すずふり亭の仕事はじめ / ひよっこ 第62話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年6月13日(火)放送
第11週 第62話「あかね荘にようこそ!」

『ひよっこ』第11週 第62話 あらすじと見どころ解説

昭和41年(1966年)1月4日の朝。みね子があかね荘で初めて夜を過ごした翌日は、すずふり亭の初出勤の日でした。その日からみね子は髪型を変え、前日にもらったばかりのすずふり亭の制服を着て店に向かいました。

みね子が早朝のすずふり亭に行くと、すでに料理人の秀俊は手際よく仕込み作業を行なっていました。しばらくして元治、省吾、そして鈴子もやって来ました。鈴子はみね子や店の者たちに正月の挨拶をすませると、開店の準備に取り掛かります。

店の裏に出て、みね子が元治や秀俊とジャガイモの皮むきをはじめると、中華料理屋・福翠楼の福田夫婦、和菓子屋・柏木堂の柏木親子もやって来てその日の仕込みをはじめました。皆が心を合わせて働くその時間は、みね子にはとても心地の良いものでした。

ほどなくしてすずふり亭のホールを仕切っている高子も出勤して来ました。高子はホール係の心得をみね子に説いて聞かせます。高子が口にする言葉の一つひとつを、みね子はメモに取りながら初めての仕事に挑むのでした。

<<前回61話 | 次回63話>>

midokoro

前回(第61話)の本欄で、赤坂編からは一癖も二癖もある面倒くさい登場人物が増えそうだと書きましたが、赤坂編からはこれまで不足がちだったキャラも登場します。

これまで不足がちだったキャラとは若手イケメンキャラ。ヒロインの相手役になるかもしれないようなイケメンキャラです。

『ひよっこ』第11週 第62話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

『べっぴんさん』までの3作品の朝ドラで当たり前となりつつあった単日視聴率20%台の大台を割り続ける本作『ひよっこ』。

作品のクオリティがとても高いにもかかわらず過去三作品のような数字を取れない原因の最たるものは若手イケメンキャラの不在だ。

そんな指摘をする方が少なくありませんでした。

これまでも綿引くんという存在はいたものの、恋バナがほのめかされるわりには出番があまりにも少なく、ヒロインの相手役と呼ぶにはどこか物足りなさがありました。

しかし今週から、これまで不足しがちだったキャラが登場します。

一人はあかね荘の住人でハンサムな慶應ボーイ【島谷純一郎】。

小銭を路上にバラまいてしまったみね子ちゃんに、正しい小銭の拾い集め方を理詰めで指導するものの小銭集めを手伝おうとはしない変わり者。

この奇妙な出会い、朝ドラ定番のヒロインと相手役の出会い場面の典型パターンです。

もう一人。おそらく今週中はまだ出番がないものと思いますが、あかね荘の住人で漫画家志望の【坪内祐二】。

【坪内祐二】の相棒のみが今週登場し、【坪内祐二】は実家に帰ったまま東京に戻らないという設定です。登場まで気を持たせる演出は何か狙いがあるのかも知れません。

若手イケメンキャラ。しかもみね子ちゃんとの距離も近く、出番も圧倒的に増えそうな若手イケメンキャラが二人も登場することで視聴率が浮上することを願うばかりです。

僕自身は視聴率よりも作品の質を大事に思っていますが、作り手の人たちにとっては視聴率という指標はすごく気になるはずです。

作り手の人たちのためにも、若手イケメンキャラ二人の登場によって、視聴率が浮上するよう願わずにはいられません。

『ひよっこ』第11週 第62話 観賞後の感想

みね子ちゃんの髪型も変わり制服も変わり、赤坂すずふり亭編の本格スタート。向島電機&乙女寮、すずふり亭&あかね荘で環境が激変。激変ポイントをまとめてみました。

向島電機とすずふり亭

向島電機の職場では男性は松下さんただ一人(和夫さんは乙女寮)。松下さん以外はみんな女子。しかもその女子の数の多いこと。

そしてその女子たちの中でも世代が違うのは愛子さんただ一人。他の乙女ちゃんたちはほぼほぼみね子ちゃんと同世代でした。

社会人になったとはいえ同世代の乙女ちゃんたちと生活をともにし、異性や異世代はごくわずかという人数の構成はほとんど学校の環境と一緒です。

たくさんの女生徒と、数名の教師。『花子とアン』で言えば、花ちゃんの女学校時代編みたいなものでしょうか。

しかしすずふり亭の職場は、女性はみね子ちゃん、鈴子さん、高子さんの三人。男性が省吾さん、秀俊くん、元治さん。半分が男性。男性の比率が急増です。

さらにお店の裏手にある「仕込み工場」を加えると男性の比率がアップ。

しかも年長者ばかりで、みね子ちゃんの両親よりも年長の人もいます。秀俊くんだけが「ほぼほぼみね子ちゃんと同世代」といったところでしょうか。

乙女寮とあかね荘で

乙女寮の男女構成も、向島電機と同様に大勢の女子の中に和夫さんがただ一人。

ただし、向島電機の松下さんが乙女ちゃんたちと心を一つにして一緒に仕事をしていたのとは異なり、和夫さんと乙女ちゃんたちが一緒に働いていたわけではありません。

コーラスのレッスンの時だけは和夫さんも乙女ちゃんたちと行動をともにしていましたが、それとて週に一回だけ。同じく雄大くんも週に一回だけ。

しかも和夫さんが働いていた乙女寮の食堂で乙女ちゃんたちが過ごす時間は一日の中でごくわずか。食堂には乙女ちゃんたちの両親よりも上の世代のおばちゃんも働いていましたが、そのおばちゃんとの接点も食事の時だけです。

そして乙女寮で過ごす時間のほとんどはそれぞれの部屋の中。そして部屋の中はほぼほぼ同世代の乙女ちゃんばかり。『花子とアン』のリトル花ちゃん時代の女子校の寮に近い。

向島電機以上に濃密な女子校空間がそこにありました。

一方であかね荘。住人たちはみね子ちゃんとほぼほぼ同世代とはいえ、部屋も別々なら仕事も別々です。

とりわけ純一郎くんのようなお金持ちの御曹司は向島電機にも乙女寮にも一人もいないタイプでした。奥茨城編を含めて初登場ですね。前作『べっぴんさん』の男性は、このタイプの男性ばかりでしたが・・・

そして忘れてはならないのは管理人の富さん。ポジションとしては愛子さんに近いものがあるのでしょうか。若さへの執着心も愛子さんにそっくり(笑)。

でも愛子さんも「乙女ちゃん」出身で、乙女ちゃんのことを深く理解していたのに対して、富さんはみね子ちゃんとは別世界の出身です。

性別も世代もそして歩んできた人生もそれぞれ全く異なる人たち。一挙に世界が広がることで、みね子ちゃんの成長もこれからますます加速するのでしょうか。

タイトルバックに隠された朝ドラ旧作品

オープニング映像のタイトルバックに仕込まれた朝ドラ旧作品の題名がどこに隠されているのか。特定できましたので、以下にご紹介します。

隠されている作品名は画面に向かって左から『うず潮』『あしたの風』『たまゆら』【ひよっこ】『あかつき』『おはなはん』です。

それぞれの題名がどこに隠されているのは次の通りです。

うず潮

放送年月:昭和39年(1964年)4月6日〜昭和40年(1965年)4月3日
主演:林美智子

画面一番左端、真鍮製のフタがついたボトルの上。濃い青地の看板です。

あしたの風

放送年月:昭和37年(1962年)4月2日〜昭和38年(1963年)3月30日
主演:渡辺富美子

画面を中央で半分に分けると、左側半分の中央あたりに明るい黄色の飲み物が入ったボトルが立っています。そのボトルのすぐ左に小さな水色の看板です。

たまゆら

放送年月:昭和40年(1965年)4月5日〜昭和41年(1966年)4月2日
主演:笠智衆

画面中央の【ひよっこ】の看板の左側に、ブリキ製の白地に花柄の缶があります。その缶の左上に付いている黄金色の看板です。

あかつき

放送年月:昭和38年(1963年)4月1日〜昭和39年(1964年)4月4日
主演:佐分利信

画面中央の【ひよっこ】の看板の右斜め下に金平糖の入った器があります。その器のフタの上にある黄色の看板です。

おはなはん

放送年月:昭和41年(1966年)4月4日〜昭和42年(1967年)4月1日
主演:樫山文枝

金平糖の入った器の右どなりにあるキャンディーの入った器。この器の上にあるオレンジ色の看板です。

『おはなはん』のオレンジ色の看板の左奥にもそれらしく看板が立っていますが、この看板の文字は小さすぎて確認できません。

<<前回61話 | 次回63話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. よるは去った より:

    みね子「お父さん、髪型を変えてみました。」 今までのドラマでもヒロインの髪型変更を印象づける演出はあったけど(「ごちそうさん」がそうでしたね。)、みね子ちゃんの髪型も今回ので定着していくのかな?鈴子「この制服こういうデザインだったのね(爆笑)。」私から見るとみね子ちゃんが着ると可愛いと思いますね。逆に高ちゃんが着ると派手過ぎないかなと思うのですが。私の感性がおかしいかな?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      高ちゃんによる採用面接場面。落とされた女性の一人が、高ちゃんの制服のことを「ダサい!」と言い放ってましたが、制服がダサいというより高ちゃんが着ることの違和感を指摘していたのかも知れません。

  2. GATTO より:

    ごめんなさい。また書きたくなってしまいました(笑)。

    元治さん、一見いいかげんそうですが、実は結構気をつかう人のようです。特に高子さんに対して。

    みね子さんが、すずふり亭に就職することで皆舞い上がっている時に、一人だけ高子さんのことを心配していたし。その後は、ナーバスになっていたみね子さんに「大丈夫だよ」と声をかける。
    今回も、中華料理屋の福田さんが、高子さんのことを「人使いが荒い」と言った時も制していた。秀さんにも、皮むきの調整のことをほめていた。

    みね子さんにとって、結構強い味方になるかも。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      皮むきの調整は僕も気がついて、元治さんってなかなか粋なところもあるなと思ってましたが高子さんへの気遣いには気が付きませんでした。高子さんには恋や結婚が準備されているらしいですが、その相手は元治さんということもあり得ますね。

  3. GATTO より:

    こんばんは〜 みね子さん、工場の時もそうでしたが、髪を束ねると、頬の丸みが強調されて、ますます可愛いですね。

    ところで、秀さんは若手イケメンキャラには入らないのかな?もっとも、テレビで見ている分には、先輩の元治さんが面白くて好きですが。

    それから、昨日書き忘れましたが、1月3日には、愛子さんとのお別れがあったはずなのに、無くて残念でした。あれば感動的だったことでしょうね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      そうなんです。愛子さんとのお別れの場面がないんです。それとも意外に早く再会して、しかも登場場面もそれなりに多いからお別れを省いたのかなと期待もしています。

  4. りんりん より:

    うわ〜、キチンと調べていただいてありがとうございます。家のテレビ、一時停止させても3つ位しかわかりませんでした。
    他にもいろんなこだわりが隠されてるようですよ。
    例えば時計の8時15分は当時の朝ドラの開始時間で、稲刈りのシーンにある運動靴は、最初の頃に出てきたちよ子ちゃんと進君のみたいです。面白いですね(๑˃̵ᴗ˂̵)
    にしても、みね子ちゃんの制服姿、かわいかってですね〜。高子さんのと同じ物とは、、、⁉︎

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      朝ドラ旧作のタイトルだけでもまだどこかに隠されているような気がします。と言いますのも旧作タイトルが何故か第2作以降。第1作もどこかに潜んでいるのではないかと必死に探しているのですが見つかりません。

  5. カッチ より:

    みね子ちゃん、髪形変わってかわいいですね。
    しかし元治さん、ダメ先輩ですね。
    秀俊くんに怒られてばかりですね。
    おもしろいキャラクターです。
    高子さんも仕事となれば厳しいでしょうから。
    不器用なみね子のこと、明日からが楽しみです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      新しい髪型、新しい制服。とてもよく似合ってます。朝から癒されますね。

  6. ひるたま より:

    「三男の事も、2秒くらい考えました」
    三男くんの出演シーンが本当に2秒きっかり…笑っちゃいました!(^0^)

    すずふり亭で使用しているお米は「宮城県産」…これで東北六県全てが登場しましたね!(何故か宮城県出身のみ人間のキャラではないですけれど…(^m^;)

    「群馬 れんこん」「茨城 ねぎ」
    福翠楼の夫婦が抱えていた段ボール箱…無論すぐに目が行きました。みね子ちゃんいつ気づくかな~と思いながら見ていました。
    茨城県民としては、「れんこん」は茨城だっぺよ~!と見ながら感じた事も本音ですが。(^^;)
    余談ながら…調べてみた所、3年程前の統計ですがれんこんについては茨城県産の全国シェアは50%強、生産高は当然全国1位です。
    (長ネギについては、千葉県・埼玉県に次いで全国3位。「下仁田ネギ」等で有名な群馬県は5位)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      東北六県で宮城県だけが人じゃない・・・確かにそうですね。これから出てくるんでしょうか。

      • GATTO より:

        横から失礼します。

        千葉県はもっと悲しいです。千葉県出身は、愛子さんの婚約者だけ、しかももう亡くなっている(泣)。茨城とも東京ともお隣なのに・・・

        とはいえ、演じる方たちには結構いるのでうれしいです。三男君の泉澤さん、さおりさんの伊藤さん、そしてナレーションの増田さん。登場人物にも、千葉県出身がいたらうれしいなぁ。

        • 朝蔵(あさぞう) より:

          東京の隣接県だと神奈川県と埼玉県も出身者がいませんね。思い出の夏の海岸は神奈川県でしたが・・・

        • ひるたま より:

          こんにちは。こちらも横入り失礼します
          今朝(6/17)の放送分で、「千葉産 にんじん」の段ボールが登場していましたね!
          (秀俊くんが抱えていた段ボールに書かれていました(^^)

  7. Marmite より:

    皆さんがオープニングタイトルの話をなさっているのを読み、いつもイギリスからiPadで見ているのを利用して、画面を写真にとり、拡大してみました。

    左から、うず潮、あしたの風、たまゆら、ひよっこ、あかつき、おてもやん、のように読めます。おてもやんの後ろに赤い看板もあるのですが、ぼけて読めませんでした。(あしたの風とあかつきはちょっと怪しいかも)

    ちょうどひよっこの時代の連ドラタイトルですね。

    余談で失礼しました(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      こんなにたくさんタイトルがあったんですか!一作か二作くらいとばかり思ってました。もう一度じっくり見てみます。ありがとうございました。

      • まっくす より:

        写真に取って拡大ですか^^
        そうでしょうね^^生の放送で読み取るのは絶対無理^^
        したの方にもそれらしき看板があるのですが、あれは違うのでしょうか?中央やや左です。