豊子が工場の閉鎖に抵抗 / ひよっこ 第53話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年6月2日(金)放送
第9週 第53話「小さな星の、小さな光」

『ひよっこ』第9週 第53話 あらすじと見どころ解説

arasuji

向島電機の工場で働く最後の日を迎えました。

その日、朝からいつもとは異なり心ここにあらずの様子の豊子は、珍しいことに仕事でもミスを連発しました。

そして夕方。工場の稼働がすべて終わりました。

工場の稼働が終わるのと同時に、工場の機械類を引き取りに来た業者が作業を始めたその時に騒動が起こりました。

豊子が工場の中に立てこもると中から鍵をかけて、この工場で皆と働き続けたいと抗議をはじめたのです。

それは豊子にとって生まれて初めての自分の運命への抵抗でした。

midokoro
トランジスタラジオ工場、最後の稼働日。注文を受けていた最後の仕事をやり遂げるとすぐに工場の機械類が業者に引き取られてゆきます。

向島電機が借金を返すため、すでに機械類は最後の稼働日を迎える前にはどこかよその工場に売却されていたようです。

機械類を工場から撤収。その時、まさかの騒動が起こります。騒動の主は豊子ちゃんです。

<<前回52話 | 次回54話>>

『ひよっこ』第9週 第53話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

豊子ちゃんの初登場の場面はとても印象的でした。うっかり者の愛子さんが豊子ちゃんの存在をすっかり忘れていたため、長時間上野駅で待ちぼうけの憂き目に。

それでなくても豊子ちゃんは不満でいっぱいでした。

自分は中学校で成績がトップだった。にもかかわらず家が貧しくて念願だった高校進学は果たせない。一方でアヒルの行列の成績だったみね子ちゃんが高校を卒業している不条理。

向島電機についてみると想像していた東京とはまったく様子が違う。工場も寮も小さくて時代の先端をゆくトランジスタラジオの工場とはとても思えない。

しかも工場と寮が隣り合っているので、これではまるで朝から晩まで生活を常に監視されているようなもの。

工場の何もかもがいやだったあの豊子ちゃん。しかし、どんな不条理に対して不満こそ持っても、自らの運命を歯を食いしばって受け入れてきた豊子ちゃん。

その豊子ちゃんがいつのまにか向島電機での暮らしを誰よりも愛するようになっていました。そして最後の抵抗を試みます。

中学卒業後に一度は失った希望を、きっと豊子ちゃんは向島電機での生活の中で再び見出していたのでしょう。しかし、それがまた失われてしまう。

そんな運命に豊子ちゃんがまさかの行動で抵抗します。豊子ちゃんに朝からこれでもかというくらい泣かされることは間違いありません。

涙腺決壊の準備、必須です。

『ひよっこ』第9週 第53話 観賞後の感想

kanso

<<前回52話 | 次回54話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ