年の暮れを愛子と過ごす / ひよっこ 第59話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年6月9日(金)放送
第10週 第59話「谷田部みね子ワン、入ります」

『ひよっこ』第10週 第59話 あらすじと見どころ解説

arasuji

昭和40年(1965年)年末。

新しい働き口も見つかり次に住むところも決まったみね子は、思い出の詰まった乙女寮で愛子と一緒に年末年始を過ごすことにしました。

愛子や仲間たち、そして乙女寮との別れを惜しむみね子に愛子が言います。別れがあるから出会いがある。その愛子の前向きな姿勢に感心するみね子。

二人で紅白歌合戦を見て過ごして迎えた昭和41年(1966年)元旦の朝。

愛子はみね子にお年玉を渡しました。そのお年玉の中身を知ったみね子は涙を流して感激します。お年玉は奥茨城に帰るための切符だったのです。

midokoro
みね子ちゃんにとっては人生が大きく変わり続けた激動の昭和40年。

お父ちゃんの失踪により東京での就職を決意したのがお正月。そして春には上京するものの半年後にはまさかの失業。再就職先探しも簡単ではありませんでした。

しかし働き口も決まり住むところも見つかり、心穏やかに激動の一年の締めくくりを迎えられそうです。

<<前回58話 | 次回60話>>

『ひよっこ』第10週 第59話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

新しいつとめ先も決まり住むところもすでに決まっているみね子ちゃんとしては、本当は年末年始は奥茨城の実家で家族と一緒に過ごしかったのではないかと思います。

しかしそうはしませんでした。きっと愛子さんを気づかったのでしょう。

乙女寮の舎監として寮生の最後の一人の行先が決まるまで乙女寮に残ろう。愛子さんはそう心に決めていました。

そして最後の一人になったのはみね子ちゃんでした。

乙女寮から一人去り二人去り。これでみね子ちゃんが去れば愛子さんは乙女寮でただ一人。しかもタイミングは年末年始。

そんなタイミングの一人ぼっちはあまりにも寂しすぎる。みね子ちゃんはそう考えたに違いありません。

そしてそんなみね子ちゃんの繊細な心づかいに気づかない愛子さんではありませんでした。みね子ちゃんの気づかいへのお礼として贈ったお年玉。

それは奥茨城の実家に帰るための切符でした。

愛子さんの粋なはからいに泣かされそうです。

そして気がかりなことが一つ。愛子さんはこの先どうなってしまうんでしょうね。願わくば今後も登場し続けてもらいたいものです。

愛子さん、天然と優しさがほどよくミックスされて実にチャーミングな女性でした。朝ドラの忘れられないキャラがまた一人増えました。

『ひよっこ』第10週 第59話 観賞後の感想

kanso

<<前回58話 | 次回60話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ