島谷の本音を聞くみね子 / ひよっこ 第87話

2017年7月12日(水)放送『ひよっこ』第15週

あらすじと見どころ解説

早苗の提案で時子の歓迎会を開くことになりました。歓迎会の会場になった月時計に向かう途中、見知らぬ少女が島谷に声をかけてきました。その少女は、島谷からビートズルのチケットを譲ってもらったお礼を言うためにやってきたのです。

島谷がビートルズのチケットを手に入れていたこと。そして、そのチケットをみね子の見知らぬ人に譲っていたことを、その時みね子は初めて知りました。複雑な気持ちになるみね子に対して、島谷はすべてを打ち明けます。

チケットは父親が手に入れてくれたものだった。みね子に渡したかったが、みね子から単なる恵まれている奴と思われたくなかったと。島谷が口にした言葉は、みね子に対する特別な感情に満ちたものでした。

すると、島谷の本心を知った啓輔は場違いな質問をしました。島谷はみね子に恋をしているのではないかと。時子もみね子の島谷への恋心を暴露します。それは新しいカップル誕生の瞬間でした。時子に背中を押され、みね子は島谷との交際を決意するのでした。

<<前回86話 | 次回88話>>

Sponsored Link

見どころはここ♪

島谷くんはやっぱりビートルズの来日公演のチケットを手に入れていました。珍しくブログ主の予想が当たり、島谷くんは佐賀の実家のお父上に入手してもらっていたのです。

しかし、大変な思いをしてチケットを手に入れようとし、しかも願いが叶わなかったみね子ちゃんの姿を見て、島谷くんはチケットを渡したくても渡せなかったようです。

島谷くん、いい男です。泣かせます。

『ひよっこ』第15週 第87話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年7月12日(水)放送
第15週 第87話「恋、しちゃったのよ」

みね子ちゃんと島谷くんの恋。誰の目にもはっきりとわかるようなフラグが、今回までのドラマの中でいくつも立ってきましたが、ついに今週から本格稼働のようです。

記念すべき恋バナのスタートのきっかけはビートルズのチケットです。

宗男おじさんに喜んでもらいたい一心から、みね子ちゃんがギャンブラーと化してまで手に入れたいと望んだビートルズのチケット。

歯磨きを大量に買い込み、それを資金化すると再びキャッシュを歯磨きに再投資するという行動はいかにも個人商店(谷田部家の場合は農家)の娘らしいものでした。

でも、あんなにたくさん買ったのに懸賞の結果は全滅。

深く深く落胆し、あかね荘の廊下でしゃがみこんでしまうみね子ちゃんの失意の姿をブログ主はいまだに忘れることができません。

失意に沈むみね子ちゃんの姿を忘れられない人物がもう一人いるはずです。それは、みね子ちゃんの落ち込む姿を目の前で目撃してしまった島谷くんです。

すでにあの時、島谷くんはみね子ちゃんに対して淡い恋心を抱き始めていたようす。だからより一層、みね子ちゃんの姿はこたえたはず。

しかも島谷くんはあの時、ビートルズのチケットを持っていました。

実家のお父上のコネを使って手に入れたのだそうです。バーで一緒にお酒を飲んでいた良家のボンボン、または何代目かのアホボンの学友たちと同じように。

でも、島谷くんはみね子ちゃんにチケットを手渡すことができませんでした。

それは、チケットを手にれるのに大変な思いをしているみね子ちゃんの姿を見て、簡単にチケットを、しかも自力でなく他力で手に入れた自分が恥ずかしくなったからです。

加えて手に入れてくれたのは父親。この点でもお父ちゃんがいなくなってしまったみね子ちゃんに対して負い目を感じたものと思われます。

ところでこれは当ブログにいただいたコメントで知ったのですが、島谷くんというキャラクターは良家の子息ということで、とてもお行儀よくしつけられた設定なのだそうです。

そのお行儀良さを表しているのが、共同炊事場でコーヒーカップなどに両手を添えて持つその仕草。片手でカップを持つ。そんなワイルドなことは普段はしない。それが島谷くんという良家のご子息キャラのデフォルトの姿です。

ところが学友たちとバーで酒を飲む島谷くんは、グラスを片手で、しかも島谷くんにしては激しすぎるあおるような飲み方でした。

あの時の島谷くんらしからぬ仕草の理由が今回ようやく明らかになります。

島谷くん、深い深い自己嫌悪におちいっていたんですね。

そんな心の揺らぎの場面を経て、いよいよみね子ちゃんと島谷くんの恋バナが本格的にスタートします。

『ひよっこ』第15週 第87話 観賞後の感想

啓輔くんに空気を読む力がまるで備わってなくてよかった。時子ちゃんが住む場所を失っていてよかった。そしてよりによって早苗さんがストレス発散が必要なほど嫌なことがあってよかった。いくつもの条件が偶然に重なって新しいカップルが誕生しました。

新カップル誕生への早苗さんの反応

今回、みね子ちゃんと島谷くんのカップルが誕生することは事前に知ってはいたものの、とっても気がかりなことが一つだけありました。それは早苗さんの反応です。

あかね荘の共同炊事場で、早苗さんと島谷くんが一緒にいる場面がこれまで何回も描かれてきていました。しかも、早苗さんの島谷くんへの毒舌の中身から考えて早苗さんは島谷くんにもしかして好意を抱いている?そんな気さえする瞬間すらありました。

だから、みね子ちゃんと島谷くんのカップルが誕生してしまったことで、早苗さんはどんな反応を示すのだろう。複雑な表情を浮かべるのかな?と、ずっと今日まで気になっていたのですが、どうやらその心配は杞憂に終わったみたいです。

早苗さんが、実は心の中では妹のように可愛いと思っているはずのみね子ちゃんの恋を祝福する時の表情。あの表情には裏も面もない。そう信じます。ただし、またしても「先を越される」ことで永遠の25歳の延長を心配しているかもしれませんが(笑)

話が前後してしまいますが、今回の啓輔くんと時子ちゃんのまさかの暴露前。月時計の店の前で見知らぬ女の子がやって来たその時から、早苗さんは可愛い妹・みね子ちゃんのことをずっと気にかけていました。

月時計の席についてすぐに、早苗さんが島谷くんに対して「どうなんだよ青年?」と強く迫ったのも、他ならぬみね子ちゃんのフォローのために違いありません。

早苗さんは、新カップル誕生。そしてみね子ちゃんの幸福を心から祝福している。僕は早苗さんについてはそう受け止めることにしました。

そして、記念すべき新カップル誕生の瞬間に立ち会えたことで、早苗さんの抱え込んでいたストレスもかなり発散されたかと思います。めでたし。

新カップル誕生への時子ちゃんの反応

「親戚の酔っ払ったおじさんみたい」

時子ちゃんが号泣をはじめたとき、僕は祐二くんの発言に限りなく近いことを考えていました。酔っ払ったお父ちゃんみたいだなって。

きっと時子ちゃんに怒鳴られますね。

祐二くんはしっかりと時子ちゃんに怒鳴られましたが、彼は僕よりもずっとデリカシーのある青年でした。お父ちゃんと言わずに親戚のおじさんと言ったところに。

失踪したお父ちゃんのことをみね子ちゃんが思い出していたその直後に「お父ちゃん」発言はまずい。祐二くんは咄嗟にそう判断して「親戚のおじさん」にしたのでしょうか。

それはともかく「親戚の酔っ払ったおじさん」とは祐二くんの言葉のチョイスと人間観察力は絶妙です。漫画家として成功するポテンシャルを感じずにはいられません。

話を時子ちゃんに戻します。

時子ちゃんがこの場にいてくれて三つの点で良かったと思います。

一つはもちろん、時子ちゃんによる「と、言うことは二人は両思い!」暴露発言。あの場に居合わせた面々の中で、みね子ちゃんの島谷くんへの恋心を完璧に知っていたのは時子ちゃんだけです。

早苗さんも感づいてはいたようですが、それはあくまでも憶測の域を出ません。

だから、啓輔くんの空気の読めない爆弾発言があったとしても早苗さんがみね子ちゃんのことを暴露したかどうか。仮にみね子ちゃんの恋心をはっきりわかっていたとしても、早苗さんはあの場での暴露はしなかったでしょう。

これは、みね子ちゃんに対して遠慮がほぼほぼ皆無で、しかもそれが許されてしまう時子ちゃんだからこそできる芸当です。

時子ちゃんがこの場にいてくれて良かった:1。

もう一つの、時子ちゃんがこの場にいてくれて良かった点。それは「親戚の酔っ払ったおじさんみたい」な号泣です。

偶然が重なる中で本人たちの覚悟もあやふやな中で誕生してしまった新カップル。時子ちゃんの号泣がなければ今回の感動はもう少しだけ薄いものになっていたかもしれません。

また、みね子ちゃんの幸福を泣いてまで祝福してくれるような人はあの場にはいませんでした。これもみね子ちゃんの心からの親友である時子だからこそできる号泣です。

時子ちゃんがこの場にいてくれて良かった:2。

最後の一点は、失踪したお父ちゃんのことを思い出したみね子ちゃんが恋に踏み出せないでいることに、時子ちゃんがすぐに気がついた点。そして時子ちゃんがみね子ちゃんの背中を押してくれた点。

家族に遠慮して自分の幸福をつかめない。そんな考え方をしがちなみね子ちゃんのことを時子ちゃんは誰よりも深く理解しています。

これも時子ちゃんだからこそできる激励です。

時子ちゃんがこの場にいてくれて良かった:3。

そして増田明美さんの反応

「みね子、私からもおめでとう!」

増田明美さんまでがまさかの祝福。朝から祝祭ムードいっぱいの気持ちの良い一日のはじまりとなりました。

というわけで、みね子ちゃん、僕からもおめでとう!

<<前回86話 | 次回88話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. もこもこ より:

    早苗さんにあった嫌なことって、
    実は
    みね子ちゃんの事を、島谷さんの方が知ってた事なのでは…?

    …違うのかなぁ??

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      早苗さん、いろんなストレスを抱え込んでそうなのでなかなか想像がつきません(苦笑)

  2. だいふくぶー より:

    こんばんは!最近、生活時間がちょっと変わってしまい、残りの5分を見られずにいて、あらすじを検索しているうちにこちらのブログにたどり着きました。楽しく拝見させていただきました!

    1話分、過去の話になるので、コメントしようかどうか迷ったのですが、早苗さん好きとしてどうしても一言と思い、こちらに書かせていただきました。

    私は早苗さんの恋心はむしろ、みね子へ向いている気さえしています。乙女寮同窓会が開かれる日の炊事場での3人のやり取り。早苗さんと島谷くん、どちらがより、みね子の事を知っているか競うように情報を出し合う場面で、早苗さんが焼いている餅を間に見せる=妬きもちという演出。そこでの二人は、みね子を取り合うライバルです。そして時子の住人たちへ挨拶。島谷くんにガツガツと質問を浴びせる時子を見た早苗は、時子が何をしようとしているのか、すぐに勘づき、協力しようとしたように見えました。だって、早苗さんは、みね子が実の失踪についてあかね荘のみんなに告白した際、「あんたはそうやって生きていくつもりなの?」と、心配していたから。だから、この日、早苗さんはほんとは嫌なことなんか無かったんじゃないかなと、自分は思っています。

    何て、どうなんでしょう?!早苗さん大好きなので、洞察力と優しさと不器用さとを兼ね備えた人と見ており、自分の都合の良いように解釈しておりました。
    長々と書いてしまい、失礼しました。ひよっこ、面白くて毎朝楽しみですよね♪こちらのブログも楽しみにしております!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      > 早苗さんの恋心

      みね子ちゃんの同窓会について知っている情報を島谷くんと競い合っている時の早苗さん。かわいかったですね。宗男おじさんは笑えと言ってましたが、十分に可愛かったです。

      みね子ちゃんの入居した頃の目覚まし時計騒動やら何やらで、早苗さんのみね子ちゃんへの意識が向かううちに、みね子ちゃんが特別な存在になってしまったんですね。

  3. こひた より:

    みんなで乾杯した時、みね子ちゃんがわざと島谷くんとは乾杯しなかった場面、2人の表情、特に島谷くんの狼狽ぶりがとても面白かった(その後の展開がなんとなくわかっているからですが)

    なにはともあれ、私はみなさんの逆で寝る前に観るもんですので、どうやら今夜は気持ちよーく眠れそうです。

    ではおやすみなさいませ。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      乾杯の時の表情、そこには気がつきませんでした。見直してみます。

  4. ひるたま より:

    続きです。
    「あんたは、言ったら一番自分が張り切っちゃうからって」
    …時子ちゃんの母親である君子さんに、かつて美代子さんが言ったセリフを思い出してしまいました。(聖火リレーのエピソードの時です)
    時子ちゃんの性格、母親=君子さんをそっくり受け継いでいるのでは??(^^;)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      時子ちゃんが手紙を寄越さないことをみね子ちゃんは真剣に怒ってましたが、同じく受け取る手紙がいつも一言で終わっている君子さんはこんなものかと笑っている。娘のことをよくわかってます。やっぱり似た者親子なのでしょう。

  5. GATTO より:

    こんばんは〜 たびたび失礼します。今度は、帰って、録画を見た後ですよ。

    ドラマの中では、時子さんの方がみね子さんよりも何か月か上だったのですね。みね子さんの20歳の誕生日は、ドラマの中でやってほしいです。それにしても、みね子さんがお酒を飲んでいないことを知った時の、純一郎さんのホッとした表情が良かったです。

    いやぁ、「親戚のおじさん」発言良いではありませんか。皆さん、宗男おじさんに会ったばかりですか
    ら。今回の時子さんと宗男おじさん、どこかかぶり
    ます。宗男おじさんはずっと素面でしたが、もし、
    みね子さんの結婚式に出たら、今回の時子さんみた
    いな様子になるのかも。祐二君、時子さんに怒られたけど、別に謝らなくても良いのでは?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      > 別に謝らなくても

      時子ちゃんはたとえ自分に非があっても相手に強引に謝らせるキャラなのでしょう(笑)

  6. ひるたま より:

    朝蔵さんも度々指摘されていた「作劇上の理由」による時子ちゃんの再登場…こういう訳だったのですね。
    確かに、みね子ちゃんも島谷くんも自ら積極的に気持ちを外に出さない性格ですし。
    そしてみね子ちゃんの背中を押せるのは…あかね荘の面々達では些か弱い。どうしても強引(?)なレベルの後押しが出来るのは……1人しかいないという事で。

    今日の放送分での「カップル」誕生に水を差すつもりは毛頭ありませんが…率直に申し上げて、何故だか素直に2人に対して「おめでとう」と言えない自分がいます。
    周囲からやや強引ともいえるやり方で「カップル」になって、当人同士は嬉しいものなのでしょうか?

    そして…個人的には何故だか時子ちゃんが鬱陶しく思えてしまいました。
    時子ちゃん、確かに高校時代からハッキリと物言う性格ではありましたが…実際問題自分がみね子ちゃんと同じ様な状況だったら、あの場ではあそこまで強引に入り込んで欲しくないと感じます。
    このままでは時子ちゃんを嫌いになってしまうかも?と思う自分がいます。時子ちゃんも「根はいい子」の筈だと思っているのですが。(これが別の脚本家の先生だったら…もっと「嫌な女」にされていたかも?などと、ふと思ってしまいました…余談ですが)
    実際問題TL検索していたら、些か少数派ではあったものの、「時子が鬱陶しい」等々…自分と同じ気持ちを抱いた視聴者の方達もいてホッとしました。…私の心がねじ曲がっているのかも分かりませんけれども。(^^;)
    受け止める視聴者の感情に「正解」は無いもの、と思いたいです。

    おめでたい展開に些か水を差すようなコメントになってしまい大変申し訳ないのですが…このような見方&感想を抱いている者もいる、という事で受け止めて頂ければ幸いです。
    無論このドラマは好きですし、先の展開も気になりますので明日以降も見続けます。(^^)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      周囲に乗せられて始まるみね子ちゃんの恋。この島谷くんとの関係を綿引くんやヒデくんとの関係と対比させると、周囲に乗せられずに相手の気持ちを見極めて恋をするにはみね子ちゃんの未熟さが際立ちます。そんなみね子ちゃんの成長過程を描写するための「作劇上の理由」があるのかなって考えてます。

  7. さん より:

    青春回でしたね。
    でもでもなんだろう。うーん。今いちみねこと島谷さんがしっくり来ないというか、、
    ただの個人的な意見ですけどね。過程があまり描かれてなかったからでしょうか。
    まだ綿引さんとの方がしっくりきたというか、始まりかけたところで終わってしまいましたが、綿引さんに惹かれていくっていうのであればまだ自然に入り込めたかなと少し思ってしまいました。今後も見守ります。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      綿引くんとの距離を縮める過程を丁寧に描きながらそれを中断させるその一方で、島谷くんとの距離の描写はややスキップ気味。今後の展開の都合上、何か狙いがあるのかなと思って観ています。

  8. 琵琶娘 より:

    一視聴者のような増田明美さんの感情豊かなナレーション。「おめでとう!」がより一層溢れましたね。携帯もスマホもないこの時代が愛らしいなぁ。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コミュニケーションツールがないあの時代の恋のはじまりってこんなでしたね。懐かしいです。

  9. はなはな より:

    はじめまして。いつも楽しく拝見させて頂いています。
    (一度コメントしたことありますが、その時の名前忘れました^^;)

    初々しい二人をニヤニヤしながら見てましたが、早苗さんファンとして、管理人さんの感想を読んで一言。
    早苗さん、私も、やっぱり少しは島谷くんに好意をもっていたと思ってます。
    自分のことをあれだけ分かってくれる人っていなかったんじゃないかな、と思うし。
    で、いつぞやの「もしかして私に気があるんじゃない?」で、島谷くんの気持ちを確かめたのかなって。
    だけど、どうやら脈はなさそうだと感じて、早々に割り切ったんじゃないかな~と、想像してます。

    二人(島谷くん・早苗さん)は、どちらも、本音をさらけ出すのが苦手な者同士、さびしがり屋のくせに、今まではプライドも邪魔して、他の住人とは距離をとって付き合ってきたんだろうけど、みねこちゃんが来たことで、住人同士で仲良くなれた。
    だから、二人でいる場面も多いけど、漫画家たちともおにぎり作ったりもしてたし、そこに特別な意味はないかな、と思います。

    もはや、心から、姉な気持ちで心から祝福してると思いますよ♪
    (個人的には、この意地っ張りな島谷・早苗カップルのラブストーリーも見てみたいですけどねw)

    終わるまでに、早苗さんがハッピーになる話も見れるといいな、と、切に願ってます。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      実は僕にも早苗さんと島谷くんの恋に期待していたところがあったのですが、今回の早苗さんの様子を見て早苗さんはどこかできっぱりと一線を引いたんだなと理解しました。そこで僕も早苗さんと島谷くんへの期待に一線を引くことにしました。残念ですが(涙)

  10. GATTO より:

    こんにちは〜

    うんにゃあ、祐二君に、そこまでの配慮があるかなぁ?まだ今日の放送を見ていないので、はっきり言えないのですが、初対面のみね子さんに「啓輔の彼女け」と言った彼ですからねぇ。
    花嫁の父って、そんなに飲むかなぁ?だから「親戚のおじさん」じゃないのかな?と思っています。

    まずは、おめでとうございます。帰ってから見るのを楽しみにしています。

  11. うみがめ より:

    ついにみね子と島谷君のカップル誕生、初々しい二人でしたね!
    みね子はこんな時でもお父さんのことを思い出して、自分の気持ちにストップをかけようとしていました。みね子はいつも自分のために自分から動くことはしない子で、それはお父さんに苦労をかけていると思っているから。でも、時々見かける今の実さんは身なりもよくて、苦労しているようには見えません。もしかして実さんは今、幸せに暮らしているかもしてません。もしそうだったら、みね子はどうなるんだろうと、少し先のストーリーが怖くなりました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      みね子ちゃんの苦労がアダで返されるというこの先で予想される悲しい状況。そこまで想像が及びませんでした。そんな切ない場面、あるかもしれませんね。

  12. かな より:

    島谷さんとみね子が結ばれましたね…(笑)
    チケットの件ですが、ドラマ尺があるのは仕方ないかもしれないけど宗男さんに渡したんだけど宗男さんがその女の子に渡したまで話してほしかったです。

    これからどんな展開があるのか分からないけど、引き続き見守って行こうと思います。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      何故、みね子ちゃんにチケットを渡さなかったんだ!と責め立てるような眼差しが早苗さんから島谷くんに降り注がれていたので、もしあそこで宗男おじさんが渡したと言ってしまうと、今度は早苗さんから責任転嫁するのか!と責め立てられる危険を感じたのかもしれませんね(笑)

  13. よるは去った より:

    ビートルズファンの女の「会えて良かった・・・・・。」やはり再登場しましたね。わざわざ探して礼に来るのは感心だけど、ちょっとタイミングがよろしくなかったかな?でも残した波紋が純一郎君の本音を引き出し、増田N 「 私からもおめでとう!」というオーライな結果は残したようですが。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      宗男おじさんからチケットを手渡された女の子。来るタイミングが悪かったですが、いくつもの場違いが重なり、結果としてハッピーなエンディングでしたね。

  14. ついにカップル誕生!なぜか泣けてきましたよ。いつのまにか時子と同じように、親戚のおじさん気分になってるのかもしれません。笑
    でも、朝蔵さんのブログによると、悲しい過程を辿りそう。ただ、以前、あさイチに島谷君が出てた時、こう来るか、という展開になる、と言ってました。どうなるんでしょう?目が離せませんね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      僕も親戚のおじさんになってました。だから時子ちゃんの気持ちがよ〜くわかりました。

      > こう来るか、という展開

      みね子ちゃんが笑顔になれる展開であってほしいですね。

  15. 安ママ より:

    もう、朝から胸キュンキュンでした。
    何十年も昔の、若かりし頃のときめきを久しぶりに思い出しました(笑)
    今の恋愛事情は全く変わってしまったけど、あの時代の、言いたいけど言えない2人に、けしかける周囲、でも、温かい野次馬で…。
    いいですねー。
    今の子たちが見たら、結婚する訳でもないのに大騒ぎし過ぎ!なんて思うのかな。
    思い起こしてみて、つくづくいい時代を生きて来たなぁとしみじみしました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      > つくづくいい時代

      同感です。ところで『あまちゃん』ではYMOの『君に胸キュン』が繰り返し使われていましたが、今日のこの場面こそ『君に胸キュン』がピッタリですね。でも残念ながらこの時代にはまだYMOデビューのずっと前のことですが。