ビートルズガヤッテクル / ひよっこ 第75話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年6月28日(水)放送
第13週 第75話「ビートルズがやって来る」

『ひよっこ』第13週 第75話 あらすじと見どころ解説

arasuji

月日は流れ昭和41年(1966年)4月。東京の武道館でビートルズの来日公演が開催されることが発表され日本中のビートルズファンがそのニュースに湧きました。

そのニュースに熱くなった男が奥茨城にも一人いました。宗男です。

実の新しい情報が入ったと美代子に知らされ、谷田部家に駆けつけて来た宗男はそこで偶然読んだ新聞の記事でビートルズ来日を知ったのです。

宗男はそのニュースを新聞で見つけるやすっかり興奮してしまい、早速、東京のみね子に宛てて「ビートルズガヤッテクル」という内容の電報を送ります。

また宗男は自宅の一室を改造した秘密基地に閉じこもって情報収集を開始。しかしその現場を妻の滋子に抑えられ、遊ぶ暇があったら働けと叱咤されてしまいます。

一方、宗男からの電報はみね子のもとに届きました。

ビートルズら日本にやって来ることに宗男がどれほど感激しているかを察したみね子は、ビートルズをどう思うかを省吾や一郎たちに質問。

ビートルズが大好きだと答える二人がコーラスを始めるその一方で純一郎の反応には鈍いものがありました。

そんな中みね子は、宗男に喜んでもらうために自分に何か出来ることはないかと考えはじめるのでした。

<<前回74話 | 次回76話>>

midokoro
[2017/06/21追記] 宗男おじさんのおっかない嫁の初登場が確定です!

実さんの最新の情報からはじまり早苗さんの意外な優しい一面の描写で始まった第13週は、今回から宗男おじさんのエピソードにシフトチェンジします。

宗男おじさんと言えばビートルズ。

今週のサブタイトルにもなっている通りビートルズが日本にやって来ます

『ひよっこ』第13週 第75話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

史実でのビートルズ日本公演は昭和41年(1966年)6月30日(木)、7月1日(金)、2日(土)の三日間。東京九段にある日本武道館で行われました。

ドラマの中に登場する予定のビートルズ来日公演の関連チラシにも同じ日、同じ会場名が印刷されていますので、史実に沿ったエピソードが描かれるようです。

ちなみにビートルズの四人は日本公演の初日の前日・6月29日(水)午前3時39分に羽田空港に到着。公演最終日の翌日・7月3日(日)午前10時44分に羽田空港から離日しました。

さて、話を『ひよっこ』に戻します。

宗男おじさんが久しぶりに登場します。ところで僕の記憶に間違いがなければ、これまでの宗男おじさんの登場場面は谷田部家、谷田部家の田んぼ、そして宗男おじさんが婿入りした小祝家の田んぼのみ。

宗男おじさんのおっかない嫁「小祝滋子」も未登場なら、小祝家も未登場です。

おそらく宗男おじさんがビートルズ来日の記事を発見するのは自宅でしょう。すると小祝家もドラマ初登場。

その時、一緒におっかない嫁「小祝滋子」も登場するのでしょうか。

今回、その点がとても気になっています。

[2017/06/20追記] 宗男おじさんがビートルズ来日のニュースを知ることになるのは谷田部家であることが判明しました。残念。

追伸:ビートルズの日本公演に関する情報を調べていて、朝ドラ『ちりとてちん』のセリフの一つがこの日本公演をネタにしていることにはじめて気が付きました。

徒然亭の面々は居酒屋「寝床」の舞台を高座として使いたい。しかし「寝床」の店主・熊五郎さんがそれを拒む。

そこで、草若師匠の弟子の一人で算段を得意とする四草が一計を案じました。

四草が言葉巧みに熊五郎さんを説得します。我々徒然亭の高座は熊五郎さんの前座。ビートルズの前座のドリフターズみたいなもの。

この「ビートルズの前座のドリフターズ」の元ネタが昭和41年(1966年)のビートルズの日本公演。実際にドリフターズが前座として武道館の舞台に上がったとか。

ちなみに前座にはドリフターズの他に、尾藤イサオ、内田裕也、望月浩、桜井五郎、ジャッキー吉川とブルーコメッツ、ブルージーンズが登場。

ビートルズの本公演がわずか40分間だったのに対して前座だけで1時間以上あったのだそうです。今ではありえない内容ですね。

『ひよっこ』第13週 第75話 観賞後の感想

kanso

<<前回74話 | 次回76話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


6 Responses to “ビートルズガヤッテクル / ひよっこ 第75話”

  1. ひるたま より:

    来日講演→‘公演’かと思われるのですが…(失礼!)

    予告フィルムでも、「おっかない嫁」=滋子叔母ちゃんの姿が見えていました。いよいよ夫婦ツーショット(?^^;)が見られそうですね!

    実際の来日公演の内容を知ってビックリ!…現在でしたら間違いなく「金返せ!」クレーム殺到は避けられないかも??(^m^;)

  2. hiyokko より:

    1966年は、昭和41年

  3. ひるたま より:

    昭和44年(1966年)とありますが…昭和41年が正しいのではないでしょうか?
    (なお余談ながら…昭和44年は当方が生まれた年です^^;)

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ