島谷がみね子に告白する / ひよっこ 第88話

2017年7月13日(木)放送『ひよっこ』第15週

あらすじと見どころ解説

月時計に集まっていたあかね荘の住人たちに背中を押され、みね子と島谷の交際が始まりました。同じ頃、愛子がまたしてもすずふり亭の近くにその姿をあらわしました。しかし高子に声をかけられた愛子はあわててその場から立ち去ってしまいます。

みね子と島谷の交際がはじまった直後の休日に、二人は初めてのデートに出かけることになりました。デートの日を間近にひかえテンションが上がりっぱなしのみね子は、すずふり亭での仕事中にも喜びを隠しきれません。

その数日後の休日。みね子と島谷の初めてのデートの日を迎えました。二人がデートに出かけた場所は、みね子がずっと行ってみたかった東京タワーです。みね子にはもう一箇所、行ってみたいところがありました。それは島谷が通っている大学でした。

島谷はみね子を慶應大学に案内。大学の教室の一室で、島谷は自分が大学で経済学を専攻している理由をみね子に語りました。会社経営者だった父や祖父を超えたくて、島谷は経済学部を選んだのです。そんな中、二人は学園内で島谷の学友たちと遭遇するのでした。

<<前回87話 | 次回89話>>

Sponsored Link

見どころはここ♪

ついにみね子ちゃんと島谷くんの交際がスタート。しかも恋のキューピッドはまさかの啓輔くんでした(笑)

島谷くんの恋心発覚。告白。そして初めてのデート。今回はわずか15分の中で物語が急展開します。

『ひよっこ』第15週 第88話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年7月13日(木)放送
第15週 第88話「恋、しちゃったのよ」

みね子ちゃんと島谷くんの記念すべき恋バナのスタートにあたり、ブログ主が知る限りの過去の朝ドラで描かれたヒロインの恋バナのうち、みね子ちゃんと島谷くんの今後の展開に近くなりそうなパターンを振り返ってみました。

『梅ちゃん先生』の梅ちゃんと松岡くん

梅ちゃんと松岡くん、二人の出会いの場面は『ひよっこ』のみね子ちゃんと島谷くんの出会いの場面に通じるものがありました。

みね子ちゃんと島谷くんの出会いの場面とは、すずふり亭の近くでみね子ちゃんが小銭をばらまいた時の場面です。

ヒロインがみっともない姿をさらす。そこに登場するヒロインの相手役は、ヒロインを気づかうどころかヒロインに嫌な印象を残してしまう。

この出会いのパターンで思い出したのは『梅ちゃん先生』と『ごちそうさん』です。

『梅ちゃん先生』の中で、梅ちゃんがバラまいたのは小銭ではなくて、とっても残念な点数しか取れなかった学校のテストの答案用紙。

風に飛ばされた答案用紙を拾い上げた松岡くんに悪気はなかったのですが、梅ちゃんの残念な点数を見てしまうことになりました。

この残念な答案用紙とほぼほぼ同じ出会い場面が再現されたのが『ごちそうさん』のめ以子と悠太郎でした。(この時、二人は初めての出会いというわけではありませんでしたが)

め以子と悠太郎はその後めでたく結婚しましたが、梅ちゃんと松岡くんはあと一歩まで二人の距離が縮まったところで結婚を断念。

お別れの際に二人で思い出を残そうと記念写真を撮影し、けじめをつけて離ればなれになるお別れは、その爽やかさが切なさを思いっきり増幅させていました。

話を『ひよっこ』に戻します。

『梅ちゃん先生』や『ごちそうさん』にも似た、ヒロインと相手役の出会い。その行く末は、『梅ちゃん先生』パターンなのか『ごちそうさん』パターンなのか、みね子ちゃんが小銭をバラまいた時点では全く先が読めませんでした。

『とと姉ちゃん』の常子ちゃんと星野くん

みね子ちゃんがすずふり亭の近くで小銭をバラまいたあの日。僕は、『ごちそうさん』のめ以子と悠太郎パターンを期待したのですが、その後に入手した情報から推察すると、『とと姉ちゃん』の常子ちゃんと星野くんパターンになりかねない。

そんな気がしてきています。

常子ちゃんと星野くんの二人は甘味処で定期的に会って近況報告をし合うのが何よりの楽しみでした。あの頃の二人は本当に初々しくて可愛かった・・・

でも、星野くんは夢を叶えるために大阪に行くことになった。でも家族を支えるとと(父親)の代わりとして、常子ちゃんは東京を離れるわけにはゆきませんでした。

家族を支えなければならない常子ちゃんの家庭の事情と、家族を喜ばせるために夢を叶えたいと願う星野くんの事情。二つの事情のギャップに二人は引き裂かれました。

大阪に旅立つ星野くんを乗せた汽車に、常子ちゃんが深々と頭をさげる場面。あの悲しい場面は数ある朝ドラの名場面の中でも、ブログ主にとって忘れられない場面の一つです。

さて、『ひよっこ』のみね子ちゃんと島谷くんもそれぞれに事情があり、その事情は大きなギャップを生じさせる要素をはらんでいます。

島谷くんは、佐賀県の実家の家業を継がなければならない。実家の窮状を救わなければならないという事情を抱えています。

一方で、みね子ちゃんはお父ちゃんを探すため東京を離れられないという事情を抱えています。おまけに家族に仕送りしなければならない事情もあります。

埋めがたいギャップを持つみね子ちゃんと島谷くん。この二人の行く末は、『とと姉ちゃん』の常子ちゃんと星野くんに似た展開が準備されているような気がしてなりません。

『ひよっこ』第15週 第88話 観賞後の感想

周囲に乗せられた恋

前回のカップル誕生の場面、手放しでみね子ちゃんを祝福する視聴者が大勢いる一方で、周囲に乗せられて始まった恋に対して違和感を感じた人も少なくなかったようです。

そして迎えた初めてのデート。

デートの行き先だけはみね子ちゃんの希望でしたが、デートそのものに行く決断も当人たちの考えではなくて周囲に乗せられてのデートでした。

周囲に乗せられて恋人になり、周囲に乗せられてデートに行く。「周囲に乗せられて」が二回も重なってしまったせいなのか、今日は僕も違和感を感じました。デートの場面に。

でも、何か意図があってこんな描き方をしているのかも知れませんね。わざと違和感を感じさせるような描き方を。そんな気がします。

島谷くんとは憧れと勢いだけの恋だった。いつか今よりも大人になったみね子ちゃんがそんな風に述懐する日が来るような気がするのです。そのための乗せられっぱなしの恋。

これから二人の間に起こる諸々のことも含めて、物語全体の中でみね子ちゃんと島谷くんの恋がどんなポジションを占めるのか。

少しばかり冷静になって見極めてゆこうかなと思った、ファーストデートでした。

追伸1:東京タワーが背後に見える増上寺の場面。みね子ちゃんと島谷くんのワクワク感を表現するかのように周りの人たちが踊っていたのは『てるてる家族』へのオマージュでしょうか。

追伸2:今回のドラマの中で使われた楽曲『愛して愛して愛しちゃったのよ』が昭和40年にリリースされたものだと今日はじめて知りました。この曲、いつぞや桑田佳祐さんが編曲して原由子さんが歌ってましたね。

【憶測】愛子さんの不審な行動

乙女ちゃんたちの同窓会の時に引き続き、再びすずふり亭周辺に出没してあやし過ぎる動きを見せる愛子さん。増田明美さんからシカトされてしまいましたが、愛子さんの不審な行動の理由を想像してみました。

乙女ちゃんたちの同窓会の時の愛子さん。この場面が描かれた回のレビューにも憶測を書きましたが、愛子さんはみね子ちゃんから同窓会に誘われていました。みね子ちゃんならきっと誘うでしょう。

でも愛子さんは、初めての同窓会は乙女ちゃんたちだけで気がねなくやりなさいと出席を辞退した。辞退したけれど乙女ちゃんたちの元気な姿が見たくて見たくて、すずふり亭に偵察にやって来た。

偵察なので乙女ちゃんたに見つかるわけにはゆきません。だからイチコちゃんの影に必死になって隠れてました。ちっとも隠れたことになってませんでしたが(笑)

この先、ちょっとネタバレが含まれます。

愛子さんはこの先で恋をします。恋の相手はすずふり亭の省吾さん。一目惚れです。いきなり惚れます。さすが愛子さんです。

事前情報によれば愛子さんの一目惚れのタイミングは、みね子ちゃんを訪ねて来た時のことのように発表されています。

しかし、もしかすると愛子さんの一目惚れのタイミングはもっと前かも知れないなと思い始めました。

もっと前。それは乙女ちゃんたちの同窓会の日です。

愛子さんは乙女ちゃんたちの元気な姿を一目見ようとすずふり亭を偵察。その時に、店の中いる省吾さんの姿が目に入った。そして忘れられなくなった。

もう一回、その姿をこの目で見てみたい。それが今回でした。

でも高子さんから声をかけられてしまい動揺して退散。退散する時の愛子さんの顔、今にも泣き出しそうでした。泣き出しそうだったのは、憧れの省吾さんの姿を見ることができなかったからに他なりません。

ところで当ブログにいただいたコメントの中でとっても鋭い予想がありました。

愛子さんが省吾さんに一目惚れしたのは、省吾さんが戦死した婚約者にそっくりだったからではないか、という予想です。

言われてみれば確かに思い当たるフシがあります。

愛子さん曰く、戦死した婚約者は俳優の森雅之に似ていたということでした。確かに省吾さんと森雅之、通じるものがあります。

映画『花戦さ』で前田利家を演じた佐々木蔵之介さんと、映画『羅生門』で金沢武弘という名の武士を演じた森雅之さん、どこか似ているなと思いました。

それはともかく、愛子さんは乙女ちゃん偵察時に思いがけず視界に入って来た省吾さんを見てびっくりしました。婚約者にそっくりだと。

だから、もう一回その姿を見たかった。でも今回は失敗。

次はきっとみね子ちゃんに会いに来るという大義名分のもと、すずふり亭にやって来るのかも知れませんね。

そして間近で見た省吾さんがやっぱり婚約者にあまりにも似ているので驚きのあまり気絶。そして頭に血が登った愛子さんの天然キャラが暴走しその場でまさかの告白。

そんな展開になりそうな気がします。

すみません。愛子さんが大好きなので長々と語ってしまいました。

<<前回87話 | 次回89話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. こひた より:

    幸せしかやってこないはずの愛子さん。今後の展開が楽しみです。

    ところで、慶応大学なのに帝京大学(^^;

  2. GATTO より:

    こんばんは〜

    時子さんのブラック化については、ほとんど心配なさそうですね。今日も、みね子さんの幸せを心から喜んでいたし。
    それは、みね子さんとの友情、人柄の良さもあるますが、スターへの憧れ以上に、演劇そのものが好きそうです。

    もっとも、それは漫画家見習いの二人にも通じるところがありまして、ブラック化の危険はないかわりに、啓輔・祐二化の危険はかなり大きいかな(笑)。あかね荘に来て、島谷さんに会うつもりが、一番最初にあの二人に会ったところで、それを感じてしまいました(爆死!)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      啓輔・祐二化の先で、三男くんが待っていてくれるのかなと思います。しかし、そうなると三男くんを待っているちょっとおっかない女性が気の毒ですね。

  3. ともぞう より:

    私も朝蔵さん同様に悲恋になってしまいそうと思っているのですが、登場人物みんな幸せな結末を期待している自分としては、そうなった時にどうしても島谷くんの幸せだけ見えなくて。好きな人も諦め、仕方なく家業をつぐみたいな。いつか、ヒデくんが、将来が決められてしまってるのも辛いんじゃないかなみたいな事を言ってたので、島谷くんは家を継ぐよりもやってみたい夢があったのかと思ってました。ところが決められた道は本人も心から望んでいることだったんですね。それが救いですね。悲しいけど、みねこがこの話を思い出して、自分から身を引くような気がしてしまいます。私はみねこの笑顔が大好きなので、本当は泣かせてほしくないですが。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      島谷くんが、大学の教室で経営者だった祖父や父を超えるのが目標みたいなことを言っていたので、家業を継ぐことに前向きなところもあるのかもしれません。それが島谷くんのせめてもの救いになるのかなと願っています。

  4. まっくす より:

    当時東京タワーって入場料とエレベーター代別料金だったの?高かったんだろうな^^
    みね子歩いて階段登ろうなんて言ってましたしね?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      とりわけ、使えるお金が限られているみね子ちゃんにはかなり高く映ったんでしょうね。

  5. ひるたま より:

    続きです。
    「♫愛しちゃったのよ~~」
    時子ちゃんと早苗さんの‘競演’笑っちゃいました。
    …そもそも歌手でもある早苗さん=シシド・カフカさんと比べたらいけませんね。佐久間由衣さんの実際の歌唱力は???ですが…スタイルと歌唱力は一致しないのかもしれませんね。(…と言ってはいけない!?(^m^;)

  6. ひるたま より:

    今日の「初デート」のみね子ちゃん=有村架純さんの出で立ちを見てときめいた男性視聴者の方達、結構多かったのではないでしょうか?(*^m^*)

    もしかして、時子ちゃんから貸してもらった洋服もあるのかな?と思いながら見ていました。(身長の関係でスラックスだと……ですが、トップスやスカートならば、体型的にもさほど問題なさそうですし)
    朝の放送分では分からなかったのですが、再放送を見て初めて分かりました。…島谷くん、高所恐怖症なんですね。何故東京タワーと聞いて歯切れの悪い反応だったのか、やっと謎が解けました。(^^;)
    (ある意味では可愛らしい彼の一面を見た様な気がします。後楽園のジェットコースターなんて嫌だろうな…彼の気持ちはよ~く分かります。(^o^;)
    今日のラストで、同級生達にバッタリ遭遇した2人、島谷くんがみね子ちゃんをどう紹介するのか…あの場面&セリフでの「つづく」、明らかに意図的ですね。

    それにしても、みね子ちゃん=有村架純さんと島谷くん=竹内涼真くんの身長差、本当に際立ちますね。(短くも美しく、甘酸っぱく、同時に儚げな雰囲気も良く出ているカップルだったように思います。見ながら微笑ましく感じました。人生何事も経験よ、みね子ちゃん(^^)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      > 可愛らしい彼の一面

      これから東京タワーに登る時も「行きますか!」と自分に気合いを入れるかのように一言。本当に怖いんですね。

  7. GATTO より:

    こんにちは〜

    昨日の空気では書けなかったのですが、みね子さんと島谷さんは性格が似過ぎているかな?良く言えば穏やかで控えめ、悪く言えば奥手、これだとなかなか恋愛も進まないかと。
    最初のうちは、お互い良いところばかり見えるのですが、時が経つにつれ、自分が持っていないものを、相手も持っていないことに気づくのですよね。
    恋愛に限らず、仕事などでも、こういったペアは難しいことが多いようです。

    ポール・マッカートニーも、ビートルズ解散後、いろいろな人と組んで仕事をしてきましたが、自分と似たタイプが多く、難しかったようです。やはり、ジョンは最高のパートナーだったのですね。
    ちなみに、ジョン以降の相手で一番やりやすかったのは、エルビス・コステロだったようで、性格的にもジョンに近かったとのことです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      > 奥手

      恋愛のスタートとファーストデート。両方とも時子ちゃんが決定したくらい。今のところ、重い決断を当人たちが下してないですからね。

  8. へのへのもへじ より:

    省吾さんが戦死した婚約者似なら
    愛子さんの不審な行動も分かりますね。
    みね子を心配して来ている感じではなかったですもんね(笑)

    省吾さんの奥さんのせつこさんと女優の川本せつこさんは
    どうして同じ名前なんでしょうね。
    ドラマの中でたまたまなんかあるのかなぁ~?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      せつこが二人。同じ名前にする理由が今のところ見当たりませんので、偶然なのでしょうか。

  9. よるは去った より:

    時子「♪愛しちゃったのよ~」カラオケなる利器が世に普及するのは二十年ぐらい未来のことでしたかね。増田N 「 東京タワーは当時の金で30億円かけて・・・・・・。」「みたらし団子」を露店で2本買って16円の時代の30億円・・・・・・。イマドキだったら・・・・・ああ考えると気が遠くなりそうなんで止めときます。暇な時に考えましょう。ついでに東京スカイツリーの総工費もどのくらいかネットで見て長時間気を失っておきましょう・・・・・・・。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      東京スカイツリーの総工費。東京タワーの二倍近くの高さの建物だけに、みたらし団子の価格の現在比と正比例しないようですね。

  10. 安ママ より:

    もう、朝からたまらんですね~。
    見てる方もニヤニヤ顔が緩みっぱなしでしたよ。
    告白から初デート、遥か遥か昔のことですが、遠い記憶の中からその時の気持ちが蘇りました(笑)

    図らずも、島谷くんが、親の会社を継ぐことを話していましたが、これから先のみね子ちゃんの悲しい将来に繋がるのかなと、ニヤニヤの中にポツンと黒い点が落ちたような気がします。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      大学の教室で、みね子ちゃんが島谷くんに「素敵だ」と言った経済学専攻の志望動機。それが悲劇の小道具なんて皮肉な展開ですね。