたった一人で注文した時に感じた寂しさが恋なのであれば、是非ともどこかで再会させてあげてほしいものです。

ところで、綿引くんは東京を発つ直前まで実お父ちゃんの独自捜索を続けていました。にもかかわらず何ら手がかりをつかむことが出来ず悔しい思いを胸に茨城県に帰還します。

そしてこれはブログ主の希望的観測なのですが、悔しい思いを心の中から消し去ることが出来ない綿引くんは実お父ちゃんの捜索をその後も継続。

そしてついに有力な情報をつかんだ時が綿引くんの再登場の時。そしてみね子ちゃんと再会を果たす時。そんな展開をブログ主は予想・・・期待しています。

『ひよっこ』第8週 第48話 観賞後の感想

kanso

<<前回47話 | 第9週>> 次回49話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ