みね子奥茨城に帰省する / ひよっこ 第60話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年6月10日(土)放送
第10週 第60話「谷田部みね子ワン、入ります」

『ひよっこ』第10週 第60話 あらすじと見どころ解説

arasuji

昭和41年(1966年)元旦。奥茨城村の谷田部家は、実とみね子の二人がいないいつもより寂しい正月を迎えました。

そんな谷田部家が明るさを取り戻しました。

愛子から帰省する切符をもらったみね子が、元旦の夜に帰ってきたのです。その日の夜、みね子は東京で経験したことを美代子と茂に語りました。

あくる日。宗男や三男、君子やきよが新年の挨拶に谷田部家にやって来るものの、疲れ切っていたみね子は来客にも気づかず眠り続けていました。

そしてその日の夕方。東京での新しい生活に備えるため実家で正月をのんびりと過ごす間もなく、みね子は東京に戻るのでした。

midokoro
みねちゃんの人生が急激に変わったのは一年前のことでした。

昭和39年の大晦日、お父ちゃんは奥茨城に帰ってきませんでした。それを受けて、みね子ちゃんが東京に出て就職しようと決意したのが一年前・昭和40年のお正月。

昭和40年の一年間、いろいろなことがありました。

<<前回59話 | 次回61話>>

『ひよっこ』第10週 第60話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

東京に働きに出ることの決断。際どいタイミングで始めた就職先探し。そして偶然決まった時子ちゃんと同じ就職先。

高校卒業。家族との涙の別れを経て初めての東京。

仕事に慣れずに苦労した入社当時の一週間。もらった給料のほとんどを実家に送り、つつましい暮らしの中で見出すささやかな幸せ。

向島電機での仲間たちや愛子さん、そして綿引くんや雄大くんとの出会い。乙女寮の乙女たちと時間を忘れて夢中になった女子トーク。

そして忘れられない思い出となったメロン色の夏。

不況の影響と給料の減額。向島電機の倒産と失業。むずかしかった再就職探し。そして心を許した乙女寮の仲間たちとの別れ。

大雑把に思い返しただけでも昭和40年の一年間、これだけの出来事がみね子ちゃんの身の上にはありました。

そんな激動の一年間にたまりにたまった疲れをリセットするかのように、数ヶ月ぶりの実家でただひたすら眠り続けるみね子ちゃん。

昭和41年、東京赤坂で過ごすことになる新しい年はどんな一年になるのでしょうか。次週から物語の舞台は同じ東京ながらも向島から赤坂に移ります。

『ひよっこ』第10週 第60話 観賞後の感想

kanso

<<前回59話 | 次回61話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ