乙女たちの最後の夜遊び / ひよっこ 第51話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年5月31日(水)放送
第9週 第51話「小さな星の、小さな光」

『ひよっこ』第9週 第51話 あらすじと見どころ解説

arasuji

みね子たちが東京で新しい働き口を見つける中、体の弱い優子だけは東京で働き口が見つからず、故郷の秋田県に戻って働くことになりました。

仲間たちより一足早く乙女寮を去ることになる優子には心残りが一つだけありました。

これまでずっと一緒に働き続けた幸子と雄大の結婚式に出ることが優子の長年の願いだったのです。

寂しそうな表情を浮かべる優子を案じて幸子は皆で夜遊びしようと提案。乙女たちは夜の浅草で、最後の楽しいひと時を過ごしました。

楽しい思い出となった夜遊びの数日後、意を決した表情を浮かべた優子が雄大の勤めている工場に姿をあらわすのでした。

midokoro
前週のドラマの中で描かれた海岸の場面が思い出の夏なら、今回の浅草の場面は思い出の夜(?)。いつも一緒だった乙女たちが全員揃って行動する最後の場面です。

そして、みね子ちゃんたち新人を先輩として迎えた優子ちゃんと幸子ちゃんの友情が涙を誘う回になるかもしれません。

<<前回50話 | 次回52話>>

『ひよっこ』第9週 第51話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

乙女寮の一室で枕投げをしたり、銭湯帰りにラムネを割り勘で飲んで女子トークに盛り上がったり、みんなで海岸に遊びに行ったり。

またある時は行方をくらました澄子ちゃん探しで上野駅に行き怖い思いをしたり。

楽しいときも、切ないときも、そしてちょっと怖いときもいつも一緒だった乙女たち。みんなが顔を揃えて行動し、みんなの笑顔を見ることが出来るのはおそらく今回が最後です。

みね子ちゃんの寒いダジャレを引用すると、寮長ならぬ不良長の幸子ちゃんがその不良ぶりを発揮してみんなで夜の浅草に繰り出そうと誘います。

みんな門限を破る気満々。でもこれが最後。愛子さんも門限を守れと口では言いながら大目に見てくれます。愛子さん、大人です。大人ですが、海水浴のときみたいに私も行きたいなと言い出したりはしないのでしょうか。

夜の浅草の場面は、前週の海岸の場面に次ぐ忘れられない思い出の場面となりそうです。

一方、乙女寮の新人たちの個性豊かなキャラたちのかげに隠れてこれまで描かれることはありませんでしたが、幸子ちゃんと優子ちゃんの友情が今回と次回のテーマです。

いつも一緒だった乙女たちの中でも、この二人の関係は特別です。長年苦楽を共にして来た間柄です。固い友情で結ばれているはずです。

最後の最後にそんな二人の友情が、たっぷりと愛情を込めて描かれます。

幸子ちゃんと優子ちゃんの友情が別れの切なさを際立たせてくれることでしょう。涙腺決壊の準備が必要かと思います。

『ひよっこ』第9週 第51話 観賞後の感想

kanso

<<前回50話 | 次回52話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ