赤坂のアパートあかね荘 / ひよっこ 第58話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年6月8日(木)放送
第10週 第58話「谷田部みね子ワン、入ります」

『ひよっこ』第10週 第58話 あらすじと見どころ解説

arasuji

みね子がすずふり亭で働くことが決まったその翌日、鈴子に挨拶したいという愛子を連れてみね子は再びすずふり亭に足を運びました。

その日の目的はこれから暮らすことになるアパートを鈴子に紹介してもらうためでした。

そのアパートはあかね荘という名で、すずふり亭のすぐ近くです。

鈴子はみね子をあかね荘の管理人・富に紹介。富はその昔、赤坂界隈で人気の芸者だったという女性です。

みね子はあかね荘に四畳半の部屋を借りることになるのでした。

midokoro
奥茨城編で登場した人々はみなさん一人残らず純朴で心優しい人ばかりでした。第一印象は変なおじさんだった宗男さんすらもが尊敬せずにはいられないナイスガイでした。

しかし物語の舞台が東京に移ってから事情が変わってきたみたいです。豊子ちゃんなど、初登場の頃はヒロインの天敵になるのかと思わず身構えたものです。

<<前回57話 | 次回59話>>

『ひよっこ』第10週 第58話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

ヒロインの天敵になりそうな気配をただよわせていた豊子ちゃんは、意外にもすぐに素直になり、最後の別れはただただつらいばかりでした。

最初のうちだけ豊子ちゃんが気難しいキャラとして描かれていたのは、奥茨城と東京のギャップを小さくするための緩衝材の役割が求められていたのかも知れません。

そんな緩衝材を経て、ついに本格的にややこしそうな人物が登場します。

その第一弾はみね子ちゃんがこれから暮らすことになるアパート「あかね荘」の管理人・富さんの存在です。

昔は赤坂界隈で一番人気の芸者さんだった富さん。そんな経歴を一つとっただけでも奥茨城ではありえないタイプの人物です。

一番人気と言うからにはそれなりに様々な人間模様を観察し、人の裏も表も酸いも甘いも知り尽くしているはず。

しかも場所は赤坂。普通の街以上に、様々な分野の海千山千が集まる街です。

そんな街で一番になった富さん。どれだけしたたかな生き方をしてきたのか。そのしたたかさが初登場の場面から見え隠れしはじめるようですが、それは見てのお楽しみとします。

ブログ主は一癖も二癖もあるキャラが大好物なので富さんの登場にワクワクしています。ただし実生活においては、特に富さんみたいな一癖も二癖もある=煮ても焼いても食えなさそうな人との付き合いは遠慮させてもらっています(笑)。

『ひよっこ』第10週 第58話 観賞後の感想

kanso

<<前回57話 | 次回59話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ