省吾に一目惚れする愛子 / ひよっこ 第91話

2017年7月17日(月)放送『ひよっこ』第16週

あらすじと見どころ解説

みね子が純一郎との初恋に心をときめかせる中、愛子がみね子のもとにやってきました。向島電機の倒産後、愛子は仕事が見つからず神奈川県小田原市の弟の家に厄介になっていました。しかし、そこに住み続けるわけにもゆかず、弟の家を飛び出してきたのです。

みね子と愛子が再会を心から喜び合っているその時、店の裏口から姿を表した省吾を見た愛子はその場で倒れてしまいます。愛子は省吾に一目惚れしたのです。恋に落ちた愛子は、元気を取り戻しその日のうちに就職が決定。それ以来すずふり亭に通いはじめます。

同じ頃、三男はその働きぶりが米屋の主人・善三に認められるようになっていました。善三から婿養子に誘われるものの、父の勧める相手と結婚したくないとさおりは拒絶。しかし、父の勧めとは関係なく自分は三男が好きだとさおり(本名・米子)は告白します。

さおりの思いがけない告白に三男が激しく動揺していると、三男の兄・太郎、そして時子の兄・豊作が訪ねてきました。さおりは太郎に三男との結婚を望み、太郎はそれを受け入れました。同じ頃、佐賀の実家から戻った島谷は思いつめた表情を浮かべているのでした。

<<前回90話 | 次回92話>>

Sponsored Link

『ひよっこ』第16週 第91話 今回の時代背景解説と事前発表あらすじレビュー

連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』
2017年7月17日(月)放送
第16週 第91話「アイアイ傘とノック」
乙女寮時代の頃のこと。お父ちゃんのことで深く落ち込むみね子ちゃんを力づけよう、元気を出すように励ましたことがありました。

どんなに悲しい時でも頑張っている人を神様は必ず応援してくれる。だから、どんな時にも頑張っている自分はこれから先で大変なことになるのだと。

いかにも愛子さんらしい天然な自慢も見え隠れするこの絶妙な励まし方。

さて、その愛子さんの「予言」が実現される展開が準備されることになったこと。愛子さんがとんでもなく幸せになるらしいということはこのブログでも何回か書きました。

ついに愛子さんの、待望の「とんでもない」展開がスタートします。

まさかの省吾さんへの一目惚れ、それが新展開のはじまりです。

しかも一目惚れしたその場で省吾さんに告白するという、愛子さんでなければとることが出来ないような想定外の行動というオマケつき。

この記事を投稿した7月10日に時点では、この先の愛子さんにどんな「とんでもない」ことが待っているのかは定かではありません。

しかしこんな「とんでもない」はじまりかたをした恋です。

はじまり方以上に「とんでもない」展開、「とんでもない」愛子さんの幸せを期待せずにはいらません。

そして今回、久しぶりに三男くんが登場するようです。

しかもさおりちゃんの秘密を知ってしまい、そのことで三男くんが動揺?もしかすると、さおりちゃんが三男くんのことが好きだという事実を知ってしまうのかもしれませんね。

そしてそのタイミングで太郎くんと豊作くんが三男くんを訪問。

三男くんの願いは、今回一緒に東京までやってきた太郎くんと豊作くんが親戚関係になることです。遠回りな言い方をしましたが、ひらたく言えば時子ちゃんと結婚することです。

しかし、親戚関係になってほしい二人が来たその時、さおりちゃんの秘密が発覚!

三男くんには気の毒ですが、これはまた面白くなってきました。

『ひよっこ』第16週 第91話 観賞後の感想

一週間のはじまりの朝にたっぷりと元気をもらえる明るく楽しく騒々しい回でした。

「愛子さんオムワンです!」

愛子さんの不審行動の理由。ブログ主の予想はまたしても大きくハズレました。

すでに愛子さんは省吾さんに一目惚れしていた。そして省吾さんに一目会いたくてすずふり亭のまわりでストーカーまがいの行動(笑)ハズレたのはこんな予想です。予想とはまったく異なる展開でした。

愛子さん、苦労したんですね。

やっぱり仕事は見つからなかったのかと納得の倒産後の状況でした。でも、優しい弟がそう遠くないところにいてよかった。お姉ちゃんが学校に通わせてくれた恩義を弟は忘れてはいなかったようです。それが救いでした。

でも、行き詰っているからみね子ちゃんに会いたくても自分からは顔を出せない。愛子さんらしくないなと思う一方、その気持ち、痛いほどわかります。

いつぞや愛子さんがすずふり亭の入口で高子さんと遭遇したとき。そして前回、すずふり亭のお店の裏で愛子さんがようやくみね子ちゃんと会えたとき。

二回とも愛子さんは半べそをかいてましたがその理由もやっとよ〜くわかりました。

「これから私はすごいことになるのよ」・・・この名セリフを忘れていたなんて、愛子さんそれほど行き詰っていたのでしょう。

でもついに「すごいこと」が始まりました!

省吾さんに一目惚れ。恋をして元気を取り戻す。まだまだ私は大丈夫、まだまだ私は乙女なのね。そしてその日のうちに就職が決定。

愛子さんでなければまずありえないレベルの運命の急展開。朝から涙腺が大決壊です。あまりにも笑い過ぎて。笑いの涙ではありますが、半分くらいは嬉し泣きです。半分以上かもしれないです。なにせ僕は愛子さんが大好きなので。

省吾さんに恋をした愛子さんは、乙女寮時代よりもパワーアップ。間もなくドラマの中ではレギュラーキャラに返り咲くはずです。

また毎朝、愛子さんの天然ぶりを楽しめると思うとワクワクが止まりません。

追伸1:鈴子さんが愛子さんの恋を心から歓迎しているのが嬉しくなりません。みね子ちゃんの恋と違って、愛子さんの息子への恋については心配は一切ないみたいですね。

とは省吾さん次第かな。でも愛子さんなら省吾さんも文句はないかと。別に好きな人がいなければの話ですが。

「愛子さんオムワンです」を繰り返されるうちに、省吾さんも本気になってくるのかな?

追伸2:愛子さんが今回発揮した「女の図々しさ(笑)」によって、牧野家の心のトゲ、由香ちゃん問題も大爆笑の中で解決しますように。

本名、安部米子

腰を抜かすほどのまさかの展開が月曜日の朝から二つも重なりました。しかも、涙なしではいられないほどの大爆笑の中で。

事前情報で知らされていた「さおりちゃんの秘密」。僕は、さおりちゃんが三男くんに想いを寄せていることを何かのきっかけで三男くんが知ってしまうものとばかり思ってました。

こちらも予想が大きくハズレました。

秘密とはまさかの本名。米屋の娘で米子。年頃の女の子にこのネーミングは確かにつらい。さおりちゃんが米をあれほど敵視する理由がこれでよくわかりました。

さおりちゃんは米が嫌いなのではなく、本名が嫌いだったんですね。

そしてもう一つハズレたブログ主の予想。

さおりちゃんが三男くんのことを好きだという事実を、三男くんは何かのきっかけでうっかり知ってしまう。そんな展開を予想してました。

自分からはっきり言ってしまうとは想像もしませんでした。ある意味で愛子さんより一枚上手ですね。

でも、三男くんが好きだと宣言したその瞬間の父娘の笑顔の嬉しそうなこと!安部父娘がはじめて心を通いあわせた瞬間でした。この瞬間から仲良しになるかもしれません。

そしてさおりちゃん、あらため米子ちゃんは三男くんをくれと太郎くんに頼み込み、はいわかったと言質をとることに成功。

三男くんの将来は今回で確定となるのでしょうか。

<<前回90話 | 次回92話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. うるし より:

    いつもありがとうございます。
    貴サイトを毎日拝見しております。
    既出ならごめんなさい。
    三男が知らないうちに仕事のできる男になっていたシーンで、「平野さんが急いでる」と言って精米してましたが、17日に放送された平野レミさんの料理特番にあわせた遊び心かな、うふふ、と穿ってしまいました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      平野さんネタは当ブログ内では初めての指摘です。楽しい小ネタの情報提供ありがとうございます。

  2. かず より:

    早苗さんが見合い相手かも案、結構気に入ってしまいました。今日の外デートに出くわす早苗さんの様子を見て、冷静な理解者であり協力者になりそうだから。ポジティブ視聴してると、紆余曲折あっても漫画家さん達のようにハッピーエンドしか考えられなくなってます。
    今は伏線がどう活かされるか、読みが当たるかちょっと作者の岡田さんと対局してる気分。
    少しは当たりますように(*⁰▿⁰*)m(_ _)m

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      島谷くんと早苗さん。恋人というより夫婦になるとバランスが取れそうです。そういう意味でも恋人のプロセスを経ない見合い、いいですね。

  3. かず より:

    さっきの続きで、もっと大胆に想像しました。
    案外、早苗さんが見合い相手かもしれない?
    妄想です。彼女なら世の中に精通してるでしょうから、頼もしいなあ❤️

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      しかも島谷くんと同じ考え方で製薬会社オーナー令嬢であることを隠してあかね荘に住んでいた。こんな本当の姿が後になってわかったりしたら島谷家としても問題解決です。

  4. かず より:

    島谷君のお見合い相手を勝手に想像しました(´∀`)
    相手の年頃を彼と見合うと普通は考えるけど、ひょっとしてグーッとお姉様だったり😵
    或いは相手も都合があって望んで無かったり…。(ここは吉本新喜劇のどんでん返しで笑いに変えたいので)

    どちらにしても、大人の都合が前提見合いだから?ここに来てみね子ちゃんの周囲が青年の主張をするかもと想像膨らませました。
    省吾さんの家庭事情と同レベルで展開する大胆さ、両方とも一気に解決しそうですが(*⁰▿⁰*)
    ここは由香ちゃん大活躍を勝手に期待してます。
    誰とお似合いレベルを超越し現状改善策中心の妄想がポジティブに進んでしまいました。お邪魔しました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      縁談については由香ちゃんの反応が僕は楽しみです。そして縁談からはそれてしまいますがこれを機に由香ちゃんが変わらないかなと期待しています。

  5. ゆうのしん より:

    愛子さんと省吾さんはゴールインするんでしょうか? 是非ゴールインしてほしいです‼

  6. 米粉 より:

    あ、「安部さおり」でした(笑)
    しかも鰻重、鰻重!って言った!(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      うな重はやっぱりお米回帰のフラグでしょうか。回帰を宣言したらクレジットもさおりから米子になるかもですね。

  7. ひるたま より:

    「名前とは、子供への親からの最初の贈り物」という言い回しを何処かで聞いた事があります。
    お父さん=善三さんも、娘であるさおり=米子ちゃんに贈ったのでしょうね…きっと。
    でも現実問題として、年頃の娘さんにとって「米子」ちゃんは些か微妙な名前(^^;)…彼女がいつか「米子」という名前に対して誇りを持てれば、「米子」ちゃんも一つ大人にになるのかも?(父親の子供に対する愛情を理解する、という意味で)

    ところで。
    NHKの公式サイト経由でアクセス出来る『ひよっこ』インスタグラムのサイトに、安部米店の3人のオフショットがアップされています。個人的には特に2枚目=3人が笑顔で写っている写真が微笑ましく感じられます。
    劇中でも、3人揃って笑顔になる展開は訪れるのかな?(^^)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      仮に三男くんが婿入りして米屋の大将であることを粋に感じるようになったとき、さおりちゃんは米子に復帰するのかもしれませんね。

  8. 米粉 より:

    おはようございます。
    さおり(本名米子)さん…。
    次回出演時の役名テロップは
    「安部さおり」でしょうか?
    「安部米子」でしょうか?

    ともあれ、パンよりライス派の私〈米粉〉としては、
    そんなにお米を嫌わないでぇ(;ω;)
    と思うのであります。

  9. ゆぅ より:

    はじめまして。

    17日放送のすずふり亭でのシーン。
    高子さん、おしぼりタオルをたたんで丸めていたのに、愛子さんの告白に動揺して、途中からまん丸に結んでましたね。
    高子さんも、密かに省吾さんに恋してたのかもですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      はじめまして!

      高ちゃんから見たら省吾さんはこれ以上望めないほどの伴侶の条件を満たしますからね。

  10. こひた より:

    さおりちゃん!やってくれました!!
    名前といい、告白といい、やっぱりさおりちゃん・・・もとい米子ちゃん!!!

    これからの展開大いに期待してます。

    太郎と豊作の狙いは安倍家を通じてお米を卸す算段か何かかな。
    だから三男くんをどうぞみたいな(^O^)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      > お米を卸す算段

      安倍家に跡取りがいない情報くらい三男くんから知らされているでしょうから、太郎くんは事前にそこに商機を見出していたかもしれませんね。

  11. なにわっ娘 より:

    こんにちは。
    二度目の投稿です。

    今日は驚きと笑いが詰め込まれた、楽しい回でしたね。
    さおりちゃんの秘密と父親に自分の好きな人を告白しちゃう大胆さに驚かされました。でも、その直後に父娘で目を合わせてニッコリ!今後は強力タッグを組んで三男を追い詰めていくんでしょうか(笑)私としては、逞しくなった三男に時子が恋に落ちるのでは..と思っているので、今後が楽しみです。
    愛子さんの「この年で女の独り身には..」という言葉を、身につまされるような表情で聞いていた高子さん。観ているこちらが切なくなってしまいました。でも、この言葉がこのあとスピード婚に踏み切るキッカケになるのかもしれないですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      今回は開いた口が塞がらない!そんな場面の連続でしたね。今回の高ちゃんの複雑な表情も間も無くやって来る高ちゃんの春のフラグ。隅々までいろんな情報が詰め込まれているこのドラマは画面から一瞬も目を離すことができませんね。

  12. GATTO より:

    こんにちは〜

    醍醐山でなく、大子山だったのですね。ねこマンマさん、常磐本線さん、ありがとうございます。

    ところで、茨城にいた頃のみね子さんはまさに狸でしたが、東京に来てからは、スコティッシュ・フォールドに似てきたと思うのですが、いかがですか?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      このドラマの初期タイトル案は『ねこ』だったらしいので、スコティッシュ・フォールドは原点回帰といったところでしょうか。

  13. かず より:

    愛子さんと米子さんのストレートアタックに、朝から元気を貰いました。
    幸せを勝ち取るチャレンジって強力ですね。
    悩んでる島谷君はみね子ちゃんに「家族と縁を切る」宣言をするらしく、これもストレートですね。
    三者三様の強い愛情に、紆余曲折あるでしょうが、それぞれの結果がいい事(相手にとっても)になればいいですね。
    カレンダー見ると2/3週進んでるんですね。あと2ヶ月で終わると思うと目が離せません。

    朝蔵さんのお陰でここにお邪魔でき皆さんのお話が聞けて楽しみが増しました。ありがとうございます。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      今回の女性二人の破壊力はたいしたものでした。物語も後半に入ってキャラの濃厚さが際立ってきましたね。

  14. もんすけ より:

    「米子?!」
    よもやのさおりちゃんの秘密が、自分の名前だったなんて!
    しかも、サスペンス調のBGMがいやおうなく雰囲気を盛り上げた頂点に、三男君のあんちゃん登場。
    いやいやいや、あんちゃん、そんなにあっさりと三男君の婿入りの承諾をして、いいんですか?
    また、愛子さんの恋バナに聞き耳を立てる高子さんの表情があまりにも雄弁で、本当に今日は一瞬たりとも見逃せない、聞き落すことのできない展開でしたね。

    休憩中にあいあい傘を書くみね子ちゃんの姿があまりにも幼くて、島谷君の苦悩の表情と合わせて心痛みます。
    そういえば、私が小学生だった遙か昔、「あいあい傘の、傘の真ん中に棒を引くと別れちゃうんだよ~」なんて言っていたような。。。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      太郎くんの即答には卒倒しましたが、さおりちゃん(米子ちゃん)の嬉しそうな表情が実に可愛らしかったですね。

  15. ひるたま より:

    続きです…といってもドラマとは無関係ですが。
    朝ドラ終了後の次の番組に、『とと姉ちゃん』の「鞠子ちゃん」=相良樹さんが出演なさっていました。
    思わず「あ、鞠ちゃんだ!」と懐かしくなりました。
    (実は私、『とと姉ちゃん』前半は見ていないんです。昨年緊急手術をして約1週間入院した時に朝ドラ視聴習慣が「復活」した次第です^^;)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      そういえば鞠ちゃんの夫の水田くんは映画『ビリギャル』の中で金髪みね子ちゃんの塾の先生でした。

  16. ヤジウマン157号 より:

    朝蔵さん、阿部じゃなくて安部ですよー

    しかし、仲が悪い安部親子の、たった一つの共通項が三男・・・
    予想はしていたけれど、展開が早すぎて、大声で笑ってしまった。
    しかも、太郎の返事の軽いこと。

    でも、最後の島谷の憂い顔。
    明るいこと、暗いことが交互に起きるのが定番ではあるけれど。
    ここを読んでいるし、土曜日にある次週の予告でわかってはいるんだけど、どうなるのかなあ。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      アベ違いのご指摘ありがとうございました。

      三男くん、これで将来確定でしょうかね。時子ちゃんとのドラマを期待しているので気になります。

  17. ひるたま より:

    今日の放送分、些か情報量が多くぶち込まれ過ぎで…整理し切れていません。

    それにしても、三男くんの再登場は本当に嬉しかった!(そして、奥茨城から上京して来た「兄(あん)ちゃん」達の再登場も!)
    さおり(米子^^;)ちゃん、初めて父親と笑顔で見合っていましたね。険悪だった父娘関係に光が射し込んで来たかな?
    「三男くんを私に下さい」「はい分かった」…このままでは、三男くんが些か気の毒です。(笑いながらも…三男くんの気持ちを思うとちょっと…(@_@)
    三男くんにもさおりちゃんにもそれぞれ、程良い「落としどころ」が準備されている事を切に願います。

    「何で見つけてくれないの!?」
    …愛子さん、それは貴女が上手に隠れちゃってたからでしょ~よ!?と一人突っ込んじゃいました。それにしてもずーっと仕事が決まらずにいた愛子さんが、告白した途端にその足で(?^^)新しい就職を決めたとは…ちょっと都合良過ぎるかな?とも感じましたが、まぁドラマですものね。(^^;)
    12月の時点で愛子さんと直接会って話をした鈴子さん、愛子さんの人柄はある程度分かっている筈でしょう。後は省吾さんの気持ち次第??
    それにしても、何故か高子さんが複雑そうな表情&仕草を…?同性としては気になるのかな?

    さおりちゃんも愛子さんも、自分から積極的に告白しました。少なくとも愛子さんの告白現場を目の前で見ていたみね子ちゃんは一体何を感じ取ったのでしょうか?
    自分は周囲から御膳立てされ、島谷くんに対して能動的に告白した訳ではないですからね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      高ちゃんとしては不審者が一転して大切なお客様になったことが複雑な気持ちになのかもしれませんねん。しかも恋までして。でも高ちゃんも間も無く・・・

  18. hiro より:

    今日の『ひよっこ』はいちばん笑いました。やっぱり愛子さんとさおり、いや米子さんのキャラは最高ですね。
    ツイッターでは、唐突しすぎてもう少し二人の恋を丁寧に描くべきだという固い意見もありましたが、これは愛子さんと米子さんのキャラクターだから、ああいう唐突な恋の物語が許されるのです。
    いや、むしろこのような展開のほうがお二人らしい。
    みね子と島谷君のリアルでシリアスな恋模様があるから、愛子さんのような一目惚れからの恋、米子さんの強引な恋が際立って見える。三者三様の恋の形を見て、恋するっていいなぁと思いました。
    画面をニヤニヤして観てしまいました。
    和久井映見さんと伊藤沙莉さんはコメディエンヌとしても最高ですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      特に愛子さんはあれくらい唐突に恋が始まった方が愛子さんらしさが損なわれずに嬉しい。愛子さんが大好きな僕は強くそう思います。一方、さおりちゃんあらため米子ちゃんは、これまで二度か三度描かれた恋心の回収でしたね。

  19. hajime72 より:

    米屋のさおりちゃんの秘密って何だろう?と今日の放送を楽しみにしていました。いやー、本名が米子だったとは(爆笑)三男に対する米子ちゃんの恋心。愛子さんが省吾さんに寄せる恋心。それぞれの家族のねじれを修正してくれる結果になったらいいなと、期待しています。半面、みね子の恋の行方が気がかりです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      娘の秘密を黙認していたなんで、善三さんも意外に優しいお父ちゃんですね(笑)

  20. よるは去った より:

    愛子「この年齢で女の独り者にはなかなか仕事なんかなくて・・・・・。」愛子「一目惚れしてしまって・・・・・。」みね子「愛子さんはその日のうちに就職を決めて今絶好調です。」ん~この回復力いや蘇生力というべきか?さおり「自分で三男君が好きな場合は別・・・・・。」善三「よし決まった!」三男「ええっ!?」太郎「三男~。」さおり「お兄様!」(笑)タイミングが良すぎるのか、悪すぎるのか。それにしても鈴子「こんなんで良かったらいつでもどうぞ。」太郎「はい、わかった。」(笑)あっさりし過ぎとちゃいますか?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      ふた組の恋は公衆の面前での告白に始まり、ふた組の恋ともに親族があっさりと受け入れる。ありえない展開ですが、この顔ぶれならありえるかもと何故か納得出来てしまうところがさすがの脚本家の岡田先生の筆力です。

  21. ぱぽりん より:

    ひよっこは、2週目以降を録画してあるのですが、ふと思い立って「字幕」のスイッチを押してみました。
    すると、録画にも字幕が出るじゃありませんか。
    ボソボソと、セリフというほどでもないような言葉もしっかり表示されます。
    勿論、省吾さんの件のセリフもしっかり表示されています。

    町内会のお祭りで騒がしい中での発見(?)でした。
    録画のある方はお試しあれ。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      情報提供ありがとうございます。たまに聞き取れない・聞き取りにくいセリフがありますからね。録画で再確認できるのは嬉しいことです。

  22. さぁ~ より:

    こんにちは。
    佐藤信行さんが質問されていた内容を、録画大音量で確認してみました。

    省吾「だったらお前」
    宗男「はい」
    省吾「ひどい戦いをした相手だろ?・・・イギリスは」

    以上です。

  23. いけないジョニー より:

    初めまして、1年ほど前から楽しく拝見させて頂いております。
    愛子さんが省吾さんの働く姿を見て倒れた・・・
    これって、もしかしたら、省吾さんが、戦争で亡くなっ愛子さんの婚約者に瓜二つだからなのではないでしょうか?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      はじめまして!

      愛子さんが倒れるという情報をつかんだ時、なぜそこまで大仰なんだと思いましたが「婚約者に瓜二つ」というご高察で深く納得できました。愛子さんが以前言っていた婚約者は森雅之にそっくりというのもここでつながってきます。省吾さんと森雅之、ソックリではありませんが通じるものがあります。

  24. 佐藤 信行 より:

    毎日楽しく、面白く、ジーンとした気持ちで見ています。今後の展開が楽しみです。期待しております。
    1点だけ、先週、省吾さんが宗男にさんに対して言った、「インパール作戦に関するせりふが何度再生しても聞き取る
    ことができませんでした」 あの場面で何と言ったのでしょうか? 「??????」「???????」
    「イギリスは?」です。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      あの場面を録画していないので記憶に頼るしかないのですが、イギリスは戦った相手だろ?みたいなことを言ったような覚えがあります。