みね子が再就職先を失う / ひよっこ 第55話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年6月5日(月)放送
第10週 第55話「谷田部みね子ワン、入ります」

『ひよっこ』第10週 第55話 あらすじと見どころ解説

arasuji

みね子と澄子の転職先として決まっていた石鹸工場の原田が乙女寮にやってきました。その原田の言葉がみね子と澄子を動揺させます。

不況の影響でみね子か澄子のどちらか一人しか雇えなくなったと言うのです。

話し合いの末、みね子は石鹸工場での働き口を澄子に譲ることに決めたものの、みね子が再就職出来そうなところはまったくありません。

そんな中、気晴らしのためにすずふり亭に足を運んだみね子は、すずふり亭の前で財布の小銭を誤ってばらまいてしまいます。

路上に散らばった小銭を拾い集めるみね子は、そこで一風変わった青年と出会うのでした。

midokoro
一難去ってまた一難。一度は決まったみね子ちゃんの再就職先の会社が不況のあおりを受けて業績が悪化。一人しか雇えなくなってしまいました。

お姉ちゃんとして、ちょっととろいところがある澄子ちゃんにその就職先を譲ったみね子ちゃんではありましたが、新たなつとめ先の当てがあるわけではありません。

<<前回54話 | 次回56話>>

『ひよっこ』第10週 第55話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

石鹸工場での働き口を失ってしまったものの、そのことがみね子ちゃんに新しい一つの出会い(もしかすると二つの出会いかも)をもたらします。

一つはすずふり亭と赤坂の商店街の人々との出会い。

すずふり亭や赤坂の人々とはみね子ちゃんはすでに出会っていますが、みね子ちゃんがすずふり亭で働くことになり、その出会いはよりディープなものになります。

なお、実お父ちゃんの出稼ぎ先での失踪>> みね子ちゃんが東京で就職>> 就職先の会社が倒産>> そしてすずふり亭で勤務。

ここまでの展開は『ひよっこ』制作発表の際にすでに公にされています。そこから先の展開はこの記事を投稿した時点ではまだ詳細はわかりません。

そして、もう一つの出会いになるかも知れないのが、すずふり亭の前で財布の中の小銭をばらまいてしまったみね子ちゃんを助ける青年との出会いです。

助けるというより「お説教」するのが本当のところですが。落とした小銭の探し方には不備がある。それではすべてを見つけることができないと。

ヒロインが何かを落とす。それを青年が拾う。しかし、そのことによってヒロインが恥ずかしい思いをする。しかも拾った青年は理屈っぽくて変なやつ。

ブログ主の知る限り『梅ちゃん先生』や『ごちそうさん』で繰り返されたパターンです。

なので、この小銭ばら撒き場面は重要な「出会い」になりそうだと思うわけです。なお、このパターンの出会いの結果は『梅ちゃん先生』の場合は結ばれずに終わり『ごちそうさん』の時は結婚にいたりました。

みね子ちゃんの小銭ばら撒き騒動はどちらのゴールに向かうのでしょうか。

『ひよっこ』第10週 第55話 観賞後の感想

kanso

<<前回54話 | 次回56話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ