島谷が富に呼び出される / ひよっこ 第90話

2017年7月15日(土)放送『ひよっこ』第15週

あらすじと見どころ解説

みね子と島谷が交際を始めたことが鈴子には心配でした。みね子と島谷は住む世界があまりにも違うと考えたからです。しかし、みね子から島谷の人がらを詳しく聞かされた鈴子は、みね子の言葉を信じることにしました。

一方、あかね荘の大家の富が島谷を管理人室に呼び出しました。みね子と島谷が交際していることを、富は早苗から聞かされていました。そして富はそのことで島谷を管理人室まで呼び出したのです。富は島谷の母親のことを案じていました。

そんな中、島谷が実家の佐賀に帰省することになりました。島谷は、両親から帰ってくるように繰り返し言われ続けていました。短い間とはいえ島谷がいなくなり、寂しい気持ちを抱えながらすずふり亭で働くみね子のもとに思いがけない人物がやってきました。

愛子がやって来たのです。愛子はここ数日、すずふり亭の周辺に出没し高子から不審人物と思われていました。同じ頃、奥茨城では三男の兄・太郎と時子の兄・豊作が、二人して何ごとかをたくらんでいるのでした。

<<前回89話 | 次回91話>>

Sponsored Link

見どころはここ♪

向島電機時代の思い出の夏の一日。乙女寮で暮らした日々の中で幸福の絶頂期とも言えるあの場面の直後から、乙女寮に吹く風向きは急に変わってしまいました。

今週に描かれる島谷くんからの告白場面もまた赤坂時代の幸福の絶頂期なのでしょうか。

絶頂の後は下に降りるだけです。早くも下向きに風がみね子ちゃんと島谷くんのまわりに吹き始めるようです。

『ひよっこ』第15週 第90話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年7月15日(土)放送
第15週 第90話「恋、しちゃったのよ」

みね子ちゃんと島谷くんの恋。何もかもうまくゆくかに見えた恋に、あっという間に影が差してきました。

鈴子さんが二人の前途に一抹の不安を覚える。富さんは島谷くんのお母上のことを案じて、島谷くんを管理人室まで呼び出す。

しかし、一方で富さんは二人に差しはじめたその不安な影を誰よりも見守ってくれるかも知れません。

富さんの過去の職業から考えて、富さんはこれまでに数限りないほどの様々な恋愛模様を観察してきたはずです。

観察では済まされないかもしれません。巻き込まれたことがあったかもしれないし、富さん本人がその当事者になったことだってあったはずです。

道ならぬ恋、許されぬ恋、身分違いの恋。

普通の人以上に悲恋を見て来たことかと思います。そんな富さんがみね子ちゃんの恋バナで本領を発揮してくれるような気がしています。

そして実際にもう一つの本領を発揮するのはほぼ確定です。

もう一つの本領とは美味しいもののおねだり。みね子ちゃんとの交際を母親には黙っている代わりに口止め料として美味しいものが食べたいわね・・・(笑)

母親に内緒にしてくれるところは実に粋です。いかにも赤坂の人気芸者だった人です。そこがこの年代の普通の女性とは大きく異なるところです。

でも、もう一つの大きく異なるところ。いかにも富さんです。今週は富さんファンがこれまで以上に増えることになりそうです。

追伸:あかね荘にいたるところに貼り出されている富さん直筆の貼り紙の数々。いつぞや「老人を大切に」が笑いを取ることに成功しましたが「管理人へのおすそ分け忘れずに」という究極の一枚もどこかに貼ってあるそうです。

富さん、あなたはやっぱり最強です(笑)

『ひよっこ』第15週 第90話 観賞後の感想

「100年経ったってなくならないわ、そんなもの」

みね子ちゃんと島谷くんの身分違いの恋を心配する鈴子さんと富さん。みね子ちゃんが無駄に悲しむことを案じる鈴子さんの老婆心(笑)に感謝しつつも、島谷くんはそんな人じゃないというみね子ちゃんの言葉を鈴子さんは受け入れました。私、古いのかしら?って。

しかし、恐らくこれまで身分違いの恋の悲しい結末を何度となく見て来たに違いない富さんは楽観的な言葉は一切口にしない。それどころか、こんなふうに言い切りました。

「100年経ったってなくならないわ、そんなもの」

富さんの言う「そんなもの」とはもちろん身分のことです。富さんはたくさんの身分違いの恋を見て来たのでしょうが、おそらくそれ以上に身分の呪縛から逃れることができない人間の本性を観察してきたのだと思います。

だからこそ言葉が重い!そして言葉が重いから島谷くんは一言も言い返すことができない。金を持っているのは自分ではなく父親だとみね子ちゃんに言った、あの時の勢いは富さんの前ではすっかり消え失せていました。

富さんにそんな言葉が通じないとさとったのでしょうか。それとも自分の中にもあるかもしれない身分の呪縛を富さんに見透かされたとでも思ったのでしょうか。

富さんに対して反論めいた言葉が島谷くんの口から何ひとつ出てこなかったことが心配です。島谷くんは目上の人に対してむやみやたらと反論するタイプでないこともあるとは思いますが・・・早苗さんは例外です(笑)

それはともかく、富さんの言葉に対して返す言葉が見つからなかった島谷くん。みね子ちゃんに語った自分の言葉が、とっても軽いものに感じてしまったのは確かでしょう。

島谷くん、そんな重い現実と向き合うことができるのでしょうか。今回、佐賀の実家に帰るというのもその重い現実を目の当たりにする機会になるはず。島谷くんの正念場です。

追伸:今回、富さんがかぶりついていたアップパイ(?)

ドラマの中では省略されたようですが、あのアップルパイは富さんが口止め料としてせしめたものらしいです。

口止め料を取られたのは島谷くん。

みね子ちゃんと付き合っていることを、お母さんに対しては言わない。とぼけておく。だから、美味しいものを・・・って、富さんが島谷くんに催促した設定のようです。

その場面を見てみたかった。でもここでもし笑いをとってしまったら、前回からドラマの中に流れる重苦しい空気が一転して明るく楽しいものになりかねない。

だから、残念ながらその笑いの場面は割愛されたのでしょう。

人の弱みに付け込むことも忘れない富さん、やっぱりこの方は最強です。少なくともこのドラマの中では富さんに勝てる人はまずいないでしょう。

次週予告

懐かしい太郎くんと豊作くん。奥茨城村の青年団長・副団長の密談で一週間が終わるという極めてめずらしいエンディング。

この二人が次週は騒動を引き起こすのでしょうか。予告映像にも二人の姿がありました。

そんな映像の中でも忘れられないのが、米屋の娘・さおりちゃんが「三男くんを私にください」と太郎くんに懇願し、太郎くんが「いいですよ」と受け入れてしまったこと。

太郎くんが、弟を安倍家に婿に出すことを認めてしまったあの発言。その場限りの軽口で終わることができるのか。それとも動かせない事実として三男くんの人生を縛ることになってしまうのか。

しばらくご無沙汰だった三男くんのドラマ、という人生もいよいよ動き始めることになりそうです。彼には気の毒ですが、彼の人生はきっと大いに笑わせてくれることでしょう。

そして愛子さんの「一目惚れ」発言も予告映像の中で登場してましたね。

今回、ついに高ちゃんから不審者扱いを受け「またいた!出た!」とまで言われてしまった愛子さんの不審な行動が次週には明らかになるのでしょう。

そして映像の最後には島谷パパ。身分違いの恋など100年経ってもなくならないと富さんから言い切られた島谷くんがいよいよ試される時が訪れるようです。

<<前回89話 | 次回91話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひるたま より:

    「この前なんか、餃子サービスしちゃったわよ!」
    休憩時間の柏木堂での会話で安江さんが言っていましたが、席を外して外で聞いていた(?)ヤスハルくんの表情が些か複雑そうに見えたのは気のせいでしょうか?
    「オレには一度もしてくれた事なんてないのに…」とでも言わんばかりの表情に、私には見えました。(^^;)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      > オレには一度も

      店の外に出たのも疎外感を感じたのかもしれませんね。ずいぶん待遇が違うなって。

  2. ひるたま より:

    続きです。
    富さんがアップルパイを食べる場面の食べっぷりが何故か妙に印象に残っています。
    たとえが悪くて申し訳ないのですが…「フッフッフッフッ」と妖怪か猛獣が獲物を美味しそうにのみ込む様子にも見えてしまいました。(^^;)

  3. ひるたま より:

    「身分違いの哀しい恋をたくさん見て来たからね」「いや、身分なんて、今時そんな…」「100年経ったって、なくならないわ、そんなもの」
    乗り越えて頑張れ!等々2人を応援するコメントも複数見受けられますが…率直に申し上げて、私自身の実体験をも踏まえて申し上げると、富さんに全面的に同意!です。
    身分というよりもむしろ、家同士の雰囲気の違い、生育環境の違いといった方が良いかもしれません。
    さらに、2人の間には問題が無くても他からの圧力・横槍で壊れてしまう関係もあるでしょう。

    朝蔵さんが指摘されている通り、富さんが言ったからこそ「重み」が違うように私も感じます。
    鈴子さんは仲良しの富さんから、何かのお茶飲み話の時にでもこのような話を聞いた経験があったのかもしれません。しかしながらそれでも所詮は「また聞き」の域を出ませんね。そして鈴子さんの発言ならば単なる「老婆心」で終わってしまったように思います。
    また聞きなどでなく実際に生で(?)見聞して来た富さんだからこそ、強さそして重みを持つと私は思うのです。

    確かに、21世紀のネット全盛のこの社会の中でも「格差婚」という言葉がある位…‘身分’という‘縛り’は決してゼロになっていません。生物としての人間の哀しい性なのかもしれませんね。
    (余談ながら、ヨーロッパは日本以上に「階級社会」が根強いと、以前何かで読んだ事があります…それこそ日本人の理解を超えるレベルなのだとか)

    この前回(7/14放送分)で早苗さんが富さんに喋るシーンを見ながら…もしかしたら早苗さんも会社の同僚等の「身分違いの恋」を見た経験があるのかな?とふと感じました。富さん程ではないにしても、少なくともみね子ちゃん&島谷くんよりは人生経験を積んだ大人ですからね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      身分違いへの理解者が増えても根絶はまだまだ難しいでしょうね。みね子ちゃんと島谷くんの場合、谷田部家は問題なさそうですが島谷家に理解者がいるかどうか。そこにかかってますね。

  4. 常磐本線 より:

    茨城県久慈郡大子町八溝山を指すのではないかなと思います。
    (奥茨城村は架空ですが、緑豊か・リンゴも美味となれば大子町が妥当なんですが、劇中の地理的には緒川辺りを想定したんでしょうね)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      大子町の八溝山で、だいご(大子)やまですか!情報提供ありがとうございました。

  5. ねこマンマ より:

    失礼ですか、気になったので投稿します。 
    袋田の滝があるのが大子町です。 ですから「醍醐山の狸」ではなく「大子山の狸」かと。 朝ドラの始まった頃、まだ太ってたみね子を三男が「大子のタヌキ・・・」とからかうシーンがあった様に覚えてます。
     
    気になったついでに、BAR月時計の壁にある掛時計はふりこが動いてないのにシーン毎に時間が変わってるのが不思議ですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      情報提供ありがとうございます。だいご(大子)山が正解のようですね。確か第1週のバスの社中の場面で三男くんがみね子ちゃんを「だいご山のタヌキ」と言いました。

  6. まっくす より:

    漫画家コンビがあやしい^^

  7. かず より:

    私も同感です。口止めアップルパイは、自分から報告しようと思うが故かと。
    真面目青年の弱点は、家や家業と周囲は熟知しているでしょうし。攻めポイント?
    もう少し拗れたらこの辺りで島谷君のおじいちゃんかおばあちゃんの助っ人があれば
    、いつでも話は転換すると密かに思ってます。
    まあ、本人の気持ちが変わったわけではないので、夢みさせて欲しいなあ。
    秀さんは、島谷君 にとっても良い友人で、みね子ちゃんの理解者 ポジション維持で典型的良い人で気持ち出さないのではないかと想像してます。😵

  8. ぺこちゃん より:

    もう何年も前からですよ、信金協会イメージキャラクター。
    等身大の看板もありました。知り合いの信金さんに、使用期間が終わったものをおねだりしようかと思ったこともありましたが、業界の性質上ダメとのことでした。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      「信金協会イメージキャラクター」で画像検索したらザクザクと出てきました。信金に縁がなかったので初めて知りました。

  9. かず より:

    時子が島谷君とみね子ちゃんに問いただす場面があるようなので、二人の決意が聞けるのでしょうね。切なく終わってほしくないな。老婆心を打破して❗️ お願い致します。😥m(_ _)m
    みね子ちゃんはショックだろうし、更に自信を無くさないよう元気を取り戻して欲しいです。
    彼と対等に歩ける女性になるよう、お母ちゃんが手紙で言ってた自信を持って生きて欲しい。
    これも老婆心ですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      > 彼と対等

      大学でのみね子ちゃん、肩身の狭い思いをするその姿が気の毒でなりませんでした。自他ともに対等と認められるような女性になって欲しいものですね。

  10. かず より:

    母親に交際を言えず口止めアップルパイまで渡す島谷君が、現実なんですね。理想ではみね子と語れるのに大切な人同士を紹介できないのは、気配りではないし結果残念な坊ちゃん。
    学友止まりの紹介はイタズラに健気な乙女心を煽っただけだったんですね。お喋りみね子と世の中の厳しさを知らない島谷君は、これを機会にぜひ大人の気持ちに進んで欲しいです。
    負けるのではなく学ぶことで成長していくことの大切さ。でも切ないですね。私達も通り抜けて来たことだけど。自分とオーバーラップする人も多いのではないでしょうか?
    次再会する時があれば、穏やかな心で出会って欲しい。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      この恋もひよっこが大人になる過程の一つなのかも知れないですね。それぞれが大人になりきったところで二人を再会させてあげて欲しいものです。

  11. まなぶん より:

    はじめてコメントします。「三男さんをください。」の後の「はい」は別のシーンを繋いだのかも。着てた服が違ったような。うろ覚えですが。毎日楽しく読ませていただいてます!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      太郎くんの「はい」が別のシーンであることを願ってます。自分の知らないところで人生を決められるなんて、三男くんの人生あまりにも気の毒です。

  12. GATTO より:

    こんばんは〜 たびたび失礼します。

    最近、信用金庫に行くのが楽しみです。と申しますのは、醍醐山の狸・・・じゃなかった、有村架純さんのポスターがたくさん貼ってあるからなんですね。どうも、有村さんが、今年の信用金庫のキャンペーン・ガールか何かになっているらしいのです。
    たいしてお金もありませんが(苦笑)、せっせと貯金しますか(笑)。

    醍醐山の狸と言えば、島谷さんも「あと、みね子ちゃんに似てるという醍醐山の狸」と言っていましたね(笑)。笑えましたが、醍醐山って茨城県にもある
    のかな?筑波山でも良い人、と。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      足尾山が醍醐帝ゆかりの山なのだそうで、この山なのかも知れません。

  13. GATTO より:

    こんにちは〜

    「100年経っても・・・」ですか、さすがの富さんも、それから先の時代の流れの早さまではわからなかったかな?「ひよっこ」の時代も、差別や差別に関する事件は多かったようですが、一般家庭の娘さんといわゆる「御曹司」との結婚くらいは十分できたのじゃないかな。

    私が結婚したのは「ひよっこ」の40年後でしたが、家柄・身分どころか、国も世代(歳の差婚)も違っていて、富さんが知ったら腰を抜かしたことでしょう(爆)。いやぁ、良い時代になったものです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      柔軟な考え方の持ち主が増えてゆくだろうという読みは、富さんにはなかったかも知れませんね。

  14. tonko より:

    こんにちわ♪
    一回一回とても濃密に描かれていて
    感想がいっぱい浮かんでしまうので
    逆にコメントが難しい状態です

    今週は、愛子さんと乙女ちゃん達が観られて嬉しかった♪
    みね子と島谷くんの恋は…なんか…
    個人的には、しっくり来ないので(すいません)スルーで…

    私は来週の方が楽しみです
    愛子さんの恋。高ちゃんのまさかのお相手。三男くんの将来。
    まだまだ色々ありますね~

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      愛子さんは出番が増えることになりそうですよ。今の出番は「不審者」ですが、そのうちにまさかの形で主要キャラの座に復帰です。

  15. へのへのもへじ より:

    島谷君が急に佐賀の実家に帰るのはみね子ちゃんの事を報告するためではないかな?と思いました。
    みね子ちゃんが好きであるほど内緒のお付き合いは無理だと思う。
    そして大反対にあって帰ってくる!

    実は内々に島谷君の結婚相手は決まっていて
    急いでお見合いさせようということになる。

    でも、素直に承諾してくれそうにないから、
    会社の危機という事にする。

    普通こんなことうまくいかないから、
    みね子と島谷君は、最後にはハッピーエンド~

    でも秀さんもいるしなぁ~

    いい男を2人!出されるとどちらも応援したくなるから不思議

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      みね子ちゃんのことを報告するつもりが、先手を打たれて縁談が浮上。そのためみね子ちゃんのことを報告する雰囲気ではなくなってしまった。なんてこともあるかもです。

  16. まっくす より:

    炊事場の窓の上には「ここで体を洗うものは即刻契約解除」ってのがあります。
    どこかに「命短し恋せよ乙女」というのもありそうです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      > 体を洗うもの

      それは気づきませんでした。前例があったんでしょうか(笑)

  17. よるは去った より:

    富「百年経ってもなくならないわよ。」ん~そりゃ長い歴史の中で封建社会が長かった日本をある意味では平和に支えて来たものかも知れないけど。日本人の意識の中では戦後になってからでもしっかり根づいてしまっているもんなんですかね。平成の今日においても「ステータス(status )」と呼び方だけ変わって残っているようですがね。純一郎君にもみね子ちゃんにも乗り越えて欲しいんだけどね。ああ「身分」って・・・・・と想って視ていたら太郎君の豊作君の「謎の企み」を巡ってのやり取りが悪代官かワルの旗本の若殿のやり取りに見えてきた(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      > 百年経っても

      前作『べっぴんさん』でも、ヒロインと五郎ちゃん、それぞれが住む異なる世界が一線を超えて交わることはついになかったですからね。

  18. こひた より:

    分厚い壁、険しい山や深い谷。人によって様々でしょうが、おそらくみんないろんな障害を乗り越えて結婚というゴールにたどり着いているんだと思います。実際、そこからの方がもっと大変なんですけどね。私もです(^^;

    だからこそ彼ら2人にとってはかなり厳しい障害だとは思いますが、乗り越えてこその将来であって、越えられないならそこまでの関係。さっさと別れたほうが、お互いのためだと思うし清々します。

    きっと島谷くんはそんな男じゃない。そう願いたいし、そうであってほしい。
    でも、みね子ちゃんの性格からすると、おそらく状況を把握し、自分の思いを内に秘めて自ら身を引いていくんでしょうね。
    できればこれ以上彼女に重いものを背負い込ませないで欲しい。

    んーっ大逆転はないのか! 

    それはそうと久しぶりにさおりちゃん見れそうで楽しみです。 

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      みね子ちゃんが家庭に問題を抱える女の子でなければ、身分違いの恋がテーマになっていたのかも知れません。二つも思い荷物を背負うのは無理がありますからね。

  19. 葉月 より:

    みね子の部屋にあるポスター「星影の夢」キャッチコピーは「一生続くと思っていた二人の時」。
    時子がみね子の部屋に持ち帰った台本はイプセンの「人形の家」 。
    不穏すぎて怖いですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      そんなところにもフラグが立ってましたか!隅々までネタを仕込んでますね。

  20. 安ママ より:

    まさに同感ですね。目の前の恋に酔いしれてる2人にはまさに老婆心にしか映らないでしょうけど、海千山千の鈴子さんや富さんには、燃える恋の後に控えてる現実まで見通せるんですよね。
    確かに、色んな障害を乗り越える恋もありますが、海千山千に近いお年頃の私も、その道が平坦じゃないことに心が痛みます。

    将来の不安はありつつも、新米恋人のラブラブっぷりにほのぼのでした。呆れながらも、邪魔しないように自分の部屋に帰れない早苗さんがツボでした(笑)

    さて来週は、喜と悲入り混じった賑やかな週になりそうで楽しみです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      大人の「老婆心」に反発する若い二人の恋はますます燃え上がる。こんなステレオタイプ的な展開でないことが救いですが、この先のことを想像すると胸が痛みますね。

  21. えびすこ より:

    「島谷ロス」がありそうな感じに。いま竹内くんが民放のドラマにも出ていますので。
    最近出ていない三男くん。どうしているかな?
    終盤は物語がどうなるのか?予測が難しいですね。
    まだ、終盤になってから新しく出る人物がいるのでは?
    お兄さん同士の密談は三男・時子の縁談では。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      三男くんは次週に出てきそうですね。次週の予告映像では、時子ちゃんとは別の女の子が太郎くんに対して三男くんとの結婚をほのめかしてました。

  22. 鈴子さんや富さんの懸念は、やはり身分違いの恋でしたか。古い古い、と老婆心で終わらせたいし、島谷君もいまどきそんなことはない、と思ってるのでしょうが、富さんの、身分なんて100年たってもなくならない、て一言が重いです。
    身分違いの恋をして結婚した私の両親の若い頃の日記を読んだことがありますが、昭和30年代のカップルのこの二人も、いまどき身分なんて関係ない、と思ってたみたいです。
    島谷君とみね子には、そんな古いこと、乗り越えていって欲しいです。がんばれー!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      富さんが重すぎる発言をしてから半世紀が経ちますが、富さんの予言当たってますね。古い古いと言われ続けて半世紀。50年もの間、古くて新しい問題です。

  23. も~り より:

    その場所の貼り紙ですが、「郷里の贈物は必ず報告」だと認識していました。
    年末に愛子さんと入居前のあかね荘を訪れて部屋を見せてもらうシーンです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      情報提供ありがとうございます。「おすそ分け忘れずに」よりもインパクトの強い貼り紙があったんですね。富さん、さすがです。

  24. ひるたま より:

    「管理人へのおすそ分け忘れずに」
    件の貼り紙ですが…2階の、みね子ちゃんの部屋の真ん前だったように記憶しています。
    先週土曜日(7/1)放送分で、みね子ちゃんと宗男さんが揃ってみね子ちゃんの部屋に入る時、部屋の外に一瞬だけ写り込みました。
    1秒あるかないかの僅かの瞬間で、部分的にしか確認出来ず「一体何て書いてあるんだろう?」とずっと引っ掛かっていました。ここで分かり、スッキリしました。(ありがとうございます)

    余談ながら…帰宅してPCサイトを開いたらフォーマットが変わっていて驚きました。f^^;

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      究極の貼り紙、そんなところにありましたか。みね子ちゃんの部屋の前にあるということは茨城の実家に電話がない分、住人本人におねだりってことでしょうか(笑)