みね子の悩みを知る早苗 / ひよっこ 第74話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年6月27日(火)放送
第13週 第74話「ビートルズがやって来る」

『ひよっこ』第13週 第74話 あらすじと見どころ解説

arasuji

実が建設会社の宿舎に戻らずそのまま行方が分からなくなったその日、実の身の上にどのような出来事があったのか。

すずふり亭を訪ねて来た綿引から聞かたみね子は早速、あかね荘の電話を借りました。奥茨城の美代子に綿引から聞かされた話を伝えるためです。

みね子が美代子と話し込むその話の内容を偶然に聞いてしまった人物がいました。みね子が美代子と電話をしていたその時、あかね荘の共同炊事場にいた早苗と純一郎です。

そうとは知らず、二人に挨拶だけしてその場を立ち去ろうとするみね子に対して、早苗が怒り始めました。

父親が失踪してしまったという大事なことをこれまで話さなかったみね子に対して、早苗は水くささを感じていたのです。

みね子は父親が行方不明になっていたことを言えなかった本心を初めて語り、純一郎はつらい話をするみね子を見守ります。

同じ頃、実のことを知らされた宗男が谷田部家にやってきました。宗男は谷田部で偶然読んだ新聞の記事に興奮し始めるのでした。

<<前回73話 | 次回75話>>

midokoro
毒舌家の早苗さんが実はとても優しい人であることは、みね子ちゃんが目覚まし時計をセットし忘れたある日の出来事を通じて視聴者には伝わっていました。

純一郎くんもうすうすそのことに気づいていた様子です。

一方、みね子ちゃんだけはまだ早苗さんの真の姿を知りません。その早苗さんの優しさを今回はじめてみね子ちゃんは知ることになるのでしょうか。

『ひよっこ』第13週 第74話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

自分は農家で生まれたから朝には強いと大きな勘違いをしているみね子ちゃんは、実は朝に弱く目覚まし時計のベルをなかなか止めることができません。

その音に叩き起こされる早苗さんは、その目覚まし時計のベルの音の有無に反応するようになってしまいました。

何故、その音に反応するのか。

毒舌家の見た目からはにわかに信じがたいことですが、早苗さんは他の誰よりも身近な人のことを大事に考え、時には心配する人なのでしょう。

その心配性が炸裂したのがあの目覚まし時計の場面。

みね子ちゃんの目覚まし時計がならない。いつもなら目覚まし時計がなるはずの時間なのにベルの音が聞こえて来ない。

みね子ちゃんの身の上に何か起こったのではないか。

身内を心配するレベルでみね子ちゃんを案じる早苗さんの、落ち着きを完全に失った姿は見ていて痛々しいほどでした。(そしてその痛々しさがとっても笑えました)

早苗さんの毒舌も、実はその心配性が強いあまりに言葉が過ぎてしまうのが原因なのかも知れません。

だとすれば、過去にお見合いで早苗さんをフった38人の男性は、これ以上望めないほど心優しい女性との出会いを逃していたことになります。

その38人の男性の選択が幸運だったのか不幸だったのか、今回あたりではっきりするのではないでしょうか。早苗さんの本当の姿が描かれることで。

ドラマの中での早苗さんの最大の見せ場の一つのはじまりです。

『ひよっこ』第13週 第74話 観賞後の感想

kanso

<<前回73話 | 次回75話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ