みね子、再び由香と会う / ひよっこ 第71話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年6月23日(金)放送
第12週 第71話「内緒話と、春の風」

『ひよっこ』第12週 第71話 あらすじと見どころ解説

みね子はは鈴子からも由香への届け物を頼まれることになりました。鈴子も省吾と同様に、このことは誰にも内緒にしておいて欲しいとみね子に告げました。再び由香と会うことになったみね子は、次こそは喫茶店の支払いを自分ではしないと心に決めていました。

しかし、またしても飲食代を由香にもたせることに失敗。不愉快な気持ちを抱えて帰って来たみね子を鈴子は待ちわびていました。みね子は、鈴子を喜ばせようと本当はなかった由香からの伝言を鈴子に伝えるものの、鈴子にはみね子の嘘がわかっているようでした。

落ち込むみね子にヤスハルと元治は意外な事実を告げました。ヤスハルは柏木家の養子でした。そして一郎に馴染めないヤスハルを支えてくれたのは由香だったと言います。親の顔すら知らずに育った元治を気の毒に思い、すずふり亭に雇うよう勧めたのも由香でした。

その日のすずふり亭の営業が終わった夜。由香のことで混乱するみね子を、省吾は幼馴染の邦子がすずふり亭の近所で営んでいるバー・月時計に誘いました。省吾はそこで由香のことや由香への想いをみね子に語りはじめるのでした。

<<前回70話 | 次回72話>>

midokoro

省吾さんの一人娘・由香ちゃんのキャスティングが発表された際、由香ちゃんを演じるぱるること島崎遥香さんがこんな発言をしました。

「初登場シーンからヒロインに嫌みを言う娘。(中略)嫌な女と思うかもしれませんが、最後まで温かい目でみてください」

前回の初登場場面でみね子ちゃんに嫌みをたっぷりと言った由香ちゃんが、今回もまたその「嫌な女」ぶりを炸裂させます。

『ひよっこ』第12週 第71話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

由香ちゃんがどんな嫌みを言うのかはわかりませんが、ただ単に届け物をしてくれたに過ぎないみね子ちゃんに悪態をつき喫茶店の支払いまで押し付けるなんて、どんだけはねっかえり、どんだけアプレ娘なのかとただただ驚くばかりです。

しかし由香ちゃんのプロファイル情報によれば、彼女は幼い頃は素直で可愛い娘だったとのことです。

そんな可愛い由香ちゃんが変わってしまったのはお母ちゃんの死がきっかけでした。お母ちゃんとは省吾さんの亡き奥さんのことです。

素直な娘がお母ちゃんの死をきっかけに何故そこまで心がねじ曲がってしまったのか。

以下、僕の憶測です。

亡き夫からすずふり亭を受け継いだ鈴子さん。父親の遺志を継いで、母親を支えながらすずふり亭の繁盛に心を砕いてきた省吾さん。

時代は戦後の復興から高度成長期にかけて。さぞかし仕事で忙しかったかと思います。

だから、省吾さんは娘・由香ちゃんの子育てを奥さんに任せっきりにしていたような気がします。鈴子さんも仕事が忙しくておばあちゃんとして孫の子育てに関わる時間がなかった。

でも省吾さんの奥さん(由香ちゃんのお母ちゃん)の存命中にはそれでも問題はありませんでした。由香ちゃんの面倒を見てくれる母親という存在があったので。

ところが由香ちゃんの面倒を見ていたただ一人の存在がいなくなってしまった。でも、それまで子育てを奥さんに任せきりにしていた省吾さん。孫を嫁に任せきりにしていた鈴子さんは由香ちゃんの孤独に気がつかなかった。

もしかすると気がついたのかも知れません。でも、気がつくのが遅過ぎました。

そんなことがあって生じた牧野家の家族問題。と言うのが僕の憶測です。

気がつけばみね子ちゃん。自分の家の家族問題。そして牧野家の家族問題。二つの家族の問題に関わることになってしまいました。

『ひよっこ』第12週 第71話 観賞後の感想

みね子ちゃんと同じように頭がいっぱいでこれ以上何も入ってこない!と、悲鳴をあげたくなるようなあまりにも濃すぎる回でした。

「弱いやつやダメなやつが好き」

元治さんとヤスハルくん。ドラマの中のみね子ちゃんの視線から見た二人はどちらかと言えば嫌われ者のポジション。そこまでは言わなくても少なくともみね子ちゃんが苦手とするキャラ、残念キャラであることは間違いありません。

そんな中、元治さんとヤスハルくんの二人を軽々と超えてしまった、みね子ちゃんが苦手とするキャラのワーストワン・ポジションに君臨する由香ちゃん。

その苦手ワーストワンの由香ちゃんを、苦手ポジションで二位・三位を競っている元治さんとヤスハルくんがまさかの絶賛。しかも元治さんとヤスハルくんは二人揃って同情せずにはいられないワケあり人生を送ってきた人でした。

想像をはるかに超えた展開にしばし開いた口がふさがりませんでした。久しぶりに心の底から驚かされる展開でした。

さて、元治さんとヤスハルくんがちょっとばかり面倒くさい性格なのは他でもない、その悲しい生い立ちが心にゆがみを生じさせてしまったんでしょう。

そんな心のゆがみ。そのゆがみの背景にある悲しい思い出を鋭く見抜くことができた由香ちゃん。一方、みね子ちゃんは元治さんとヤスハルくんの感じの悪さに惑わされ、その心の奥にある悲しみまではまだ見抜けていません。(ちなみに僕も見抜けませんでした)

もしかすると由香ちゃんは、劇中に登場する登場人物たちの中で最も心優しいキャラなのかもしれません。そして、みね子ちゃんすらもが由香ちゃんの心づかいに学ぶ日が到来するような気すらしてきました。

追記:ヤスハルくんがどれほど一郎さんに悪態をついても「親子」をやたらと強調しつつ、決して声を荒げない理由も今回でよ〜くわかりました。

赤坂の人々、人生があまりにも濃すぎます。

鈴子さん・省吾さんと由香ちゃんの確執の原因

鈴子さん・省吾さんと由香ちゃんの確執の原因。ただ単に、最愛の母親の亡き後、仕事に忙しくて自分をかまってくれない祖母や父親にヘソを曲げただけでは済まされない。そんな気がしてきました。

では、牧野家に一体何があったのか。僕が知る限りの過去の朝ドラのストーリー展開パターンを参考にしながら想像してみました。

参考:マッサン

『マッサン』の主人公の師匠でもあった鴨居の大将の父と息子の確執の原因。それは最愛の母親の最期を父親が看取らなかったことにありました。

病床の母親を父親は見捨てた。息子はそう思い込みそこから確執が始まったものの、息子の思い込みは誤解でした。

父親は母親を見捨てたわけではなく、両親(夫婦)が結んだ夢を叶えるという約束を守るために、涙を呑んで母親よりも仕事を優先する決断を父親は下していました。

このパターンで牧野家の物語が展開するとこうなります。

由香ちゃんの母親、すなわち省吾さんの奥さんが病床に伏している間、省吾さんは奥さんを見舞わなかった。由香ちゃんはそんな省吾さん、そしてそれに異を唱えない鈴子さんを冷酷だと思った。

しかし、省吾さんは奥さんと約束していた。戦争で傾いてしまったすずふり亭の再興を必ず果たしてほしい。それまで見舞いは不要だと。

省吾さんは涙をこらえて仕事に専念。しかし由香ちゃんにはそれがわからない。

ただし、このパターンの場合だと疑問に残る点が一点。由香ちゃんが省吾さんのことを「お父さん」と呼んだものの、鈴子さんのことは「おばあちゃん」とは呼ばずに他人行儀に「鈴子さん」と呼んだ謎が回収されません。

参考:あさが来た

『あさが来た』の中で、新次郎さんが家業の両替商を嫌う理由になったのは、幼馴染の家族の破産とその後の離反へのトラウマによるものでした。

このパターンの場合だと・・・

弱い者やダメな者が好きだという由香ちゃん。時に、そんな人に過剰なまでに同情してしまうことがあるのかも知れません。

かつてのすずふり亭には、由香ちゃんが同情せずにはいられないようなタイプの従業員がひとり働いていました。しかし、その従業員は不正を働いてしまった。

心優しい鈴子さんと省吾さんはその不正の事実を他の者には伏せて、恥をかかせないようにしてその従業員を解雇。しかし、不正を伏せられていたので由香ちゃんにはその解雇に納得が行かない。そこから確執がはじまったという展開。

ただし、このパターンだと作劇上、母親が亡くなるという必要がなくなります。

まとめ

由香ちゃんという存在。牧野家が抱えている家族問題。それらに加えて赤坂の面々のこれまで歩んできた人生。一体、どのような形で回収されるのでしょうか。

これまでおっとりゆったりした癒しテイストだった『ひよっこ』。今回から風向きが変わったような気がします。

<<前回70話 | 次回72話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. こひた より:

    いよ~~ポン!

    てな感じで管理人さんお久しぶりです。

    ホント今日は目まぐるしい展開でしたね。                街中はけっこう華やかに見えるのですが、よくよく考えてみれば戦後まだ20数年しか経過してないんですよね。

    今から20年程前なんて、ちょっと前に感じてしまう
    それくらいの時間経過。

    昭和40年代前半、私の記憶はほとんどありませんが、世の中はまだまだ激動の真っ只中で様々なまた複雑な人間模様があったんだなあと思ったりいたしました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      お久しぶりです!

      昭和40年代前半、僕の記憶もわずかです。でも神社の境内などには傷痍兵がたくさん集まり「20年前」を生々しく物語っていたのをよく覚えています。

  2. GATTO より:

    こんばんは〜

    今日は元治さんのお話が最後まで聞けなくて残念でした。まぁ、みね子さんとしては、由香さんとヤスハルさんのお話で頭が一杯だったのでしょうが。今度は「それって、どういうことなんですか!?」と聞いてほしいものです。

    それにしても、みね子さんのその時のポーズ、右手に皮むき、左手にニンジンを持って、頭を抱えている姿が本当に可愛いかったです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      元治さん、やっぱりワケありの人でしたね。そして由香ちゃんへの恩義を忘れていないところがまた元治さんらしいと思いました。

  3. よるは去った より:

    邦子「今度方言教えてくれない?・・・・『企業努力』・・・・・・。」妙なフラグを覚えたのは私だけ・・・・・・?邦子さんの店いろんな人が集まる場所のようだし・・・・。ひょっとしてあの男(ひと)もご常連?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      みね子ちゃんから教わった奥茨城弁を邦子さんが口にし、それをあの男(ひと)が耳にしてオヤ?と思う。・・・という展開でしょうか。

  4. まっくす より:

    由香は好きな人が出来たということで家出したと云う話じゃなかったかな?
    それで 相手はどこにいるの?なんで実家に金をせびるの?
    家出したのに、すぐ近くに金受け取りにくるくらい近場にすんでるっぽい?
    どうなってるのやら?謎は深まります。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      当初、みね子ちゃんには嫁に出たと説明してました。身内の恥をさらすことは差し控えたのでしょう。みね子ちゃんにしてのっけからそんなことを言われても困るでしょうから。家出しても実家の近くというのは『ごちそうさん』と同じパターンですね。

  5. さや より:

    今日のお昼は見られなかったのですが、みね子にお金が返って来たみたいでよかったです!

  6. キヨコ より:

    制服姿のみね子に「働き者って感じ・・・こういうのが良かったんだろうねぇ」
    と言い放ったアパレ・・・おっと失礼、由香さん。

    鈴子さんたちが「こんなデザインだったのね~」と言っていたのは、実はあの制服は由香さんに用意したのに、一度も袖を通されなかったから?

    本来なら自分があの制服を着て、看板娘として働いているはずが、どこの誰だかわからないただの田舎娘が、鈴子さんに気に入られている
    そんな寂しさとやっかみを感じました。

    鈴子さんは、身内以外にも心を尽くす。もしかしたら身内以上に。
    その心が受け継がれているような由香さんだけど、家族には上手く表現できなくて、ここまでこじれてしまったのかな?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      > 看板娘として働いているはず

      由香ちゃんが「働き者」と言った時に一瞬だけ浮かべた寂しげな表情の理由が、上に引用したキヨコさんの洞察ではっきり見えました。やっぱり赤坂の残念な二人が言うように根はいい子なんですね。

  7. ひるたま より:

    私もみね子ちゃん同様「何が何だか…頭がいっぱい」で混乱している状態です。(?_?)
    飛行機でいえば、いきなり乱気流に巻き込まれた状態といえるかも?(実は乗った事ありませんがf^^;)
    とりわけ、柏木堂の‘御曹司’ヤスハルくんが養子だったと知った時には青天の霹靂でした。(頭の真上から大きな石をガツン!と落とされたような衝撃でした…^^;)
    それでもおそらく、柏木堂の一郎さん(夫妻)はヤスハルくんを愛情持って育て上げたのでしょう。でなければあそこまでいがみ合えない(?)でしょうから。(もっとも、半分はコント?^m^;)

    「弱いやつとか、ダメなやつの事が好きなんだ。面倒見たりするのが」
    実は私、一瞬だけながら由香ちゃんが亡くなったお母さん(省吾さんの奥さん)の「連れ子」かな?と思ったりしました。血の繋がりが無ければ「鈴子さん」の呼称もごく自然ですし。
    しかしながら…やはり、省吾さんそして鈴子さんと由香ちゃんは血が繋がっているような気がします。‘弱者’を見ると放っておけない&面倒みたくなる、というのは牧野家に代々流れているDNAなのだと思います。

    或いは…由香ちゃんは‘貰い子’のヤスハルくんに何か自分との共通点を見出していたのかな?

    「そういえば、俺を雇ってあげたらって言ってくれたのも由香ちゃんだったなぁ」「そうだったんですか?」
    みね子ちゃんが入る前に「お使い」役を頼まれて(やらされて?)いた秀俊くんも、元治さんの過去の事は知らなかった様子ですね。

    「あんなに優しくて、いい人達を困らせている、とんでもない娘だ…そうなんでしょ?」「違うんですか?」「違わない」
    由香ちゃん、心の底ではきっと父親&祖母の事を「優しくていい人達」だと認めていると、個人的には睨んでいます。
    明日以降の展開が待ち遠しいです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      今回の喫茶店での由香ちゃんの言葉。省吾さんと鈴子さんの優しさに復讐しているかのようでした。二人の優しさが何かの誤解を生んだ。そんな気がしてきました。

      追伸:飲食代を踏み倒して逃走する時の由香ちゃんの顔が妙に可愛かったです。

    • ひるたま より:

      続きです。
      今日の放送分で、バー『月時計』の店主「邦子さん」=白石美帆さんが初登場。
      「今度、方言教えてくれない?茨城の」
      ‘ネイティブ茨城弁’(しかも常陸大宮市出身)を話す(筈の)白石さんにこのセリフを喋らせるか~!?
      同じ茨城県民として見ながら吹き出しちゃいました!(^0^)

      • ひるたま より:

        さらに続きです。
        「イチコちゃん」今日も登場…それも「叩かれ役」で。(;^_^A
        今日の「叩き役」はヒロインみね子ちゃん。
        早苗さんと同様にバシッ!と一発ひっぱたき…その後にハッと我に返り、頭を撫でながら「ごめんね、イチコ」。
        高子さん・早苗さん・みね子ちゃん…それぞれのキャラクターの違いが表れていますね。

        再び『ガラスの仮面』を連想しちゃいました。「それぞれの登場人物として、この人形(イチコちゃん)を叩きなさい」これまた月影先生が‘お題’に出しそうですね。
        ひたすら叩かれ続けているイチコちゃんは些か気の毒ですが。(^m^;)

        • 朝蔵(あさぞう) より:

          イチコちゃん、セキセイインコなんですね。今日、はじめて知りました。

          ちなみにイチコちゃんを叩く動機を整理しました。

          高ちゃん:過激な愛情表現
          みね子ちゃん、早苗さん:八つ当たり

  8. もんすけ より:

    「働き者って感じ。鈴子さんが好きそうな…」

    そんな感じの言葉を由香ちゃんは言っていました。
    もしかしたら、すずふり亭を盛り立てようと経営者として頑張る鈴子さんに対し、病弱だった母親は負い目を感じており、それを(お母さんは病気なのに!)と由香ちゃん憤る…というのはどうでしょう。
    (やっぱりそれだけでは弱いですね。。。)

    ただ、弱い者をかばう気持ちをもつ由香ちゃんですから、ゆくゆくはお父ちゃん失踪にも力を発揮してくれるのかな?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      話が逸れてしまいますが「働き者って感じ」と言った時の由香ちゃんの表情が少し寂しそうに見えました。由香ちゃんもそんな娘のままでいたかった。でも何かの事情がそれを許さなかった。そんな気がしました。

  9. まいまい より:

    新しい展開となっていて今週も来週も楽しみですね。

    由香ちゃんがアプレちゃった理由を私も考えていたのですが
    こんなのはどうでしょうか?

    母親が生きていたときは、とても面倒見がよく素直な女の子だった由香ちゃん。

    母親が命にかかわる病気になったとき、残された時間を
    父親や祖母が由香ちゃんのことを思い(気を回し過ぎて)
    伝えていなかった。

    それを、母親の死後、由香ちゃんが知り、家を出てしまった。
    祖母のことを名前で呼ぶ理由は、母親の病気のことを
    自分に黙っていたのは祖母が考えたことだったから
    祖母を恨むようになってしまった。

    父親や祖母は、その恨みを今となってはどうすることもできず
    腫れ物に触るよう、お金だけを渡して生活を支援するようになった。

    でも、みね子ちゃんが間に入ることで、新たな展開となり
    誤解がとけるようになるのではないかなぁ
    と予測します。きっと涙、涙なんでしょうけど。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      由香ちゃんへの優しさがアダになる展開。あるあるですね。これなら誰もが納得できる展開になると思います。牧野家の問題、解決はいつ頃になるのか。気になってしかたありません。

  10. さぁ~ より:

    はじめまして。
    いつも楽しく読ませてもらっています。

    今日、鈴子さんがみねこちゃんのポケットに入れたお札は、岩倉具視の500円札といったところでしょうか?
    そしたら、ミックスサンド・チョコレートパフェ・コーヒー×2・オレンジジュースの代金にお駄賃つきかなと・・・(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      はじめまして!

      500円か1000円か、それくらいでしょうか。みね子ちゃんが「そんなにたくさん!」と、かなり驚いていたので1000円かなとも思いました。

      • ジョーズ より:

        ぶら下がり失礼します
        青っぽいお札だったから、500円かな?と、思っていました。
        あの頃の1000円札は白っぽかったんじゃないですかね?
        みね子の今月の残金が、どんどん寂しくなっていってたので、心配していましたが、ひと安心です。

  11. えびすこ より:

    ヤスハルが養子だったことを知り驚き。
    彼だけ名前がカタカナで表記されているのはなぜ?

    いるかいないかわかりませんが中華料理店の夫婦の子供が出ませんね。後半になってから出るのかな?

    みね子が結婚するのかどうかが視聴者の間で話題になっていると思いますが、もしかしたら今出ている男性陣の誰とも結婚しない可能性もあるのでは。8月の後半から出る人物が夫になる相手かも。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      仮に結婚するならばやっぱり綿引くんでしょうか。綿引くんと結婚することで、後半の舞台が再び茨城県となっても不自然ではありませんから。