宗男が東京にやって来る / ひよっこ 第78話

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年7月1日(土)放送
第13週 第78話「ビートルズがやって来る」

『ひよっこ』第13週 第78話 あらすじと見どころ解説

arasuji

ビートルズの来日公演が近づいて来た昭和41年(1966年)6月下旬のある日。

あかね荘にやって来た思いがけない来客がみね子を心から驚かせます。宗男がバイクに乗って茨城県からやって来たのです。

ビートルズが日本に滞在しているその間、ビートルズの四人が吸っているのと同じ東京の空気を自分も吸いたい。

それが、ビートルズのチケットも持っていないのに東京までやって来た、宗男の上京の目的でした。

あかね荘の面々に紹介された宗男は連れて行ってもらいたい場所があるとみね子に言いだしました。

それは実の姿が目撃されたという商店街でした。

数日間だけ東京に滞在することを望む宗男の新たな行動が、みね子をさらに驚かせました。

あかね荘の空き部屋に間借りさせて欲しいと、宗男は富に交渉を始めたのです。

ビートルズが東京にいる間、自分も東京に滞在しよう。そう考えた宗男が滞在先に選んだのがみね子が暮らすあかね荘でした。

富の持つ独特の雰囲気に気圧されながらも、宗男はあかね荘の一室の曲がりを頼み込むのでした。

<<前回77話 | 次回79話>>

midokoro
宗男おじさんが東京にやってくる場面が描かれるらしい。その情報は別のページでお伝えしていましたが、その場面が今回登場することが確定です。

奥茨城の田園風景の中をいつも疾走していたあのバイクにまたがって、宗男おじさんが東京までやって来ます。

『ひよっこ』第13週 第78話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

宗男おじさんが東京までやって来るのは、ビートルズ来日公演の招待券が当たったからなのかどうかはこの記事を投稿した6月19日の時点では定かではありません。

しかし、懸賞に外れたとしても宗男おじさんならビートルズと同じタイミングで東京に滞在できるというその一事だけで十分に幸せを感じるかも知れませんね。

一つ屋根の下ならぬ、一つ空の下。ささやかな幸せを見つけ出してそれを最大限に喜ぶことができる特技を持った宗男おじさんのこと。

ビートルズ公演に行く宗男おじさんよりも、ビートルズと一緒に東京に滞在できるその幸せを噛みしめる姿の方が宗男おじさんらしいなと僕は思います。

ところで宗男おじさんの上京にあたりとても気になっていることが二点あります。

一つは、みね子ちゃんの高校時代に宗男おじさんがみね子ちゃんに話しかけた、宗男おじさんの心の中の秘密です。

宗男おじさんはみね子ちゃんに言いました。自分はあることをきっかけにして人生を笑って過ごそうと心に決めたのだと。

でも宗男おじさんはそのきっかけについてはみね子ちゃんに語るのを保留にしました。みね子ちゃんが大人になったら聞かせてやると。

みね子ちゃん、奥茨城のあの頃よりは確実に大人になっています。

宗男おじさん、そろそろ心の中の秘密を聞かせてくれるでしょうか。

今一つは、宗男おじさんと富さんの会話、一体全体どんなことになるの?という点です。

これはもう爆笑を避けては通れない。果たして宗男おじさんは交渉に成功してあかね荘の間借りをさせてもらうことはできるのでしょうか。

ところで富さんを攻略するポイントはたった一つだけ。

交渉開始前に、みね子ちゃんが富さん攻略法を宗男おじさんに伝えてあげられれば、富さんの攻略は間違いなく成功するでしょう。

富さん攻略のポイントは「美味しいもの」ただこの一点です(笑)

『ひよっこ』第13週 第78話 観賞後の感想

kanso

<<前回77話 | 次回79話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


2 Responses to “宗男が東京にやって来る / ひよっこ 第78話”

  1. ハイジ より:

    ×曲がり➡○間借り ですね(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ